寝不足を解消!即効で「コレは効く!」というもの3つをぜひ知っておきたい!

即効で寝不足が解消できる方法がある。

寝不足は誰でもなりやすいものだ。
よく寝ることが一番の解消なのだが、それが出来ないから寝不足が続く。

いろいろと困ることも多いから即効でそういう寝不足を解消する方法があればぜひ知りたい、と言う方も多いはず。
普通に寝るのでなく、あくまでも日中、しかも即効で解消する方法だ。

そういう方のために、3つの方法をお伝えしてみよう。

スポンサードリンク

1.昼寝が一番?寝不足は15分で即効の解消!

とにかく寝不足を補う意味で昼寝をすることが最も簡単で健康に良い。
だから即効的な解消には一番向いている方法だ。

寝不足になるとはっきり言ってロクなことにはならない。
目にクマができて顔や肌がむくむ。
仕事の効率だって落ちる。
ミスも多くなる。

そして寝不足の「借金」は睡眠を補完することでしかできないはず。
私自身が、そして他の多くの周囲の人たちの経験則から出てきた結論でもある。

だから寝不足の解消には「寝る」こと。
そういうわけで日中、即効で解消したいのならやっぱり「昼寝」が一番、と言うことになる。
昼寝
注意しなくてはならないのは、昼寝と言っても本格的にグーグー寝てしまうことではない。
あまり深い眠りに入ってしまうと夜眠れなくなる。
そうなると寝不足の悪循環となってしまうことだってある。

そういう悪循環にはまり困らず、昼寝を上手に使って即効性を持たせるには二つのポイントがある。
次のようなものだ。

・深い眠りに入り込まないよう、横になったり布団に入らず、例えば机に突っ伏したりして浅めの睡眠にする。

・理想的な昼寝の時間は15分程度と言われている。
この時間を目安にして大体10〜20分程度、ちょっとウトウトすると良い。

30分以上寝るのは避けること。
本当に深い眠りに落ちてしまい、それこそ睡眠時間の逆転が起きて、目が覚めてもボーッとなってしまうからだ。

2.深呼吸を10回してみる

寝不足になると当然起きていても眠気が残ったり、頭がボーッとなったりする。
他に即効的な解消の方法としてオススメなのは深呼吸だ。
リフレッシュ
眠い時にはよくあくびが出るけれど、よく聞く原因として脳に酸素を送って活性化しようとする働きがある。
ゆっくりと深呼吸をし、お腹を使って腹式呼吸で空気を一杯吸って吐く。
コレを10回繰り返せばかなり頭がスッキリしてくるはずだ。

寝不足の根本的な解消にはならないけれど、即効で気持ちをリフレッシュできるし、目も覚めてくる。

スポンサードリンク

3.オススメできないけれど私がやった方法をご紹介!

寝不足の解消、と言うか眠気は確かに即効で吹っ飛ぶ方法がある、とひとまず言っておこう。

それは要するに眠気覚ましドリンクとかエナジードリンク類、またはその手の薬剤を用いることとなる。

よくコンビニでも眠気覚ましドリンクが売られていたりするから、仕事上で寝不足が避けられないような人にとっては確かに強力な助っ人だ。
眠気も即効で解消する。
栄養ドリンク
多くの方は一番手軽なのでこういうものに手を出すかも知れない。

だが一方、あくまでも「薬」によって寝不足や眠気を解消しているわけだから、決して常習的に使うのは体に良いことではないはずだ。

私の経験を披露すると、私は眠気覚ましに風邪薬を使っていたことがある。
風邪薬は普通、眠気を誘う成分が含まれるのだが、中には眠気の成分が入っていない風邪薬がある。
それを薬局で買って飲んでみた。

確かに即効で寝不足から来る眠気は吹っ飛んだ。
しかしながら妙に落ち着かない気分になり、動悸すらする様になる。
そして2,3日飲み続けていたらバタンキューと風邪を引いてしまった。

こんなローテーションを愚かにも3度くらい繰り返しただろうか。
いくら仕事のためだからと言って、最後に風邪などを引いてしまったら元の木阿弥。

実際、考えてみれば私は
「風邪薬を買って飲んで、それでかえって風邪をこじらせて医者にかかってしまった」
という、ワケのわからないパラドックスを繰り返すハメになってしまった。

結局十分な睡眠がとれないままでいるわけだから、睡眠による免疫力、デトックス効果の改善がされなくなる。
睡眠不足が続くと、がんとか糖尿病、高血圧などありとあらゆる病気がやってくるし寿命も縮むという。
だからきちんと寝ることは本来とても大切なのだ。
こんな風にムリをして起きていようとすれば、どこかで絶対的に疲労が溜まり続けてしまうにちがいなかった。

だから個人的にはどうしてもこういう薬による方法はオススメできない。
私は風邪にかかっただけですんだけれど、人によってはもっと深刻な副作用に見舞われる方もいるにちがいない。

これで私は懲りて試したことはないけれど、眠気覚ましドリンクやエナジードリンクなども同様になるように思えてならないから、どうしてもオススメするのは躊躇してしまう。
それでもオススメするならごくごく短期間、本当にやむをえない時だけ、と言うことになるだろうか。

本来の睡眠の質を改善する事も大切に

そんなわけで、寝不足についてその即効的な方法を3つほどお伝えしてみた。

ただ、それ以前に私もそうだけれど、なぜか普通に夜ぐっすり眠れず、そのために十分な睡眠がとれない、という方も多いかも知れない。

その時には本来の夜の睡眠の質を疑って原因を突き止め、改善することが一番根本的な解決になるはずだ。
そういう元からの解消の方法も絶対大切になるはずだから、ぜひご自身なりに探っていただきたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク