小林麻央が退院 なぜ?それとなく感じるけれど、もう一つ驚きの理由もありうる!

小林麻央さんが1月29日、ついに退院した。
なぜ今の時期に限って?
という疑問がいろいろ湧いてくるけれど、ブログKOKOROで切々と語っているとおり、今の小林麻央さんにとっては子供たちと一緒に過ごせる時間が何より大切になっている。

そう考えれば多くの方たちも、大方の理由は推測しているのかも知れない。

だが、それでもやはりなぜ今退院してしまうのか、本当に大丈夫なのか?
そういう疑問が残る。
しかしながらそれでも、退院したことについて、ある一つの理由がまだ残っている。
そう感じてならない。

その裏付けとして、なぜそうなったか分からないが、確かに小林麻央さんには信じられないことも起こっているのだ。
それはいったい何か?

スポンサードリンク

確かに奇跡を起こしてきた小林麻央!写真画像で見せる生命力に感動も

小林麻央さんは今、自身のブログKOKOROの中で退院後に帰宅し、子供たちに囲まれて喜ビデあふれる気持ちを流し続けている。

母親として、幼い子供たちと一緒にいることが自分に摂って何より大切なのだ、と言う内容を記事の中で書かれていたけれど、それがついに実現した形だ。

だが、小林麻央さんはすでに乳がんのステージ4で、体の至る所に転移が起こり、最近ではあくまで限定された読者向けとしながらも、ある記事の中では何とそのがんが皮膚を破って表面に出てきているという、いわゆる「花咲き乳がん」の病状までが報告されていたとも聞かされている。

そんな彼女がなぜ退院したのかは、だいたい多くの人たちがすでにわかりきっているからというしかないかも知れない。

だが、事実としてこれも伝えておかなくてはならないのだが、それでも小林麻央さんは確かに奇跡を起こしいている。

その一つは医師の余命宣言。
これを再三くつがえして生きながらえてきているからだ。
同じ乳がんの中でも進行性乳がんと言われていた小林麻央さんは、検査でそれが判明したときにはすでに手術が困難とされ、抗がん剤や放射線治療の効果も芳しくなかったようだ。

その結果がんがどんどん進行するに任せ、16年の夏頃には、麻央さんの限定記事を読んだ専門家の判断によると、その頃からすでに皮膚転移が起こっていたとも言われている。

ところが、夫の市川海老蔵さんも16年6月9日の記者会見で妻の小林麻央さんが乳がんにかかっていることを発表する2日ほど前に、担当医からは彼女の余命宣告がされていた。
「夏まで持たない」
と言われていたという。

だがそれが夏を過ぎて9月、10月と進み、年明けを迎えて今に至っている。
海老蔵さんもそうかも知れないが、「なぜ?」と一番首をかしげているのは担当医かも知れない。

そしてもう一つは、麻央さんの顔写真やテレビでのインタビューの様子。
確かに病み上がりの人相にちがいないし、やつれた様子の麻央さんだけれど、それでもすごく明るい笑顔で居続けている。
テレビでインタビューに答えている麻央さんの横顔など、透き通るような感じさえ受けるけれど、笑顔でいる分なんだか神々しささえ感じられてしまうのだ。

余命宣告をくつがえした事実とともに、この小林麻央さん生命力あふれる笑顔の表情もまた奇跡に近いのではないだろうか?
女性

末期の乳がんから生還した人たちは少なくない

決して誇張抜きで語りたいのだが。
実のところ小林麻央さんがかかっている乳がん、そのステージ4。
当然末期がんとなるわけで、余命幾ばくも、という思考がふつうだったら湧くかも知れない。
だが事実として、乳がんの場合にはステージ4だとしても5年生存率は他のがんと比べて30%以上、あるいは40%と、非常に高いことが知られている。

また、そのためもあってか、ステージ4の末期と宣告されても奇跡の生還を果たして健在な芸能人だっていたりする。
芸能人でさえいるわけだから、一般の患者の方だったらもっと多いだろう。

その筆頭で私が一番印象深いのは樹木希林さん(74)。
2004年頃発症し、「全身がん」と本人が語るほどに転移が進んでいたステージ4だったが、信じられないことにその後1度、右胸部の全摘手術を受けた後、放射線治療を経て14年には「治療終了宣言」を病院から受けた。

その彼女が病気の改善にとった方法がこれも驚きだが、超少食を続けることで、自身の免疫力を最大限に向上させてがんを撃退した、というものだ。
これも掛け値なしに本当の奇跡と言えるだろう。

スポンサードリンク

「なぜ退院したのか?」よりも「これからどんなことをしたいと思うか?」の方が大切に

はっきり言ってしまえば、小林麻央さんがそういう病状の時に退院すること自体、何らかの“意図”あってのことかもしれない。

だが、樹木希林さんのように、人間の体というのは医師など医療の専門家の計り知れないようなパワーも存在するというのはまちがいない事実にちがいない。

そう考えれば、大手を振って今後小林麻央さん自身、これからどういう生活を営んでいくべきなのか、しっかり計画を持っておく必要があるし、ぜひそうしてがんばっていただきたい。
ピンクリボン
一家の主婦として、子供たちや夫の元に帰ってきたいという気持ち、計り知れないほどの想いがあったにちがいない。
そして確信しているけれど、小林麻央さん自身、これから本当の奇跡が起こることを信じてやまないはずだ。

彼女のブログKOKOROにもそういう一文があったことを覚えているし、確かに今、それが起きようとしているとも言える。

笑うことが免疫力アップになることを、麻央さんはブログにも書いている下りがあった。
だがそれを実地に行うことは非常に努力勇気もいることだ。

それをしっかりと心にたたんで忘れない麻央さんは、なぜ退院したのか?
それはおそらく奇跡を起こしたいからだ。
そのように確信したい。

櫻井雅子

スポンサードリンク