進行性乳がんが肺や骨に転移したことを公表!彼女の勇気に心から敬意を贈りたい

進行性乳がんは非情。それしか言葉が見当たらない。
スピードと早期発見との戦いだろうし、もしわずかでもそこに失敗があれば転移。
肺や骨、脳にまで転移が始まる。
その後どういうことになるかは言葉に表すべきではないだろう。

進行性乳がんにかかったことがわかり、おそらくは手術できないまでにリンパ転移があったにちがいない。
そしてその後は抗がん剤治療を続けているものの、ブログではすでに肺や骨に転移が起こっている。

それを女性の目で、そして自分自身の感情で書き連ねているのが小林麻央さんだ。
彼女に思うところをつらつら書いてみよう。

スポンサードリンク

進行性乳がんとふつうの乳がんの違い

進行性乳がんという言葉に聞き慣れていなかったが、小林麻央さんのブログKOKOROや、彼女の治療をきっかけにして、そういう種類の乳がんがあったことを知ったという女性も多いかも知れない。

私もその一人だが、麻央さんのブログ、そして彼女の闘病を通じて印象に残るところをお伝えしよう。

進行性乳がんというのは、転移性乳がんのステージ4、局所進行性乳がんのステージ3とされている。
要するに、乳がんがかなり進んだ段階のもので、しかも放っておくとどんどん進行してしまうものだ。

彼女は検査と治療の経過について、自分のブログでも毎日のように語っているが、中でも肺や骨に転移がある、と医者から説明を受けた時の心境は言い表せるものではない。

肺や骨に転移する意味

がんで一番怖ろしいものの一つは転移だが、肺や骨に転移が始まるとステージ4の末期がんだと言われている。

肺に転移すると肺がんとなるわけだが、呼吸器系が冒されるため、咳や痰が間断なく続くようになる。

また、骨の組織に転移すると、がん細胞によって骨が脆くなることが知られている。
ちょっとした日常の起居進退のような動作の中であっても骨折するというのだから怖ろしい。
骨折すればすごい痛みが起こり、体を動かすこともままならなくなってくる。

この間抗がん剤の治療などに頼るしか無くなってくるのだが、病気の進行につれて抗がん剤もだんだん効かなくなってくるし、そうなると使える薬剤も少なくなってくる。
そしてまた、転移が脳にまで達すると、いよいよとなってしまうのだ。

小林麻央さんも、母親が同じ病気にかかったことからこの病気に対する知識があったに違いないが、自分がそういう末期がんの状態であることを非情に冷静にブログの中で語っている。
その彼女の勇気と心境、まねできる人はいないだろう。
reseach
肺や骨への転移、それがどれだけ深刻な病状なのかは麻央さん本人が一番よく知っているはずなのだ。

末期でなくても胸部全摘手術もあるが、彼女はそうしなかった

小林麻央さんが検査で初めてわかったのがこの進行性乳がんだった。

その間に、医者の誤診があったのではないか、その前に病院で2度も検査を受けて何ともなかったと診断した医師は一体何なのか?

こういう批判の声が絶えないが、実際上それだけ見つけにくい、断定しにくいという医学的判断もあったのかも知れない。

最初に麻央さんを診察していた医師をまるごと擁護する気は毛頭無いが、たとえば少し前、元女子プロレスラーの北斗晶さんが同じように乳がんにかかって右胸部を全摘したことがあったが、そのときにも毎年の定期検診では異常なしという診断を受けていた。

彼女にがんが発見されたのは本当にぞっとするのだが、定期検診後、半年も経たないくらいの時だった。

つまり定期検診の後、わずかな間でがんが出来ていた、そしてそれをまだ大丈夫と思って暫く放置していたと記憶している。
だがその間、がんは着実に広がり、リンパ転移までに達していた。

その結果、15年9月に右胸部を全摘手術している。

スポンサードリンク

 

北斗さんの乳がんが進行性乳がんだということは聞いたことがなかったが、それでもわずかな油断が命を脅かす危険のあるのがこの病気だ。

ただ、小林麻央さんの場合、早くから進行性乳がん、つまりステージ3以降の乳がんで、早急で大がかりな地涼が求められていたに違いない。
にもかかわらず、北斗さんのように全摘手術などはしていないのだ。

これについては二通りの憶測がある。
一つ目は、手術出来ないほどに病巣が広がっていた、末期を示すような肺や骨まででなくとも、なにがしかの転移はしていたのかも知れないと言うこと。

二つ目には彼女が自分の意志で手術しない治療を決断したのではないかと言うことだ。

おそらくは手術せずに直す治療があり、そしてその治療方法によって自分と同じ病気を克服した人もいる、そういうことを信じていたのではないだろうか。

麻央さんの病気とブログを知って感じたこと

小林麻央さんの進行性乳がんが肺や骨にまで転移していたことを私はメディアを通じて知ったのだが、そのメディアが伝えているのが、彼女のブログKOKORO。

アメブロで、多くの有名人が利用しているが、彼女の旦那の市川海老蔵さんなども利用している。
このブログの仕組みを知る人は判っているのだが、アクセス数が増えるにつれて収入がブログ主に自動的に入ってくる仕組みになっている。

だから旦那の海老蔵さんとともに麻央さんが新たにブログを立ち上げたという情報を聞いた時、結局は収益を目的としていたに違いない、という印象は持たざるを得なかった。

実際に海老蔵さんも自身のブログで相当な金額を稼いでいると言い、麻央さんもKOKOROを立ち上げた当初、その2日くらいで百万の単位の収益を得たとも言われている。

ただそういう一方で、海老蔵さんも親からの膨大な借金苦があり、また麻央さんも病気治療のために多額の治療費や入院費がかかる。
だからそういう経済的困窮の穴埋めのためのブログ立ち上げ、という目的も確かにあることだろう。

それにもかかわらずよく言われることだが、多くの一般の方々からは「しょせんは金儲け」のためのブログ運営ということでしか見ていないという声も多い。
「人の涙をサカナに、やっぱり銭もうけじゃないか?」
という具合だ。

だがたとえそうであっても、末期の進行性乳がんに冒された彼女が、肺や骨の転移を伝えることによって、自分の病状を克明に伝えることで、多くの女性達の間には乳がんの認識が一段と高くなっている。

このことは間違いようのない事実だし、彼女の功績といってよい。
doctor
特に北斗晶さんらが呼びかけを始めてから、乳がんの検診者が増加傾向にあるし、今回の麻央さんのブログによって刺激されたことで献身に訪れたという女性も多い。

麻央さんと海老蔵さんの家庭の台所事情が実際どうなのか、せいぜい週刊誌の記事くらいでしか垣間見ることが出来ないが、少なくともブログKOKOROの中で彼女が怖ろしく不自由な状況にありながらも、心境をリアルタイムで続けている姿は敬服に値するとしか言えないだろう。

様々な世間の声や意見ががあっても、今は麻央さんを応援する声の方が圧倒的に大きくなってきている。
病気の深刻さと恐怖に直面しながらも、「ありのまま」を貫いて今の自分の気持ちを発信し続ける彼女。
その勇気に心から敬意の気持ちを贈るべきではないだろうか。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク