線香の消し方に右手と左手のちがいが関わってくる?一体どっちが正しいのだろうか

線香に火がついたままの時、消し方についていろいろ言われている。
そこにどうやら右手、左手の違いが問題になってくるらしいのだ。

普通は手に持った線香に灯がともったままの場合、それを振ったりもう片方の手で扇いだりして消す。
多くの人がこう考えていると思う。
けれども実は線香の消し方も奥が深くて、右手に持っても良いけれど、左手に持ってはいけない、というのだ。

そこには仏教の教えの中にある右手、左手のちがいが、その由来と一緒になって線香の消し方の作法にまで入ってきている。
そしてもちろん、やっぱり知っておくべきことになる。

一体どういうことだろうか?

スポンサードリンク

線香の消し方に右手と左手の違いがなぜ出てくるの?

でも考えてみれば線香の消し方も様々だ。

線香など、右手で持つのも左手で持つのも何も変わらない、と多くの人は考えるだろう。

それなのになぜ右手と左手で一方はダメ、もう一方は良くないとなるのかと言えば、直接的には仏教の教えというわけではない。

元々仏教が始まったインドの習慣から来ているというのだ。

インドでは昔から食事するときには食べ物を手づかみして食べる習慣があるけれど、同時にそのとき右手に食べ物をつかんでも、左手ではつかまない、という。

なぜかと言えばインドの習慣や文化から、右手は神聖、左手は不浄、という考えが浸透しているためだ。

だから右手は食べ物とか、清潔な作業にのみ使い、左手は例えば排泄の処理とか、汚い作業にばかり回される、そういうことのようだ。

個人的に想像するけれど、現代のように徹底的に殺菌とか体の清潔さを保てない昔のような場合、汚い作業をした手を食べ物などに触れるとばい菌や雑菌がつきやすくなる。

そうすると、中毒したり最悪の場合伝染病にかかって死亡するなどしてしまうことになるはずだ。
それを防ぐために、手づかみで食べる習慣のインドでは両手の使い道をしっかりと分けていたのではないだろうか。
インド
もちろん現代では、インドも発展している地域ではそういう昔ながらの習慣は衰えているようだけれど、ヒンズー教な根強く残っているような地方では、いまだにそうしているらしい。

仏教はインドから始まって中国に入り、朝鮮から日本へと長い遍歴を持って入ってきたけれど、その間インドの習慣がそのまま仏教の教えに組み込まれてしまったとも言えるようだ。

実際、インドでは挨拶の時に合掌するけれど、それもまた仏教の中に入ってきている。

エッ口臭も体臭も仏教では嫌われる?

そればかりではない。
それこそ仏教独特の作法の細かさというか、他にも口で吹いて消してはダメ、というのもあったりする。

これは不浄な人間の吐いた息で、死者の霊魂の食べ物である線香をけがしてしまうことになる。
よく言われる理由だ。

だから多くの人は吹いて消さないで振ったり扇いだりする消し方が良いと言うし、それ以前に仏教では口臭や体臭をものすごく嫌う。

何しろお釈迦様自身が体臭や口臭のある人を指して、
「心が汚れているためだ」
とまで言い切っているという逸話まであるのだ。

この故事を受けてか、今でもお寺によっては
「口臭のある人は坊主になっちゃいかん!」
と言う意味の触れ書きまでしているとか。
おいおい。笑

そんな汚れたっぷりな人間が、その中でもまだ神聖な右手で線香を持つのは良いけれど、汚れた左手にもつ消し方はよくない。
そんな風に右手と左手を使い分けなくてはならない、というのがこういう作法の理由になっている。

スポンサードリンク

実際に正しい線香の消し方はどんな?

そういうわけで、一通り右手と左手の違いの由来をお伝えしてみたが、それでは改めて、どんな線香の消し方がただしいのか、そして 右手と左手をどう使い分ければ良いのだろうか?

これには二通りがある。
順にご説明してみよう。

1.
まず手の中の線香を振って火を消す消し方。
これまでのとおり、左手で持たずに右手で消すこと。

注意しなくてはならないのは、振るのは横の方向ではなく縦。
それも下に向かってフッと振る消し方だ。

横に振って消すと灰が散る。
灰の中には火がまだついたままの時もあるから、大変危険だ。

で下にまっすぐ振ると、灰も飛ばずにきれいに消える。
これが一番おすすめの方法になる。
蓮の花
2.
もう一つは、手で扇いで消す方法。
このときも右手に線香の束を持ち、左手で扇いで消す。

でも、この方法だと上手く消えないことも多い。
それに、普通の人は左手が利き腕ではないわけで、その手で扇いで消そうとしても余計難しいことになる。

だからはっきりいってこの方法はおすすめできないし、1.でお伝えしてみた「横に振る消し方」と同じで、灰が飛び散る可能性もある。

もしもこの消し方をするべきばあいがあるとすれば、手に持たず、すでに線香立てなどに立てた線香を消すような場合になるだろう。

その際も、左手の方は線香の火を覆うようにして丸め、その中に向かって右手で扇ぐようにすると良い。
こうすると覆った手の中で風圧が増して消えやすくなるためだ。

消し方と一緒に覚えておくべき線香の意味とは

そんなわけで、直接に右手、左手の違いが仏教の教えそのものから出てきたわけではないにしろ、法事の席などでは一通り知っておくべき作法だから、ぜひ押さえていただきたい。

そして最後になるけれど、線香の持つ意味とは、

・一つには亡くなった人たちの食べ物でもあるし、
・二つには、その煙が私たちを包むことで浄化されるという意味がある。
・そして三つ目にはそのような状態に私たちがあるとき、やっと清浄なあの世の人たちとの交流ができるようになる、

ということだ。

そしてこれらを超えてさらに大切なことは、私たちがこういう行為をする中で、亡くなった人たちにしっかりと感謝、冥福の気持ちを絶やさないこと。

何よりもそれを心から願いたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク