免疫力低下の原因とは?女性にありがちな3つの習慣行為とその直し方!

免疫力低下というのは、病気の原因にもなるし、それ以前に女性にとっては美容の大敵でもある。

肌荒れや便秘などであっても、免疫力低下が大きな影を落とすことになって起きるし、それ以外にも女性特有の病気、つまり乳がんとか子宮がんなどでも原因になりうることだ。
だから単に免疫力低下だけだったらまだ病気未満だから、という安楽は禁物になる。

だが、そういう女性が特にやりがちな原因というのは確かにある。
それらを突き止めて改善すればよいのだが、そこにも一つのコツがあるのだ。
それは何だろうか?

スポンサードリンク

何が免疫力を低下されるのか?女性にありがちな3つの原因とは

免疫力低下は女性や男性という性別のくくりにかかわらず、共通して現在進行形で進んでいる。

しかもその原因を見てみると、年々免疫力が低下していることが分かっているのだ。

その原因の最たるものは平均体温の低下というのが一つある。
わずか50年前は成人の平均体温が何と36.9という、微熱のようなレベルだった。

だがこういう高い体温を保っていることによって、免疫力も活発化するということも確かだ。
だから、ちょっと前まではすごく私たちの免疫力は高かったのだ。

でも今、そういうわけで体温が低下するにつれて免疫力低下が叫ばれ、その結果子宮がんとか子宮筋腫、そして乳がんなどと言う、ちょっと前までは40代後半辺りの女性がかかっていた大病が、今では30代、さらに20代の女性もかかるようになってきている。
同じ理由で心筋梗塞や脳梗塞も若い女性に増えてきているのだ。

憂鬱
うつも引き起こす?免疫力低下を甘く見てはいけない!

でもそういう平均体温の低下を招いたのはそもそもなんだろうか?
それこそが一番問題になる原因のはずなのだ。
そしてそれを女性に限ってみてみると、ざっと3つに分けて考えられるだろう。

一つには運動不足。
そして一日中座りっぱなしで仕事をしたり過ごしたりしている習慣がついてしまっていること。

一昔前だったら、歩いて行けるような目的地まで、今では特に都会になるとすぐに地下鉄やバスなどを使い、体を使うことがなくなってきた。
筋肉もある程度発達していないままだと、体温が低下して血行も代謝も悪くなる。
体温の低下は先の通り、免疫力低下の一大原因だ。

二つ目には寝不足。
これもよくありがちな生活習慣行為だ。
仕事が多様化してきて女性の仕事でさえも様々な分野に進出してきている。
また、終身雇用が崩れて常勤が少なくなり、派遣が多くなってきているのは誰もが知るとおりだ。

つまり先行き不安な仕事環境が増えてきている。その結果、女性でも残業のきつい職業にも就くようになるし、また不定期で不安定な職業も増えているから、勢い寝るべき時間に寝ない様な毎日が続くのだ。

そうなると当然女性は生理不順などにもなりやすいし、寝不足にも陥る。
この寝不足が非常に怖いもので、免疫力を大きく下げてしまうもう一つの元凶と言って良い。

毎日決まった時間にしっかりした睡眠をとることによって免疫力はアップするし、実のところストレスも解消する。
体の疲労も一気に回復してくれるものなのだ。
それが出来ずに毎日のように寝不足を続けていけば、病気になるのも当然だろう。
実際私なども花粉症の症状が酷くなったり、風邪にかかってしまう時には決まって仕事が押してきて寝不足が重なった時が一番多くなる。

そして三つ目はストレス。
上の寝不足からも来るものだが、それ以外にも仕事上での多忙や人間関係からも非常に悪影響を受けやすい。
人によりけりかも知れないが、とりわけ対人関係の苦手な人が最近は増えているし、そういう人が同じ物言いを相手から受けた場合、よりストレスが溜まりやすくなってしまうだろう。

スポンサードリンク

持論:基本的にきちんと寝ることから改善をスタート!

そういうわけで、女性にありがちな免疫力低下の原因をざっと見てみた。
これ以外にも偏食による十分な栄養補給がないとか、喫煙などの習慣があるとかも原因になり得るものだ。

でもこうしてみると、その原因はすごく多く感じられるのではないだろうか?
こうした究明を行うのは、大きな目的としてその改善策を考えていくことになるのだが、その数が多すぎると絶対に迷ってしまう。

でも、これはあくまで私の持論だが、こういう多数に上るうち、ある一つのものだけをまず最初に手がけてスタートしてみるとよいと思う。
その理由は、特に免疫力低下の原因としてあげた上の3つの項目のうち、一つだけでも改善すれば連動して他の項目にもよい影響が出ると考えられるからだ。

では一体何を一つだけ始めればよいかと言えば、睡眠。
とにかくきちんと寝ることか始めてみるようおすすめしたい。

毎日決まった時間に寝て、たっぷり睡眠をとることでストレスも楽になるし、また体力の回復にもつながる。

体力の回復がきちんとしていないと、運動不足だからと言って闇雲に運動を始めたとしても効果は半減してしまうことになる。
なにより疲労が激しくて長続きしないはずだからだ。

そしてきちんと寝る習慣が何とか出来た時点で、ウォーキングなどの運動を始めてみるとよい。

さらに言えば、そういう風にストレス解消が運動によっても出来るから、そうなれば胃腸などの内臓機能も改善することになる。

免疫機能の役7割は腸でつくられることが知られている。
なるだけ冷たいものを避けて温かい食べ物や飲み物をとるようにして腸を温めると免疫機能も改善する。

腸内環境を整えるためには他にも食材を選ぶことが大切だ。
緑色野菜や大豆食品、海草類やビタミンを豊富に含む果物、さらには乳酸菌、ビフィズス菌を含むヨーグルトなどをとるようにするとよいだろう。

フルーツ
免疫力アップにビタミンは欠かせない!

免疫力低下を防ぐためには習慣行為の見直しが!長期にわたって改善する必要も

だがこういう運動不足や睡眠不足といったものをすぐに改めることが難しい場合も多い。
また、仮にそうできたとしても、こういう免疫力低下を防いで向上させるためには、今後も半永久的に努力すべき内容だ。

だから生活習慣全体を見直して変えていくこと。
徐々にでも良いから、長い目で見てそういう努力が大切になってくる。

免疫力低下というのは、その原因がなんであるか、それを突き止めるとおなじれべっるで、改善の努力をしていく必要が求められるし、それは単に薬やサプリを飲むだけでは根本的な解決にはならない。
私自身そう信じているが、いかがなものだろうか?

女性も私たち30代、あるいは20代というと、今までは信じらなかった乳がんとか子宮がんにもたやすくかかるような現象が起きつつある。

免疫力低下というのはそういう危険な病気になる原因であると言うことを十分理解するとともに、それを防ぐために何をすべきか、そしてさらにどのくらい真剣に取り組まなければならないのか?

多くの若い女性の方たち、特に仕事について実社会で活躍している方たちが一番目を向けなくてはならないことの一つにちがいない。

櫻井雅子

スポンサードリンク