アレルギー性鼻炎薬と風邪薬など飲み合わせによっては死ぬことも?とんでもない事実があった!

花粉によるアレルギー症状のうち、最も多いのがアレルギー性鼻炎。
毎年悩まされる人は、もう今から心配になっているかも知れない。
だが、そういうときに飲むことになるアレルギー性鼻炎薬は、時期的に風邪薬との飲み合わせになることも多い。

でもこういう飲み合わせが、実は大変危険な場合があるとことをご存じだろうか?
それだけではなく、飲み方次第では命に関わったり大きな障害を負ったりする可能性も出てくる。

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬、どちらも症状が似ている場合が多いので、軽い気持ちで飲み合わせてしまうことも多いかも知れない。

そういう時にはどうすればよいのか、そして命に関わるような危険な飲み方や飲み合わせというのはどんなものがあるのだろうか?

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎と風邪は時期や症状が重なりやすい!

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬、医者に言ってみると症状にもよるけれど毎回けっこう同じ種類の薬を処方してくれる。
私の経験から言ってもこれは確かだ。

そして何より、スギ花粉などの花粉によるアレルギーと風邪の症状が互いに似ていることが多い。

だから軽い気持ちで市販の風邪薬とか、以前使って残っていた薬を処方されたアレルギー性鼻炎薬と飲み合わせる、ということをする方は多いかも知れない。

でもこれがうっかりすると本当に危険な落とし穴になるかも知れないのだ。

飲み合わせる時には医師に相談

だがくれぐれも注意を促しておきたいのだが、はっきり言って絶対に素人判断で薬の併用はやめた方がよい。

確かにそういう二つの病気の症状が出る時もあるし、薬効によっては安全な場合もあったりする。
でもそういう時にはまずお手数でも医師に相談することをおすすめしたい。

薬というのは量とか相互作用によっては副作用が強くなったり、体に悪影響があったりする。基本的に大変危険なものなのだ。
薬剤
風邪薬もアレルギー性鼻炎もドラッグストアでたやすく購入できるから、どうしても飲み合わせてしまおう、という気持ちがはやるかも知れない。

だがよく言われることとして、両方によく含まれている抗ヒスタミン薬。
飲み合わせることによってこの薬効が重なるわけだが、そうなると薬効よりも副作用の方が強く出てしまうこととなる。

というか、すべての薬というのは必ず副作用があって、医師は患者の病状を診察して、副作用と薬効とのバランスを見ているに過ぎない。

結局そういうことを知らないまま患者の方からそのバランスを崩してしまい、副作用が強くなってしまうことをしてしまう、そのひとつが抗ヒスタミン薬の飲み合わせによる過剰摂取となる。

また、別な成分であってもたとえばアレルギー性鼻炎薬と解熱剤などの飲み合わせも絶対避けること。
最悪の場合、脳に障害が出たりするとも言われ、大変危険な行為だ。

私の場合、飲み合わせで失敗したと言うことはないのだが、いつもの2倍の量の薬を飲んだことがあった。
一度飲んだことをど忘れしてしまい、その直後にまた同じアレルギー性鼻炎薬を飲んでしまったのだ。

そうしたところ、妙に体がふらふらして平衡感覚というか、なんだか酔ったような感じになってしまった。
薬というのは飲み間違えると本当に怖い。

スポンサードリンク

飲み合わせだけではない?命に関わる危険な飲み方もある!

そして自負はそういうアレルギー性鼻炎薬と風邪薬の飲み合わせに限らず、命を落としかねないような危険な飲み方もあったりする。

まさかそんな飛んで尾内の見方、そうそう普通にするわけがない、と思っていたらそうではなく、日常的な行為としてもうっかりしてしまいがちな飲み方というのが確かにあるのだ。

そのうちもっとも典型的と言えるのが、栄養ドリンクとアレルギー性鼻炎薬、または風邪薬などの飲み合わせによるもの。

要するにカフェインの過剰摂取となることだ。

アレルギー性鼻炎薬や風邪薬の場合、抗ヒスタミン薬が含まれていることが多く、この成分が眠気を誘うことになる。

このため、これらの薬は眠気を押さえるため、カフェインを同時に含むことが多い。

一方、栄養ドリンクには往々にして多量にカフェインが含まれていることが多く、中には眠気覚ましや気分リフレッシュのために愛飲する女性も多いはずだ。
栄養ドリンク
だからこういう栄養ドリンクと上の様な薬を毎日並行して飲んでいれば、カフェインの摂りすぎになることも十分考えられるのだ。

そしてそういうカフェインの過剰摂取、わずか10g程度で体重50㎏の成人が死に至るほどの危険性を持つ。

実際に15年の12月には、日本国内でもカフェインによる中毒死が発生している。
原因は深夜業務での眠気覚ましで、そういう栄養ドリンクやカフェイン錠剤を常飲していたらしい。

アレルギー性鼻炎薬や風邪薬と、こうしたエナジードリンク類などのカフェイン摂取は、たとえ死に至らなくとも様々な機能障害や体調不良を引き起こしかねない。
こういう飲み合わせもまた薬同士の飲み合わせとともに、大変危険なものだと注意した方がよい。

薬は一つの病気に対して飲む!コーヒーにも注意!

私も花粉の飛ぶ季節には強度のアレルギー性鼻炎を発症し、毎年くしゃみ鼻水、鼻づまりに悩まされる。

そして最初は市販の薬、それが効かなくて本式の風邪になってしまう。
多くの方たちも同じルートで結局風邪薬のお世話になることも多いだろう。

だがそういうときには、できるだけ飲み合わせはやめてアレルギー性鼻炎薬だけ、風邪薬だけ、と単体の薬だけをひとまず飲んでおくことをおすすめする。

薬剤師に飲み合わせについて聞いてみるのもよいのだが、私はやっぱり医者にかかって診察を受けてからそういうことをすることにしている。

なぜかと言えば、花粉症でも風邪でもかかった時には具体的な症状は医師でしか分からないことも多いし、医師の出してくれる薬の方が効き目がよいからだ。

最後に、私はコーヒーを毎日飲んでいるけれど、コーヒー1杯を100CCとして、その中にはカフェインが60㎎入っていると言われている。
また成人の一日におけるカフェインの摂取量は上限が400㎎といわれている。

だから私のように、毎日コーヒーを飲みながらアレルギー性鼻炎薬や風邪薬を飲む場合には、カフェインの量にせひ十分注意していただきたい。

宮崎今日子

スポンサードリンク