民間療法に夢中?小林麻央が標準治療を受け入れなかった事実は私たちへの教訓か

小林麻央さんが病院で行われる標準治療、つまり手術による胸部摘出や放射線などの治療を拒み、民間療法にこだわり続けていたことが強調されてきている。

民間療法は全く効果がないと言うわけではないとしても、小林麻央さんが本来的に必要としたはずの標準治療をなぜ受け入れようとしなかったのか?
すごく謎ではないだろうか?

だが、民間療法というものの有り様を考えた時、優秀な大学を出て聡明な小林麻央さんがああやって標準治療を避けるまでに信用させるという、何か空恐ろしい力さえ感じる。

そして小林麻央さんがああして若くして命を落とすことになったということは、やがて私たちにも降り掛かってきそうなリスクのように思えるのではないだろうか?

こういったことに私たちがどう向き合えばよいのかを考えてみたい。

スポンサードリンク

民間療法を続けても良いが標準治療を受け入れるべきだった小林麻央?

小林麻央さんが酵素風呂とか水素免疫療法など、様々に民間療法を模索していたことはよく知られているが、その一方でこれまで標準治療、つまり病院で普通に行われるがんの治療を受けていないことは、私も改めて知ったことだ。

その民間療法を行っていたというクリニックの一つが無届医療によって業務停止命令がくだされたというニュースが有った。

小林麻央さんが標準治療を断っておそらく藁をも掴む気持ちになっていたためだろうか、その民間療法クリニックもそんなニュースとともに非常に疑わしげな印象を持つしかない。

小林麻央さんが標準治療を避けた理由はいろいろ言われている。
標準治療だとまず胸部の切除手術が伴うと思うけれど、これもからめて考えれば、

・3人めを生みたかったために切除手術は避けたかった、
・かつて女性関係の派手だった夫・市川海老蔵さんとの夫婦関係が危うくなる、そういう危機感を持った、
という理由が今、ネット上ではあがっているようだ。

言われてみれば、というような理由かもしれないけれど、亡くなった人の気持ちを推し量るのはここまでとしたい。

だがもう一つ私はある理由を強調しておきたいのだが、標準治療だと胸部の切除、場合によっては早期の乳がんでも全摘手術を行うことが多い。
病室
乳がんは再発を起こしやすいがんだし、しかも小林麻央さんのかかっているのは「進行性乳がん」という、一刻も早い処置を要する種類だった。
女性としてその手術によるショックは計り知れない。

そしてそこに、民間療法に専念したら、そういうショックを避けることができる、女性として大切な部分を温存できる。
そういう2つの心理が彼女を揺さぶっていたのではないだろうか。

ただ、それでもそういう処置をすることこそが最も安全になる、というのが科学的なデータの検証によって一番信頼性が高いと証明されている。
だからこそ標準治療は大切になる。
冷静になれば私のような一般の女性でもわかることだ。

本当に後知恵かもしれないけれど、小林麻央さんがもっと早くにこういう治療を受けていたら、その後がもっと変わっていたのではないだろうか。

彼女自身もこの事については後悔の気持ちをブログでつづっているが、他の女性たちにとっても教訓になるにちがいない。

スポンサードリンク

「誘惑」も多かった?民間療法には要注意

生前小林麻央さんは気功治療に励んでいたことが知られているし、夫・市川海老蔵さんもある風水師を尊敬していて、結婚会見の時の服の彼女の色合わせまで風水で決めていたことが知られている。

女性なら誰でもある程度はこうしたことは行うかもしれない。
だが、小林麻央さんの場合にはそういう「専門家」と家族ぐるみの交際をしていたと言う。

それが民間療法へと向かい、標準治療をかえりみないようにマインドを作り上げてしまったのかもしれない。

民間療法の効果を私も否定しないし、現に小林麻央さんも少なくともブログで語っていた中では、そういう酵素風呂などを喜んで利用している様子があった。

だが標準治療と大きく違うのは、効果や医学的根拠が明確でなかったり、過去の治療データが不足だったりすることのはず。

よくそういう民間療法の広告が雑誌やネット上でも上がっているが、「最新治療」とか「最先端の医療」という言葉が散りばめられ、“私はこれだけで治りました”みたいな体験コメント(?)が並んでいたりする。

そしてまた、今回小林麻央さんが通っていた民間療法クリニックもそうだが、途方もない金額の治療費を要求されてしまうこととなる。

民間療法は危なっかしいものからそうでないものまで、様々になるし、中にはお金目当てだけのようなものもあるはずだ。

そしてまた、女性として一番の泣き所、女性心理を操られることだってあるだろう。
小林麻央さんなどと同じく、乳がんにかかってしまった女性の場合、標準治療では切除や全摘の必要があると言われているところ、甘い言葉でそんな必要はサラサラない、切らずに治ります、などという「誘惑」があったらどうするだろうか?
慶応病院
100%心が動かされない、と果たしてすべての女性が言い切れるだろうか?

最後に―最善をつくすためには現実を直視する勇気が必要に

ただ、小林麻央さんは不幸にして標準治療を受けないまま民間療法に頼った結果として命を落としたと言われているけれど、今、普通に病院で行われている治療も日進月歩でどんどん優れたものになってきている。

そして小林麻央さんも後悔しながら語っていたが、標準治療を行う病院同士でもレベルの違いがあることは否めない。

そういう信頼できる病院を見つけて標準治療に専念し、そのじゃまにならない形で民間療法を進めていくこと。
あくまでも病院の治療のほうが最も大切になるし、そのためにはセカンドオピニオンの取得も必要になる。

難しいのは病院で相当酷な手術や治療の必要があると言い渡されてしまったときだろう。
あくまでも現実を直視する勇気、そしてその勇気を傍で支えてくれる人が必要になるのではないだろうか?

北斗晶さんが早期の乳がんにかかったことがわかった時、夫の佐々木健介さんが彼女に全摘手術を勧めている。
彼女のような勇気の塊のような女性でさえ、やっぱり躊躇することなのだ。

軽々しく口にはできないけれど、本当にその後のことを決定するのは岐路に立たされた時に冷静に決断できる勇気にちがいない。

櫻井雅子

スポンサードリンク