SMAPのTwitter情報操作を電通がガチ否定!でも納得いかないことがまだある!

SMAPが先日とうとう解散宣言した。
それはそれで今後大きな波紋を芸能界に残すだろう。

だがその情報を巡ってTwitterで情報操作が行われていた疑いがある、というのだ。
どうも電通とジャニーズ事務所が結託してSMAPの関連キーワードをTwitter上で消している、という情報操作をしている。

ジャニーズ事務所がいかに芸能界に隠然とした影響力があるとは言え、電通までを動かすなんてあり得るのだろうか?
普通に考えてそこまではないんじゃないかな、と私などは思ってしまうのだが、鼻息を荒くするジャニーズファンなどはこの情報に飛びついていたようだ。

真相はどうなのだろうか?
そんなことを究明しようとすること自体ばかばかしい、そんなことあり得るわけがない、と思う声も多く上がっているが、ネット上の検索結果も操作している部分があるし、ちょっと気がかりだ。

スポンサードリンク

電通とは?ジャニーズ事務所とつながっている証拠はあるのか

まずそれはともかく、SMAPが先日電撃的に解散を発表した、その余韻は今もなおファンを中心に大きく世間を激震させていることは間違いない。

電通(でんつう)というのは株式会社「電通」を指す。
東京都江東区の汐留に本社を置く日本で最大の広告代理店だ。
何が凄いかといって、テレビやラジオなどで流れているこCM、それらはすべてこの会社で制作されている、といえばお分かりだろうか。

電通に次ぐ存在が博報堂、かなり下がってアサツーがあるが、とにかくそんなわけで、電通がCM媒体を通して情報の支配を完全支配しているというのが大方の考え方だろう。

当然SMAPの所属するジャニーズ事務所をはじめとして全ての芸能事務所は言うに及ばず、大手東証一部上場企業などの経済界とは切っても切れない存在だ。
企業の命は広告と信頼性なので、それらの生殺与奪を電通は一手に握っていると言っても過言ではないだろう。
shiodome
電通に勤める社員ももちろん「超」のつくエリートで高学歴。
そして実家も実力者揃いで、政界の大物や大企業経営者などの大金持ち、大病院などの良家の出身者で固められているという噂があるほどだ。

そんな電通がTwitter上で情報操作をするというのは、証拠はもちろん無いのだろうけど、それにしてもいったいどんな根拠があっての主張なのだろうか?
それとも全くのデマというべきなのだろうか?
今の時点でこれが問われている。

スポンサードリンク

Twitter 側は操作を否定!でも別な疑惑も残っている?

SMAPの解散に関するテーマがTwitter上に最初トレンド上位にランクされていた。
それがある時点から突如として上位から消滅している。

この時点で情報操作が疑われた。

つまり、事務所が電通と結託してSMAPのテーマをトレンドワードから外してしまうという情報操作を電通側が実施したというものだ。

その目的はSMAP解散のインパクトを出来るだけ回避して、事務所側に対する悪影響を最小限にしようとするものだったのかも知れない。

ただ、このことについてTwitter運営側としては、なんらの情報操作も行っていない、電通との結託もないという内容のコメントを異例に発表している。

しかしながら、あくまでも私個人の見解だが、ジャニーズ事務所と電通の結託はどうだかわからないにしても、事務所側が何らかのアクションを引き起こして、他のワードを上位ランキングするような“大量投入”操作をしていたのかも知れない。
ただ、そうなるとそれこそ電通などとの結託がなければならないほどの規模の情報操作になるかも知れないが。

つい数分前までトレンド上位にランキングされていたSMAPやジャニーズ事務所のトレンドワードがいくつも一斉に消滅するという珍事。
何かの操作無くして本当にあり得るのだろうか?

Twitter側が情報操作していないといっても、自然に考えてどうしても怪しさが一杯だ。
そもそも今回こんな珍しい現象が現れていたのは『全国』での表示に限る(一時的に『東京』でも発生)し、地方つまり『横浜』とか『名古屋』のTwitterでは発生していない。

Twitter側では、今回全国的な規模でのみ別なトレンドワードが急上昇しているためといっているが、そんな大それたトレンドワード、後になって確認してもどうも見受けられないように思えてならない。

ごくおおざっぱな説明で申し訳無いのだが、SMAPの解散説は彼ら育ての親といわれる飯島三智元マネージャーの解雇騒動から端を発し、もうかれこれ半年を過ぎているものの、ずっとくすぶっていた情報だ。
そして9月には解散するとかしないとか、その情報を中心に大きなうねりのまま先頃まで至っていた。
five
だがその間仲居さんや事務所側によるグループ存続の努力も聞かれる中、メンバーの香取慎吾さんなどの行動をはじめとして、解散に向けた動きが大きな力を得ていたのかも知れない。

ただ、電通がどれほどにこういうクライアントとなっている芸能事務所と密接な関係を構築しているのかはあくまでも不明にしろ、SMAPが四半世紀もの長い歴史を閉じることをとうとう発表してしまったことに変わりはない。

しかしながら、仮にTwitterではいかに情報操作があったとしても人の口に戸は立てられない。
そして人というのはよい噂よりも悪い噂の方を信じるものだ。

電通という企業も、そういうわけで日本の経済界に隠然とした影響力を持ち続けていて、その内実もかなりふと梅煮になっていることは間違いないだろう。

私は中居正広さんのファンでもあるが、SMAPを牽引し続けていた彼が悩み、そして格闘し続けていた相手。
解散騒動が勃発した時にはジャニーズ事務所のメリー副社長との確執が大きくメディアにも取り上げられていたと記憶している。

だがこうしてみると、今回のTwitter騒動を通じて、彼がメリー副社長の背後に何を見ていたか?
電通ではなかったろうか。
それを改めて考えさせられる。

宮崎今日子

スポンサードリンク