忘れたいことを忘れる方法ってあるの?こういうことをしてみるのがオススメに!

誰でもイヤなこと、思い出したくないことはある。
そういう忘れたいことを忘れる方法があるとすれば何だろうか?

イヤなことはいつまでも記憶に残りやすいし、思い出してはウンザリすることも多いものだ。
そんなとき、忘れたいことを忘れる方法を覚えておいて実行し、本当に忘れることができたらどれだけ良いだろうか?

果たしてそういう理想的な、忘れたいことを忘れる方法、本当にあるかどうか疑問かも知れないけれど、ちょっと語ってみたい。

スポンサードリンク

完璧ではないにしろ、確かに忘れたいことを忘れる方法はある?

「忘れたいことを忘れる方法?
そんなこと、記憶を完全に消し去れない限り不可能じゃないの?」
誰もがそう思うにちがいない。

確かにその通りで、いったん記憶したことを完璧に忘れるには、アルツハイマーになったり記憶喪失になるとか、ごくごく特殊な方法しかない。
だからまず完全に忘れたいことを忘れる方法というのは、普通ではあり得ない。
そう言うしかない。

だが、そういう完全に記憶を無くすと言う方向で考えることは無理がある。
これをまずお伝えしたいのだが、それでも一方確かに忘れたいことを忘れる方法、考えようによっては十分存在しうると信じているのだ。
悲しみ
それは
イヤなこと、忘れたいことを考えないようにすること、なること
ということ。
これが出来ない、出来ずにイヤなことばかり思い出してしまうからこそ、忘れたい、思い出したくないという気持ちが湧いてきてしまうのだ。

そういうことばかり考えるようになると、やがて心が病んだりウツになったりしてしまうかも知れない。
精神的にも決して良い事ではない。

それを心配すれば
「忘れたいことを忘れる方法は本当にないのだろうか?
いや、どこかにあるにちがいない。」
というように、むしろそう思うべきではないだろうか?

ぜひ提案したい私の定番「忘れたいことを忘れる方法」とは?

そういう風に考え方を広げてみたとき、忘れたいことを忘れる方法を考えた場合、いくつか出て来ると思うのだが、その中でも私が主張したい一番の定番をお伝えしてみたい。

それがズバリ一人旅
女一人でブラッと旅に出るのだ。

友人など連れない、行ったことのない土地でしばらく滞在することで、今までの生活空間と全く異なった出会いや経験をすることになる。

そうすればイヤでも今までの事は頭の隅に追いやられる。
そして旅に出れば普通の生活や仕事の中と違い、基本楽しい、嬉しいことの連続だ。
これがメンタルにとって、大変良い効果があるはずなのだ。

スポンサードリンク

 

楽しい経験を見ず知らずの土地でたっぷりして行けば、イヤなことは自然に考えることが少なくなっていったり、やめるようになる。

そして旅が終わって自宅に帰っても、今までの楽しい体験の方が優先して鮮明な記憶になってくれているので、旅に出る前まであった深刻な落ち込みとか失恋の悲しみなど、ネガティブな経験からくる心のゆがみがすごく改善してくれるのだ。

だから私はあまりにも落ち込んだりしたら、積極的に一人旅に出ることをオススメしているし、下の様な別な記事にも書いている。

傷心旅行なら一人旅がおすすめ!失恋の痛みを早く治すために考えたい3つのこと!

友人の女性たちにも同じ事を言って勧めてしまうことが多い。

実際、旅行好きの女性は多いし、そういう人たちはたとえ自覚がなかったとしても旅という行為が自分のメンタルバランスを改善してくれる、と知っているにちがいない。
一人旅

楽しいことをしたり考えたりする努力を模索

もちろんだからと行って生きたいときに一人旅が出来る、そういう女性は少ないにちがいない。
だから結果的に、日常生活の上で忘れたいことを忘れる方法を考えつかなければならない、ということになるだろう。

だが、そういう時も基本的には、こういった一人旅と似たような効果を持つことを考えればよい。

そこで第一に考えていただきたいこととして、
心底から忘れたいことを忘れる方法を知りたいという方は本来、すごく辛い悲しみや心の苦しみに浸かっている方が少ないのではないだろうか?

そこでぜひ試してはどうか、ということになるのだが、そういう場合は逆に楽しい経験、嬉しい思いが出来るような体験を普段の生活の中でたくさんしてみてはいかがだろうか、ということだ。

単にテレビを見たりゲームをしたりなど、簡単なものから、もっとステップアップして自分の仕事上の能力を向上させ、それが周囲に認められたり感謝されたりするという、あるいは人として究極の喜びを得る方法だってある。

日常の中でもうやっている、ありふれている、と主調する方もいるにちがいないけれど、でもこういう思いをしている人、その日常の中で笑うという行為をしているのは少亡くなっているかも知れない。

そういう風に、いったい自分が心底楽しい、嬉しいと思えることはいったい何なのか?
真剣に考えてみてもよいのではないだろうか?

楽しい経験をして辛い記憶を乗り越えることが大切に

というわけで、独断と偏見がたっぷり混じってしまってスマソなのだが、忘れたいことを忘れる方法は、忘れたいことをして喜びを感じる方法を考えて実行し、辛いことを乗り越えることで実現出来るのではないだろうかということだ。

ただ、最後にひと言。
そういう方法を日常生活で考えて行くのも良いことにちがいないけれど、そういう模索の仕方、ものの考え方からしっかり巻き直して変えてくれるのはやっぱり一人旅。

私の思考はそこに帰ってしまう。(苦笑)
でも自分の経験から、確かに効果抜群だと信じている。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク