藤吉久美子の子供は学校で大丈夫?母親の脇の甘さを彼が補っていくかも

女優・藤吉久美子さんが不倫疑惑の会見で泣きはらしている姿はショッキングだ。

でも彼女の子供は今、もっと深刻な立場かも知れない。
すでに高校生となっている息子は名門・立教高校にかよっていると噂がある。

でも、そういう有名な学校だけに、子供、学校側に対して母親の藤吉久美子さんのスキャンダルが大きく影を落としていることは間違いない。

藤吉久美子さんと朝日放送プロデューサーとの関係が報じられたことを学校の方で知らないわけはないし、高校生とはいえその子供と言うことで、すごくメンタル的な問題が生じてしまうのではないだろうか?

それとも父親で旦那の太川陽介さんが、嫁の藤吉久美子さんの不祥事について記者会見で語った様子のように、母親の起こした問題を苦にする様子もみせず学校生活を続けられるのだろうか?

旦那・太川陽介さんとその間に出来た高校生の息子と一緒に3人の今後を考えてみたい。

スポンサードリンク

藤吉久美子の子供にとって名門の学校に入れたのは旦那(太川陽介)の内助の功?

藤吉久美子さんのような芸能人の家庭によくある話だが、女優の嫁や俳優の旦那が外で仕事に打ち込む分、子供の世話は大概手薄になってしまう。

だから勢い、子供の学校生活には疎くなってしまうケースも多い。
しかも女優や俳優など、芸能人は人気がすべてだから生活も勢い派手で不安定になったりもする。

このためか他の女優や俳優、あるいはその子供のことについて時折様々な問題や出来事がメディアを通して流れていることが多い。

ただ、藤吉久美子さんの場合、幸運にモダンな・太川陽介さんが器の広い男性で、彼女が女優活動を粛々と進める陰でしっかりと子供のサポートをしていたようだ。

そのためもあって、学校は名門の立教にかよっていると言われている。
事実、中学2年の頃には立教中学に入って野球部で活躍している息子・弘喜君の姿がテレビで流れている。

実際、藤吉久美子さん夫婦が「はなまるカフェ」でゲスト出演した時、子煩悩で自分の好きな野球を子供にさせるようにがんばったと太川陽介さん自身が告白していた。(14年2月)

だから一概には言えないけれど、藤吉久美子さん夫婦のように女優、俳優の芸能人一家であっても、そのうちの誰かが家族をしっかりサポートする人がいれば子供も幸せだろうし、こうして名門の学校に上がることだって出来るだろう。
学校

子供が名門の学校に進学したのは藤吉久美子の血筋のため?

それ以前に藤吉久美子さんの実家は福岡県の久留米市で産婦人科を開業している。

祖父や父も代々産婦人科医であることもあり、元々血筋的に成績は優秀だったようだ。

一方、旦那の太川陽介さんの実家も京都で丹後ちりめんの呉服問屋「つぼりゅう」。
現在は弟さんに経営を任せているそうだが、元々そういう商人気質を備えていて、芸能人ながら懐が深い人のようだ。

こうして血筋や気質のよいところを子供の弘喜君は受け継いで、それが立教中学、立教高校に進学しているという形になって現れたのだろう。

なお、中学は確かに立教だったようだが、高校もそうかどうかは情報が得られていない。
ただ立教は中高一貫校なので、普通の高校進学のように苦労することなく高校へ進めるから、ほぼそれで間違いないだろう。

スポンサードリンク

藤吉久美子の“脇の甘さ”は元旦那の頃から?フライデーされて結婚か?

ただ、藤吉久美子さんのことについて、おそらくは子供や学校にとってもやはり心配なことがある。

それは藤吉久美子さんの初婚のきっかけと、今回の不倫騒動のスクープがすごく似通っているのではないかと言うことだ。

旦那の太川陽介さんは初婚だが藤吉久美子 さんは一度離婚を経験している。

彼女の初婚の相手は歌舞伎俳優の坂東正之助さんだったが、実のところ坂東さんとは一度密会現場がフライデーされたことがあった。
87年5月8日のフライデー(講談社)にスクープされ、その翌年88年に結婚している。

週刊誌や写真雑誌によるスクープがきっかけで結婚に至る、というのはよく聞く話だ。
元々坂東正之助さんとは当時のNHK朝ドラ「よーいドン」で共演したのがきっかけで付き合い始めた、という。

共演している内に、お互い心に惹かれ合うものが出来たのかも知れない。
だが、一方で考えように寄るけれど、それだけ熱を上げやすい“恋多き女”というイメージも拭えない。
ストレス
そして今回の朝日放送某プロデューサーとの不倫疑惑。
板東さんとの時にはお互い未婚同士だから、むしろよい面もあったのかも知れないが、今では再婚した太川陽介さんとの間に出来た子供も大きくなり、しっかりと学校でも勉学に励んでいる。

藤吉久美子さんは今回のことについて、自分の脇の甘かったことを号泣会見の中で子供にもわびている下りがあった。

でも今回の件で、子供にとっても学校にとっても
「これ以上のことはあってほしくない」
というのが本音だろう。

子供が二人を支えるかも?本当の“おしどり夫婦”はこれから!

だから父親の太川陽介さんとともに、子供の弘喜や学校側でも母親の藤吉久美子さんの様子を見守っているに違いない。

浮気性というのはよく男性特有のものというのが相場になる。
けれども女性だってやはりそういう脇の甘さを見せてしまう人もいたりする。

幸い、太川さんがああして会見の席でコメディタッチで嫁の彼女を叱りつけた様子を見てホッと出来たのは私だけではないだろう。

これまで藤吉久美子さん夫婦は芸能界でも指折りの仲良しで、“おしどり夫婦”だと言われてきた。
今回の出来事でその夫婦の絆がより強くなることを願いたいし、同時に子供の弘喜君が、そういう母親を温かく見守り続けてくれることを信じたい。

ゆうき まな

スポンサードリンク