はちみつの効能に驚き!肌の手入れにうれしい使い方としっかりした選び方!

すでにはちみつの効能を聞いて、ご自身の肌の手入れに使っている女性も多いかも知れない。

だが、はちみつ効能はすごく奥が深くて、肌はもちろんだが驚くほど様々な使い方がある。そのどれもが健康、美肌や美容に素晴らしい効能だ。

だがそんなはちみつも唯一、ものすごく大きな弱点がある。
純粋なものではなく、偽物が出回っていて、つかまされやすいということだ。
クレオパトラの時代から素晴らしい効能がある事で知られているはちみつだが、そのしっかりした選び方をお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

保湿に一番!30代の肌にはちみつは革命的な効能が

はちみつの効能はなんといっても肌の保湿、そして修復機能の手助けだ。

30代になると20代のころよりも肌の代謝能力が衰えてくる。
このため乾燥した空気や強い紫外線、ホコリの中では20代のころよりも肌荒れや肌トラブルに見舞われることも多い。

また老化も加速しやすくなって、場合によってはシワなどもできやすくなる。

はちみつの効能はこれらの肌の問題をすべて抑え、保湿機能を発揮して肌の老化も抑えてくれるのだ。

ターンオーバーを整えてくれるし、古い角質層をはがして若返りさせてくれる。
具体的には次のような使い方がポピュラーだ。

・まずはちみつをクレンジングに使ってみよう。
最初にはちみつ顔全体に塗り、その後クレンジング剤で洗い落とす。
こうするとクレンジング剤が直接肌へ付着して負担になることを防ぎ、同時に毛穴に入り込んだメイクもきれいに落とせる。

・洗顔料と、その半分の量の蜂蜜を混ぜ合わせて洗顔すること。
亜鉛の成分が皮膚を活性化させ、肌の若返りを促進する効能がある。

・化粧水とその三分の一ほどの蜂蜜を混ぜて、保湿を強化。
化粧水単体では蒸発が早いが、蜂蜜を混ぜることでそれを遅らせることもできる。

よく持ち運びには上の3対1よりも5対1くらいの割合のほうが溶け込みやすいというけれど、外出の予定がまちまちな場合には、ちょっとかさばるが分けて携行するのも方法だ。
その際は蜂蜜を小瓶に小分けしておくとよいし、外気や季節によってリアルタイムで分量の操作もできる。

・同じように美容液と等量に混ぜて保湿に使うこと。
また、こうすることで肌への透過が高まる。

蜂蜜は抗菌、抗炎症作用も高く、やけどなどにも使えるし、さらに抗酸化作用もあるために肌の老化やシワなども抑えることができる。
乾燥肌になると、どうしても表面に細かな傷ができやすく、それを保護するのには最適だ。

こうした効能、まだ使っていない方はぜひお試しいただきたい。

スポンサードリンク

「純粋はちみつ」も偽物が横行?公取委のマークがあっても怪しい!

ところで、これだけの多様な肌への使い方ができ、すばらしい効能がありながら、むずかしいのがその選び方。

最初に私の方で「これしかない!」というはちみつの選び方、入手の仕方を結論としてお伝えするとすればただ一つしか無い。

それは、直接自分で信頼できる養蜂業者の元に足を運んで製品を手に入れること、となる。
詳しくは下の方でお伝えするけれど、まず肌の手入れや健康食品にイチオシで選ばれるのは、「純粋はちみつ」と呼ばれる種類になる。
(ほかには水あめなどを加えた「加糖」、加熱処理などを施した「精製」という種類があり、これらは基本的に論外)

天然のまま、加工や過熱など一切の手を加えていないものだ。
はちみつ
このため栄養成分もこわされず、一番効能も高く、だからこそ肌の手入れや保湿、保護に欠かせないものとなる。

そして本来は公的機関(全国はちみつ公正取引協議会-一般社団法人)によって、製品のはちみつにはあくまで無添加、未加工の天然のままの製品に限り「純粋」と言う文字を表記することが規約上では決められている。

しかしながらこの機関への加入は任意。
多くの業者が未加入のままだ。
そして検査体制も甘くて“ざる”状態なのが現実だ。

このため「純粋はちみつ」と表記のある製品でもその実加熱処理をされていたり薬剤を混入していても検査を通り抜けてしまう可能性も捨てきれず、実際に加熱処理されながら「純粋はちみつ」となっている製品もあるという。

また、中国産のものでも「純粋はちみつ」と言う表記で売られているものがあったりする。

中国産、激安と言うだけで色眼鏡で見ようとするのは問題かも知れないが、だが実際、2006年には日本国内で優良業者だとされていた純粋はちみつ生産者の製品に、人工甘味料が何と20%も含まれていたことが発覚し、農林水産省に指導を受けた事件も発覚している。

このことからしても、推して知るべしではないだろうか?

大変手間暇がかかるから、こう言ってしまうと皆さん尻込みしてしまうのだが、たとえば
これを実際に行うのにいくつか次の方法が考えられるだろう。

・親戚知人の住んでいる地域に良い養蜂業者がいることを知ったら、手数をかけさせるのはすまないけれど、と詫びや贈り物などをして手に入れてもらう。

・そういう信頼できる養蜂業者の住む地域などに旅行に行くなどのきっかけを持ち、そこで購入する。

・もしくは、知人友人のコネを使って前もってそういう信頼性の高い業者を事前に把握し、直接コンタクトを取るなどして製品を手に入れる。
などの方法をとった方が良い。

要はとにかくじかに業者と会い、まずその業者自身と製品の信頼性を確かめた上で購入すること。

このほか、あくまでも評判頼みになるけれど、外国産の製品を購入するという手もある。
とりわけ昔から養蜂大国として知られるニュージーランド、イタリアの製品を購入するというのもありうる方法だ。
もちろんそれでも100%の正確さは保障できない。

ただ、それでも最大限に「純粋」ものの効能を手に入れる方法として考えられるだろう。

はちみつの効能は肌だけではなく、もちろん健康食品として大きな意味を持つ。
ビタミンB、Cとともにポリフェノール、ミネラルや亜鉛をはじめ、実に200種類近くの栄養分が固まりになっているのだ。

ぜひご自身に合った製品を見つけて美容、健康に役立てていただきたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク