白色ワセリンなら日焼けにもオススメ?いろいろな塗り方も考えていける!

白色ワセリンは、ワセリンの仲間の一つで、主に保湿剤として知られている。
だがこの白色ワセリンが、実は単に化粧用だけでなく、日焼けや火傷、擦り傷などの外傷にも効果てきめんらしい。

でも日焼けにまで使える、というとちょっとピンと来ない方もいるのではないだろうか。

実際、どんな使い方をすべきかも心配になるし、それ以前にワセリンと言えば油焼け、肌トラブルの代名詞のように言われていた時代がある。

この白色ワセリン、本当に日焼けにも使えるのか、
日焼けを防いだりも出来るのか?
そういうところをお伝えしよう。

スポンサードリンク

白色ワセリンはワセリンの一種だがずいぶん異なる?

白色ワセリンはワセリンの一種だが両者で大きく異なる特徴もある。

先にお伝えしておくと、白色ワセリンなら日焼け対策にも使える。

具体的な方法は後に回すとして、まず一通り以下のことを理解しておいて頂きたい。

ワセリンは元々原油を精製したもので、現在その精製度を大まかな基本として、4つの種類に分けられている。

私たちが現在よく聞く単なる「ワセリン」といえば、ふつうはこの白色ワセリンを指すものだが、同時に油焼けの心配がある、顔に塗ると肌トラブルが起こったり日焼けが酷くなる、というイメージが残っている場合も多い。

その原因として「ワセリン」は、もう一つの意味として白色ワセリンとは別の “黄色ワセリン(ヴァセリン)”を指す場合がある。

この黄色ワセリン(以下ヴァセリン)は白色ワセリンよりも精製度が低く、不純物も含まれているため、湿疹やかぶれなどの肌トラブルを起こしやすい。
そしてヴァセリンをつけて日光の紫外線を浴びると乾燥肌になりやすく、シミやしわの元となってしまう。

(なお、上では「ヴァセリン=黄色ワセリン」のような表現をしているが、厳密にはヴァセリンは黄色ワセリンの仲間の一つで、化粧、メイク用以外に使われているのがヴァセリンというものになる。
他にも黄色ワセリンは工業用にも使われていたりする)

思うに、このヴァセリンと白色ワセリンがごっちゃになっていて、それでこうした悪影響が一律に心配のタネになっているということが一つ言えるようだ。
実際私も単にワセリンというと、日焼け対策などにはゼッタイ使えない、と思っていた時期があったくらいだ。
vaseline
だが、あらためて語ると、白色ワセリン跛行したヴァセリンとは打って変わっている。
白色ワセリンは、こうした一連の黄色ワセリンの精製度を非常に高め、不純物や混入物がほとんど含まれていないレベルにしたものだ。

その精製度、現実に皮膚科の医者もこれを患者の治療に用いるし、処方されるのも白色ワセリンが圧倒的なシェアをもつ。
そしてなめても平気。

何しろ赤ちゃんが口にしても大丈夫、というくらいに信頼度のおけるものとなっているくらいだ。
もちろん化粧用にだってほとんど副作用とか肌トラブルも起きない。
これがヴァセリンと大きく異なる点だ。

ちょっとウラ話だが、だから化粧用にだって白色ワセリンの方が安心だし、肌トラブルなども起きないはずだから、「ヴァセリン」の需要はあまりないのでは?と思う人も多いだろう。

その理由はまず低価格。チューブ入り、ポット入りもあるが、50g程度の持ち歩きタイプだったら300を切ってしまうくらいの値段である。

そして確かに純度の低い黄色ワセリンの一つとはいえ、かなり混入物なども改善されていたりするし、またいろいろなバリエーションもあるので愛用者も多い。
というか、今現在最も普及しているのが実のところヴァセリンの方だ。

それに対して白色ワセリンは、医薬品のイメージが強く、容器もまたそういう「薬剤」という外見。要するに可愛くないっ!笑

スポンサードリンク

白色ワセリンを日焼けにどのように使うのか?

だが、日焼けや乾燥肌など、深刻に肌が傷められるような季節とか日中ではやはり白色ワセリンが一番無難な選択となる。

その白色ワセリンをどのように日焼けに使うのか、まずその方法が2つのポイントがあることを知っておいて頂きたい。

一つには日焼けの予防、二つ前には日焼け後のケア。
この両方に使える。
こういうところがスゴイところと言えるだろう。
sunburn
まず日焼け前の予防としてだが、実のところ白色ワセリンには直接に日焼けを防止する働きはない。
なので間接的に使用して日焼けを止めることとなる。

基本的なやり方は、下地としてまず先にワセリンを顔や日焼けをしたくない体の部位に塗ることだ。
その上に日焼け止めをかぶせるようにして塗るとよい。

ふつう日焼け止めは直に肌に塗ったりすると刺激がきつすぎて、ひとによっては肌トラブルを起こしやすくなる。
なので緩衝用として日焼け止めの下に白色ワセリンを塗るようにして、直接肌の刺激になることを避けるというわけだ。

手間のかかるものだが、でもこうすることによってかえって日焼け止めが汗で落ちるのを防いで持ちをよくしてくれるし、塗る時のムラも押さえてくれる。
すごく効果的な方法だ。

そして日焼け後。
うっかり顔や肌を日焼けした後には、洗顔の後で化粧水などにより保湿し、その上にまた白色ワセリンをかぶせるように塗る。

注意しなくてはならないのは、あまり塗りすぎるとべたべたしてしまうし茎中のチリやホコリもくっつきやすくなって、かえって肌にはよくないことも出てく留可能性がある。

なので顔に塗る場合だったら、ゼイゼイ米粒一粒くらいに押さえ、それを伸ばすようにするとよいだろう。

そんなわけで、白色ワセリンとはどういうものか、その効果的な使い方をさらってみた。
だがこの中でもお伝えしているとおり、擦り傷や火傷にも使えるし、私の持っている白色ワセリンのボトルにはヒビやあかぎれにも使えることが書いてある。

ハチミツと等量に混ぜ合わせて唇パックする方法も有名だし、いろいろな塗り方、使い方も考えていける。
これが大きなメリットだろう。

ヴァセリンよりも価格はちょっと高めだが、常備薬としても十分に使える白色ワセリン、役に立つことは間違いない。

櫻井雅子

スポンサードリンク