土屋アンナの旦那が一般男性!その素性と彼女がバツを繰り返す理由とは

モデルの土屋アンナさんが妊娠を自ら発表し、同時に交際相手の一般男性と結婚する意思を告白。

その人が今回新しい旦那になることが、すでに土屋アンナさん自身の口から間違いないことを念押ししている。

だがその一般男性の子供をすでに妊娠中だということで、今回3度目の結婚も新しい旦那とはデキ婚となる。
2度もバツを経験し、そのつどデキ婚で結婚に至っている彼女、祝いの言葉をマスコミ関係者から言われていても、世間の声はやっぱり冷たいようだ。

そもそも今まで離婚した相手の男性が全て芸能関係者だったのに、なぜ今回に限って一般人となっているのか、そしてそれ以上になぜこうも彼女が離婚と再婚を繰り返しているのか?
興味が湧くのではないだろうか。

スポンサードリンク

一般男性の旦那はサラリーマン?

土屋アンナさんの新しい旦那、それが一般男性だということは、まず彼女の口から新恋人がいるという告白から始まっている。

土屋アンナさんの新しい旦那に対する評価はバラエティ番組「モシモノふたり」(フジ 水曜よる10時~)で、自分で語っているが、

“性格はマジメ。きれいな顔。キツネみたいなオカマちゃん”
とのこと。
そして「普通のサラリーマン」をしている一般男性という。

そう考えると、彼女の“キツネみたいなオカマちゃん”というコメントがどうも引っかかるのだが。笑

ただ、結局のところ新しい旦那については一般男性と言うこともあって、個人情報をうかつに出すことはできなくなる。
なので、今度の結婚相手について、詳しい情報は彼女が語る内容だけにとどまるのだ。

子供3人が全部父親違い、しかも全てデキ婚というすさまじさ?

だが逆に何となくだが、これまでの彼女の男性遍歴を考えると、一般男性というのは聞こえが良く響いても、それでも何となくハスに見てしまうのは偏見だろうか?
pregnancy
それというのも今まで土屋アンナさんは旦那を取り替える度にいつもデキ婚。
妊娠してそれで入籍を繰り返しているし、今回の一般男性もまたしかりだ。
しかも離婚した元旦那については黒い噂も絶えない。

まず初婚の相手であるモデルのジョシュアさんとは04年6月に入籍し、長男の澄海(すかい)くんを産んだ後、わずか2年後の06年には離婚。

そしてなぜかまた2年後の08年には彼が心不全で急死している。
いかにも不自然な急逝だったため、薬物過剰摂取(オーバードース)の疑惑が今でも続いていたりする。

09年に9月にはスタイリストの菊池大和産と再婚。次男・心羽(しんば)くんが生まれた。
このときもジョシュアさんの時と同じく結婚前に妊娠が発覚し、結局16年1月には離婚となっている。

このときも菊池さんについてはDV疑惑、そして関東連合との関係も密かに疑われているままだ。

一見してすさまじい男性遍歴、というか結婚遍歴を繰り返している土屋アンナさん。
だから今回結婚するはずの一般男性もその事実は知っているはずだろうし、承知で入籍するというのは、世間からそういう目で見られてもしょうがない部分があるかも知れない。

スポンサードリンク

なぜ土屋アンナは結婚と離婚を繰り返すのか

そういう土屋アンナさんの離婚と再婚を繰り返すことについては、いろいろな意見があるが、そういう性向のある人は一般に次のような性格だと言われている。

・気持ちがコロコロ変わる。一気に離婚という極論に行きやすい。
・恋愛体質。一目惚れしやすく、短い交際期間でも一気に「なだれ込む」。
・女だてらに大きな経済力があって余裕で自立、行動力も旺盛。
・子供の迷惑を考えない。

こういう要件を考えると、確かに彼女はドンピシャリ。
そういう声が多い。

土屋アンナの今後とバツを繰り返すかどうか

ただ、こういう要件を見た場合、女の自立や行動力自体は前向きにとらえることもできるけれど、そのとばっちりを受けているような子供たち。

これを考えた場合、普通の人だったらやっぱり考えてしまうのではないだろうか。

新しい一般男性の旦那が、彼女と同じようにバツ付きの人なのかどうかも分からないし、今彼女が宿している新しい命も含めて、子供たちにとっては血のつながった両親と一緒に暮らしていけるのが一番なはずだ。

この点だけは譲れないという意見の人も多いのではないだろうか。
child
3度目の結婚となるバツ2の土屋アンナさん。
愛情は旦那や恋愛の相手にだけではない。
離婚のつど残された子供たちにもきちんと向けるべきだという専門家もいる。

そういう子供たちにとって一番良い環境とは何か、それを考えて行動していく必要があること。
多くの人たちは彼女の再婚に驚きながらも、やっぱりそう考えるのではないだろうか。

宮崎今日子

スポンサードリンク