ワセリンを塗ったら顔がかゆいなんてことがあるの?知らないと怖い塗り方の基本!

ワセリンは保湿剤として優れているし、値段も安くて人気がある。
だが、中には顔に塗ってみたところ、かゆいとかブツブツが出てきた、などということがあったりする。

なんでワセリンでそんなことが起こるのか?
乾燥肌で顔がかゆい時、そんな情報が本当だとするとうっかり顔に塗れないな、と怖くなって怖気づいてしまう。

でもかゆいとか肌荒れが塗ってできた時、一方的にワセリンを悪者にすべきではない。医療でもちゃんと使われているし、もともと信頼性は抜群なのだ。
とうことで、正しい使い方を考えてみたい。

スポンサードリンク

ワセリンは皮膚科で処方される基剤で安全性は保証付き!かゆい原因は使い方?

まずワセリンは、一番良く使われる白色ワセリンを筆頭に医療の現場でも幅広く使われれている。
顔や肌だけではない、やけどや傷口にも十分使われる万能薬だ。

だからそういう信頼度の高さから考えれば、顔に塗ってみたところ、かゆいとかニキビのようなブツブツが出てきた、というのはどうしても使い方を間違えている、という可能性を考えるべきだろう。

もともと石油を精製する過程で“不純物”として抽出されたペトロラタムゼリーという物質がある。このペトロラタムゼリーを更に高純度に生成したものがワセリンになる。

一昔前は生成技術が不完全で、肌に塗ると不純物のために肌トラブルを起こしやすく、そのため「悪」のレッテルを貼られてしまったわけだが、今ではそういうわけで、皮膚科はもちろん、製品の種類によっては眼科医療の現場でも利用されているほどの信頼性になる。

そうすると、顔がなぜかゆいとか、肌荒れやぶつぶつができるというのか、よけい謎なのだ。
スキンケア

顔がかゆい時に考えるべきことは使い方の見直し

ワセリンはそういうわけで、基本的に“油”ということになるから、安くて手軽な保湿剤として多くの人が利用している。

リップクリームの代わりから、乾燥肌の保護、そしてお風呂上がりに保湿ケアで、などなど色々と使い勝手が良い。

だから逆にいうと顔がかゆいというときには本来のワセリンの性質に反するような使い方をしている、という疑いも出てくるだろう。

例えば基本的に油でできているので、顔や肌に塗った時、もともとの地肌にカミソリ負けなどをしてできた傷があったり、皮脂が多かったりする場合、それらが肌に残った状態のままでいると、当然肌の清潔は保てなくなる。

よくニキビに塗ると毛穴のつまりがワセリンと一緒に取れたという事も言われている。
だが、確かにそういう作用があるけれど、早めに取り除かないままでいると毛穴の汚れも肌に残ったままなのだ。

かゆいと言うのは肌トラブルでもまだ軽いうちなのだが、でもかゆいという感覚が塗った後の顔などに生じたならば、こういう誤った使い方をどこかでしている可能性がある、と考えること。
そしてその見直しもしっかりとするべきだ。

スポンサードリンク

よくある?「乾燥肌に塗ったら余計乾燥した」

ワセリンはたしかにすぐれた保湿剤だが、その性質を正しく知らないで使ったりすることも禁物だ。

一つには、ワセリンは早い時で2,3時間で乾燥する、という特殊な性質がある。
もちろんこれはもともと油のために見られる性質だが、例えば顔が日焼けやエアコン、あるいは空気の感想などで乾燥肌になってしまった時に塗ると、たしかに保湿効果はある。

だが長時間放っておけば乾いてしまい、地肌が空気に直にさらされてしまうことになる。
それでよけいに乾燥が進み、かゆいとか肌荒れに繋がる可能性も出てくる。

また、油だから確かに顔から水分が抜けていくことを防いでくれるけれど、塗る前に乾いた肌を潤わす働きはない。
私もよく失敗するけれど、多くの方はこの事実を忘れているかもしれない。
コスメ
だからいったん顔や肌が乾いたときにはちゃんと化粧水などで肌の潤いをもたせ、更にその上にワセリンを塗って水分蒸発を防がなくてはならない。

塗ったのになぜか顔がかゆい、という人は、塗った後に乾いてしまっていないか、そしてそれ以前にもともとが肌が乾燥していなかったか、ということを見直す必要があるだろう。

乾燥した肌や顔になまじ塗ったりすると、肌の表面の小さな傷などが雑菌を含んでいる場合だってある。

そこにワセリンをかぶせて通気を止めてしまうと、かえって肌トラブルを起こしたりよけいかゆい思いをするかもしれない。

利用する時には一層お手入れをマメに

そういうわけで、ワセリンを顔に塗るとなぜかゆい場合が出てくるのか、お伝えしてみた。

だが、こう見てみるとワセリンを使うときには普通のメイクよりも一層お手入れがま目になる必要がある、ということができるに違いない。

一つには乾きやすいこと、そしてあくまでも化粧水や他のコスメと併用することが多くなる。

とりわけ暑い季節だと、日焼け止めを塗る前に肌の負担を軽くしようとしてその前に塗ることも多くなる。

だが塗った後で汗をかいた時に、汗やその成分が顔や肌の表面に残ってしまうことになる。
そうならないようになるべく短時間肌から取り除くことも必要だ。

また、使った人は御存知の通り、ワセリンは基本ベタベタギトギトしていて、空気中のホコリや汚れが簡単に付着する。

このように確かに欠点があるけれど、基本的には信頼性は抜群。
要は使い方なので、ぜひご自身に合うようにご利用していただきたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク