アラサー独身女って負け組なの?世間の風に向き合う前に考えるべきこととは

つまらないハナシをするけど、私はアラサーで独身だ。
そして私の友人や知り合い、飲み仲間もやっぱり同じだが、こうした独身アラサーの女達を捕まえて、負け組という陰口もボツボツ気になってきている。

確かに言ってみれば、私たちは売れ残りと言われてもしょうがない。
だがそういうアラサー独身女達ばかりが負け組であるとは限らない。

世間の評価というのは、とかく目立ちやすい私たちに噂の矛先を向けたがるものかも知れないが、そういう世間の風というか、批判。
それを直視することもある意味大切かも知れないが、よくよく考えてみればある意味それ以上に考えておくべき大切なことと言うのもあるのではないだろうか?

あの人は女でアラサー独身だ、と周りから言われた時、どう考えていけばよいのか。
それをちょっと明らかにしていこう。

スポンサードリンク

勝ち組負け組というのは詰まるところ「気持ちの問題」

アラサーの独身 女だったら私がそうだし、友人にもたくさんいる。
そして中にはそういう世間の批判や陰口にうんざりしたり、アタマに来たりしている女も数多い。

私の友人でさえほぼ一様にむかついているのだから、世の同じアラサー独身女性は大半そういう心境でもあるだろう。

だが考えてみれば勝ち組だの負け組だのという勝ち負け判定。
ただ単に結婚しているかどうかと言う尺度で女性を評価しているに過ぎない。

それが女にとって最も大事なステータスの一つだ、といえばその通りかも知れないが、だからといってその公式そのままに勝ち負けが決まっているとは世の中限らないのだ。

そこで結論からはっきり言ってしまいたいのだが、勝ち組負け組。
人生の上で人をそういう判定の目で見た場合、結局それを決定するのはその対象となっている本人自身の気持ち次第。
決して他人の判定で決まるのではない、ということだ。

だからひるむことなく、今の自分自身の生活、そして周囲の人間関係に満足して、心底幸せだと言えるのならばそれでいいのではないだろうか?

「勝ち組」でも不幸な人、「負け組」でも幸せな人は多い

すごく変に哲学めいたことを言っているように聞こえるが、もう少しぶっちゃけたハナシをすれば、
結婚している人、つまりひとまず「勝ち組」に入る人であっても不幸な人は不幸なままなのだ。

たとえば結婚すれば、その時点で他の異性との恋愛は禁止。
しようものなら浮気、不倫となる。
下手をすれば離婚の訴訟の際に慰謝料などで大金が出ていき、自分に何も残らないなんて事が起こる。

それ以外にも旦那の酒癖が悪い、ギャンブルで浪費するなどという話はゴマンとある。
home
実際、結婚した後、生活や旦那に不満を持っている人は多いのだ。
酷いのになるともう別れたい、別れたくてしょうがないとか、旦那の下着を洗濯するのもイヤだ、などと言い出す既婚者の知人までいたりする。

それでも別れないのは、一つには
“別れられないから”
なのだ。

「世間の目もあるし、子供もいるしね、何度別れたいと思ったことかわからないけど、子供が成人するまでは動けないわよやっぱり」
知人の身内の叔母が彼女に語る言葉だ。

身内の恥になるけど、と彼女が話すには何しろこの叔母の旦那、要するに叔父だが飲酒運転して捕まるわ、それで相手をケガさせても謝らないわ、そして激怒したその相手から殴りつけられるわ。

酔うと見境が無くなり自分の子供に暴力をふるうし、いつか泥酔して危うく自宅に火をつけようとしたことまであったらしい。
信じられないが実話だという。

そしてそれでも別れられない、と叔母が彼女に泣きながら話すともいう。
「これでも勝ち組?冗談じゃないわよね」
と彼女。

逆に独身で30代を過ごしながら、仕事の上で自分の長所を十分発揮し、男勝りの手腕を見せている人だって多い。
そういう女性は彼氏が欲しい、結婚したいと語る一方で、何だか横から見ているとすごく光って見えるのだ。

スポンサードリンク

負け組というのは、今の生活に不満を覚えている人のはけ口という側面も

人間同士を比較して、優劣を考えようとするのは多くの人たちに見られる性質かも知れない。

だがそういう優劣、つまり勝ち組か負け組か、というのは、詰まるところ実際じぶんがどういう気持ちで毎日を送っているか、その心のあり方次第だ。

なのでアラサーで独身の女だから、という理由で一概に負け組だというのは当たらないし、もしもそういう言い方をもっぱらしようとしている人がいたりするならば、その人自身の現状の生活や気持ちのあり方の方が問題かもしれない。

『陰口を言う人は不幸になり、言わない人は幸福になる』
ということわざというか、人生論があるが、結局のところ特定の人たちを指して負け組とののしったりするのは陰口となる。

そういう意味で考えていくと私たちアラサー独身女というのは、人のレベルを測る尺度の役割をしているのかも知れないし、どうじにそういう負け組扱いをしてくる人とは距離を置いた方が良いかもしれないだろう。

私たちはきちんと正しく考えて生活していれば良いだけ!

こう考えると、負け組だと言われたからと言ってそれを真っ正直に受け止める必要はないだろう。

それよりもむしろ私たちは、年齢にふさわしく、またそういう独身の女性にふさわしい生活や仕事を営んでいけばよい。

もちろんそういう年齢なので婚活や恋愛にも積極的にがんばればよいのだ。
何も負け組という視線をもたれたからと言って、それに必要以上に卑屈になる理由は全くない。
lady5
世間は広い物で自分がいちばん幸せな女だと思いたい、そういう真理の裏返しで他人の不幸を喜ぶ、話のタネにしようとする人たち。
そういう人たちは大勢いるし、それが世間かも知れない。

だが生きるということはある意味そういう世間に打ち勝つ努力をすることでもある。
そういう世間の風にたいして、冷たいという気持ちばかりを強くしないでいただきたい。

そしてぜひ、毎日の生活や自分自身を大切にして過ごして欲しい。
私と同年齢の多くの女性達にそう願いたい。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク