ファンキー加藤 浮気、子供の慰謝料と養育費で自業自得!でも相手の女性には何の罪もないのだろうか

女の身として、その目線からファンキー加藤さんの浮気と子供の問題についてちょっと不審がわくのだが。

ファンキー加藤さんの浮気がバレた。
アンタッチャブル柴田の妻との浮気が発覚し、子供も出来てしまった。
嫁の工藤元マネージャーの工藤さんを裏切り離婚した。
子どももDNA鑑定で認知を受け、慰謝料を払うこととなっている。

しかしどうしても疑問が湧く。
そもそもファンキー加藤さん、根っこをほじくってみると、これまで女性関係、全て不倫不倫で来ている感があるのだが。

要するに、接近していった女性達もそういう彼の浮気癖は織り込み済み、そしてある意味覚悟もしていたのではないだろうか?

スポンサードリンク

元マネージャーとの結婚も不倫から出発!子供も産ませている!

そもそもファンキー加藤さんは元マネージャーとの結婚自体、元々不倫から出発していたはずなのだ。

2005年に一般女性と結婚し、一男一女をもうけるものの、元マネージャーとの不倫がこの間進み、13年には浮気相手の彼女との結婚を果たしている。
そしてこの元マネージャーとの間に15年2月、一子をもうけるものの、同年5月には一般女性との離婚が成立した。

さらにその4ヶ月後、アンタッチャブル柴田さんの元嫁が彼によって妊娠していることが発覚。
6月に浮気の子供を産んでしまった。
(「しまった」というべきなのかどうか、私自身、女として悩んだけど)

要するに、ファンキー加藤さん、どう見ても言い寄ってくる女性に片端から手をつけている、子供を安易に作ってしまう結末を見る限り、そういう印象は免れない。

好意的な見方をしてみれば、自分の気持ちを素直に出して女性にアプローチを仕掛ける、そういうヒトなのだ。

だが、その際限ないような浮気のツケが今回ってきて、思いっきりどろどろな私生活。
完全に彼のイメージが180ひっくり返ったファンも多いという。
shoes

ファンキー加藤は歌の内容とは逆のドロドロ浮気性!

彼の歌う歌とは裏腹の、私たちが彼に見せられていた幻想と現実がない交ぜになってしまっている、といって良いだろう。

ただ、彼の女性遍歴をこうしてみてみると、私は取り立てて彼の熱烈なファンではないにしろ、その片鱗というべきファンキー加藤さんの性癖は見て取れる。
見て取れないというべきではないかも知れない。

6月頃に発覚しているファンキー加藤さんの再度の浮気と子供の認知、そしてその慰謝料の膨大な金額。

一説には浮気相手だったアンタッチャブル柴田さんの妻との妊娠出産が発覚したことを受けて、柴田さん本人に1億円の慰謝料を支払っているといわれている。

「これでケリが付いた」
「自業自得だろう」

と、多くの世間の人たちが思う中、私も同じ気持ちだということは間違いないのだが、今ひとつ重要なのは、次のようなことにつきるのだ。

“浮気・不倫とウソは表裏一体”

つまりこういうことは、巧みにウソをつくことが不可欠となる。
ウソの下手な人というのはこういう行為には向かない。

その意味でファンキー加藤さんははっきり言ってものすごくウソをつくことが巧みな男性だ。
こう言い切って良い。
少なくとも彼の歌のさわやかさ、情熱にファンはだまされていた、というしかないわけだし。

スポンサードリンク

ファンキー加藤の相手の女性には何の問題もないのだろうか

そして私が最も疑問に思うこと。
別に加藤さんを擁護する気も何もないのだが、そういう浮気現場で元マネージャーの工藤さんもそうだが、子供まで作ったことをしてしまった相手の女性、何の問題もないのだろうか。

別に法律問題のような固い内容を引き出すのではないのだが、こういうこと自体、相手がいなければ成立しない行為だ。
加藤さんも口説きが上手だという側面はあるのかも知れないが、それにほだされてそのつど彼に付いていった女性達。

もしかしたらメディアでバクロされている女性の他にもまだ加藤さんには相手がいるのかも知れないが、ファンキー加藤さんは基本的に妻子持ち。

普通の常識を持っている人ならばそういう人に対して一線を画しておくはずだと思うのだが、浮気に走り、抵抗なく子供までもうける行為に行き着いてしまった。
個人的にはそういう風にファンキー加藤さんの周囲の女性に対する印象が沸いてしまう。

慰謝料の問題で今、ファンキー加藤さんはアタマを痛めている姿がマスコミの報道によってうっすら浮かび上がってきているが、浮気も不倫も本人同士以上に子供達は被害を被るものだ。
consolation money
私の意見でなく、友人の既婚女性のコメントだが、相手の女性にはほぼ間違いなく、相手の男性が営んでいる家庭や子ども達の姿が見えなくなってしまっている。

友人の彼女もかつて勤めていた会社の上司とそういう感じのつきあいがあったというが、子供が出来て以来、ずいぶん時が経って閉まったにもかかわらず、過ぎたことを今でも後悔しているそうだ。

現実の世界にファンキー加藤さんも引き戻され、人気が急落するなど痛手を被っている最中かもしれないが、だからといって同情することは出来ない。

おしまいに、その友人の女性の言葉を引き合いに出してみよう。
「だから浮気っていうのは確かに男も悪いけど、女もどこかできっぱりしてないと良くないよね」

宮崎今日子

スポンサードリンク