松方弘樹を山本万里子だけが看取り子供たちも知らなかった?20年連れ添った彼女の決意とは

松方弘樹さんが脳リンパ種のため、74歳で亡くなった。
その最期を看取ったのは、彼の子供たちとか、仲間の大物俳優たちではない。
ただ一人、この20年もの間一人で彼に付き添っていた山本万里子さん(45)。

彼女との間には子供もなく、また松方弘樹さんと山本万里子さんとは正式に結婚さえしていない、いわゆる事実婚,内縁の妻という関係だ。

すでに密葬を済ませて遺骨になっている松方さんだが、彼の実の子供たちが訃報を知ったのは世間一般の人と同じか、それ以上に遅かったかも知れないほどだ。

なぜここまで山本万里子さんは松方弘樹さんのことを極秘にしておいたのだろうか。
そこには彼女自身の思いと、そしてもう一つ考えなくてはならないことがありそうだ。

スポンサードリンク

松方弘樹の身が心配なためにあえて自分の他誰にも会わせなかった?

実際、信じられない事に松方弘樹さんの6人の子供のうちの長男で、離婚した先妻・仁科亜季子さんとの間にできた長男の仁科克基さん(34)などは、実の父の訃報でありながらYahoo!ニュースで初めて知ったという。

そこまで別れた家族との関係は冷え切っていたのかも知れないが、一方で松方弘樹さんに最後まで一人で付き添った山本万里子さんの方でも
“誰にも彼を会わせたくない”
という決意でいたようだ。
たとえ実の子供たちであっても、ということになるだろう。

仲間の大物俳優仲間の人たちも連絡を取ろうとしていたようだが、信じられないことに山本万里子さんは自分のものも含めて松方弘樹さんの携帯も電源を切っていたことが分かっている。
その他には個人事務所のマネジャーだけだったという。(ソース:ニューポストセブン 2016.06.09)

何ともものすごい徹底ぶりだ。

山本万里子が誰にも彼を会わせたくなかった理由を推測

確かに山本さんにしてみれば、あくまでも自分は内縁の妻で正式に結婚したわけではない。

だからそれだけ周囲に警戒をするのはあるかも知れないし、上のニューポストセブンにもそういう理由として、松方弘樹さんのやつれた姿を子供たちや俳優仲間など、他の人に見せるのが辛かった、という事も考えられるだろう。

だが以前、あるインタビューの中で山本真理さんは、98年に自分との交際関係によって松方さんが前妻、仁科亜季子さんと離婚してしまった経緯をかなり重く受け止めていたようだ。
「別れた仁科さんには申し訳ないことをした」という意味のコメントをしている。
自責の念に駆られていた、というべきだろうか。

だが一方同じインタビューの中で、彼女は続けて
“妻子ある人と承知しても惹かれている気持ちや、その家族への罪悪感は”仁科さんだったら理解してもらえる、という意味のコメントをしている。
横浜
このあたり、非常に意味深だ。

というのも、元々仁科亜季子さん自身、松方弘樹さんの先妻ですでに子供ももうけていた元モデルの奈津子さんから不倫の末、略奪婚をし遂げているからだ。
仁科さんにしてみれば最悪「皮肉・当てこすり」のような響きがあったかも知れない。

また、おそらく山本万里子さんにしてみれば、そういう自分と仁科さん戸の立場をはっきりさせて、その事実に立ち向かう決心でいたにちがいない。
山本万里子さんとの交際が発覚し、仁科さんが激怒したとも伝えられ、その結果松方弘樹さんが手術により子供ができない体になった、とも言われている。

だがその「代償」、そして入籍を絶対しない、という誓いとともに山本万里子さんの決意のほどが察せられるのではないだろうか。

スポンサードリンク

不倫騒動以来、トラウマになっていた(?)ために子供たちさえ逢えない状態に

もう一つ興味深い情報として、山本万里子さん自身、松方弘樹さんとの不倫騒動が浮上した時以来、マスコミアレルギーになっていることをある週刊誌のインタビューで話している。

おそらくまだ離婚前だった先妻、仁科亜希季子さんの激怒ぶりとともに、大物俳優、松方弘樹の愛人騒動と言うことでそうとうにマスコミに追いかけられ、そして時には虚実とも分からないことまでを記事に書き立てられたというのかも知れない。

それ以来マスコミからの追跡がトラウマになっていたようだ。

実際このインタビューを受けた当時までスポーツ紙やワイドショーなど一切目を通していないと語っている。(ソース:女性自身 2016年03月01日)

おそらくは松方弘樹さんも、そういう風にマスコミにおびえてしまった山本万里子さんの姿を傍らで見ていただろうし、彼女の願いを聞き届けて何事も秘密にするようにしていたのだろう。

山本万里子さん自身、松方弘樹さんを最後まで一人で看取ったし、それまで昼も夜もつきっきりで看病していたという。
ふつうの女性では出来ないような献身的な行為だ。

非常に芯の強うそうな性格に見えるが、でもやはりそこはふつうの女性と同じメンタルだと言うことになるだろうか。

だからあり得なかったかも知れないが、仁科さんその子供たちが病床にある松方さんを自由に見舞うことができるようになれば、ふたたび相当なマスコミの追跡が再会することだっただろう。

もしもそうなれば、松方さんだけでなく、彼女自身も心身衰弱して入院する可能性もあったかも知れない。
ハート
松方弘樹さん山本万里子さんとの間には最後まで子供は一人もできなかった。

山本万里子さん自身も、松方さんがそういう手術を受けた以上、子供が持てなくなったことは覚悟の上で、最後まで付き添う決心だったというし、実際その通りになっている。

だが、元々彼女が松方弘樹さんと交際を始めた当初は、おそらく子供ができることを視野に入れてのことだったかもしれない。
98年12月、山本万里子さんは某テレビ局のインタビューの中でも
“子供がいたらいいのに、という感情が湧いたことが一度あった”
という意味のコメントを語っている。

あくまでも内縁、結婚しないままでも良いが、本心はやはりふつうの女性。
おそらくそういうことだったにちがいない。

今後おそらく松方弘樹さんの子供との間で財産分与などについて様々な折衝もあるかも知れない。

今はただ、亡き昭和時代の名優に哀悼の意を捧げたい。

宮崎今日子

スポンサードリンク