お腹が冷えるのは夏だから当然に? 暑い時だからこそやるべき3つの過ごし方!

なぜ暑い夏にこうもお腹が冷えるのか?
普通は寒い季節にこそお腹が冷えるとか考えがちになる。
でも、実は夏の方が絶対冷える原因が多くなる。

お腹が冷えるのは夏特有の食べ物飲み物、そしてエアコンなどなど、いくらでも思い当たるはずだが、まだ他にもあったりするから怖い季節だ。

そういう過酷な季節を乗り切るにはどうしたら良いのだろうか?

スポンサードリンク

夏を侮ってはいけない?お腹が冷える原因がゴロゴロ!

別にしゃれてるわけじゃないのでどうかご容赦を。(笑)

でも、お腹が冷える原因、夏限定のものがすごく多いし、また確かにそういう風に体調を崩しやすい季節というのがイヤな特徴でもあるだろう。

冷たいものを食べたり飲んだりして、直接的にお腹が冷えるのは誰でも思い当たるし、エアコンの影響だということも女性だったら深刻に考えてしまう。

とりわけエアコンによって冷えと乾燥がきつい女性は、そういう空調がぴっちり効いた室内では上に一枚かけたり膝がけや靴下などなど、いくらでも準備に頭を悩ませてしまうものだ。

だがお腹が冷える原因、他にもまだある。
その筆頭が夜の寝苦しさからくる寝不足にあるといえる。
睡眠
暑くて眠れない夜が続くと、慢性的な寝不足に誰でも悩まされてしまうものだが、そうすると代謝や血行が悪くなって肌荒れもなりやすくなってしまう。

内臓機能も低下するから、食欲も減退したり、そうめんなどあっさりした栄養価の低いものばかりをさっと食べる習慣が出来てしまうのだ。

ぶっちゃけプチ栄養失調とでも言うべきなのかも知れないけれど、そうなると暑さに対して抵抗力も衰えてきてしまう。

そしてエアコンの話に戻ると、夏は意外と外に出なくなる季節と言って良い。
もちろんその理由は、暑い日差しの外に痛くなくなってエアコンの効いた室内に逃げてしまうためだ。

これが知らない間に運動不足を呼んでしまう。
そうすると基礎体温も低下して、よけい体が冷える原因となる。
そうすると筋肉が衰えて汗もかかなくなる。

そして外と中の大きな温度差によって体がストレスを受けてしまい、自律神経のバランスも崩れてしまうのだ。
同時に体がそういう温度差を調節しようとするため、表面に血流が集中することとなる。

その結果、体の中や内臓への血行が減ってしまい、よけいに胃腸機能が低下してしまう。
これがさらにお腹が異様に冷える原因となってしまうのだ。

そのため、痛んだものを食べた記憶もない、ことさらに寝冷えとかした覚えもないというのにいきなりお腹に腹痛が差したり、下痢になってしまったりする。

こういう具合に、夏という季節はお腹などが冷える様な体調不良がまるで運命付けられたかのようにいつの間にか忍び寄ってくる季節だ。
知ってしまうと本当に怖くないだろうか?

スポンサードリンク

予防と対策の3本柱を解説!

じゃあそういう厳しい夏の環境、どうやったら乗り切ることが出来るのか?
その過ごし方を3つ分けてお伝えしてみよう。

一つ目には、エアコンの効いた室内にこもりきりにならず、毎日必ず一定時間外で過ごすようにすること。

そして軽い運動、ウォーキングなどをして汗をかくことを続けることだ。
夏だからこそ運動不足に陥りやすいと言うことはすでにお伝えしたとおりだが、もちろん日の高い昼間に外に出るのは酷なことになる。

だから涼しい朝とか夕方、あるいは夜に散歩やショッピング、外食を兼ねるなどしてウォーキングをオススメしたい。

ウォーキングは足腰を鍛える運動になるが、下半身には体の3分の2の筋肉が集中ししている。
それを考えれば非常に合理的な、軽くて楽な運動なのだ。

二つ目には何とかして寝不足を解消するよう努力する事だ。
寝る前にエアコンをタイマーセットしておき、睡眠中に切れるようにする、という方法が一つある。

これも確かに良いのだが、タイマーが切れて室内の温度が上がってくるとどうしても暑苦しくて目が覚めてしまう。

これを避けるため、例えば寝る前に余り室内温度を下げず、27度くらいに保つことをオススメしたい。
睡眠中に余り温度差があるとよけい暑苦しいし、元々人間の体は睡眠中は体温が下がるようになっている。

もう一つは、扇風機とエアコンを組み合わせて使うという手がある。
エアコンで室内温度を高めにセットしていても、扇風機を回して風に当たると体感温度は低くなる。

だから寝る時には扇風機も用意して、タイマーをセットしても良いだろう。
なお、その場合、扇風機は必ず首振りにしておくこともお忘れなく。

三つ目にはやっぱり食事とか飲み物など、口に入れるものに注意することだ。
夏は暑さだけでなく、そこからくる寝不足や過労によってタダでさえ胃腸の機能が低下している。

冷たいものと食べたり飲んだりする時、冬場などよりもずっとお腹が冷えるのはそのためだし、冬には繁殖しないような雑菌やウィルスがはびこる。
だから夏風邪や食中毒も多発してしまうのだ。
腹痛
だから一つには、少しでも常温に近いものを口にするように心がけると良い。
また、規則正しい生活や睡眠をしっかり取って疲労を回復することで、食欲も回復してくる。
冷たい果物なども取りたいと思うかも知れないが、むしろ体を温めてくれる食材をふんだんに食べるべきだ。

そのうち、ショウガやミョウガ、香辛料を使った食べ物や芋類、ニンジンやカボチャ、大豆食品や魚をとるようにすると良いだろう。

夏の疲労を秋に持ち越さない

そういうわけで、夏にお腹の冷えるのを防ぐために必要な毎日の過ごし方について3つほどお伝えしてみた。

この他にも夏だからと言って入浴を面倒がってシャワーで済ますなどせず、むしろお腹冷えるのを押さえる意味でもしっかりと湯船に浸かって体を温めるように気をつけると良い。

また、腹式呼吸によってゆっくり深呼吸をすることで、心身がリラックスできて血流や内臓機能も改善されてくる。

夏には体を損ねるワナが一杯あるにちがいないが、それを防ぐ知恵もまたそういうワナと隣り合わせといえるかも知れない。

そういう厳しい季節を単に我慢して過ぎ去るのを待つだけではなく、むしろ秋に向けて健康増進の準備をしてみるべきではないだろうか?

夏の体の疲労は秋まで残りやすい。
ぜひポジティブに今の季節を乗り切ることをオススメしたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク