女一人旅 国内で冬ならどこがベスト?決めるポイントで一番大切なものはこれ!

寒い冬に女一人旅、というのも体験してみればすごく楽しい。
何より自由、一人だから仲間の都合に振り回されることもない。

国内には冬の雪深い場所であっても魅力的な場所も多いのだ。
女一人旅だからこそ楽しめる、そして冬の年末年始などはスケジュール的に休みも取りやすい。

そして行きやすい国内であってもどこを選べばよいか、どう選ぶかと言うことで一つのポイントがある。

スポンサードリンク

冬だからこそ選択肢が多い!

冬に旅というと、なんだか夏や他の季節と違って選択肢が狭いように思われるかも知れないが、少なくとも国内に限ってはそんなことはない。

冬ならば当然沖縄など暖かい土地に魅力を感じるし、逆に雪深い北海道や東北地方も、冬場の観光スポットは大変整備されている。

もちろん雪のために交通手段は影響を受けやすくなるかも知れないが、それをうまく避ければ雪国ならではの白銀の世界が満喫できるのだ。

逆に夏場だったら少なくとも南国は暑すぎて選択肢に入らないだろう。
温泉でも、冬の方が気持ちよく温まれる。
冬だからこそ選択肢が多くなる、少なくとも私はそう考えている。

あるポイントによって大きく二つの選択肢が

そのポイントとは何かといえば、たった一つのことを考えればよい。

つまりあなた自身がどういう気持ちで女一人旅をしたいか、ということだ。

寂しいとか、失恋の気持ちを癒す。
そうでなければ純粋に未知の土地で新しい体験をしたい、というような旅の好奇心がいっぱいの場合。

それによって行くべき場所を考えればよい。

傷心旅行という旅の形があるけれど、あれが一番そういう気持ちに忠実な旅先の選び方の典型となる。
そして特に一人旅なら自分だけの好きなところに行き先や日程を決めることができる。

それこそ国内だったら無数に良い場所があるし、いまのあなたの気持ちにぴったりな場所が必ず見つかるのだ。

大まかに考えて失恋や傷心で心が重く沈んでいるならば、冬の銀世界に覆われた東北地方や北海道の静寂に満ちた世界がよい。

その理由は、今のあなたの心境そのままに異郷の景色が展開してくれているため、優しく静かに傷ついた心を優しく癒してくれるためだ。
函館
逆にそこまで気持ちが沈んでおらず、もうちょっと元気になりたい、さらには見知らぬ土地を存分に満喫したい、というような好奇心があったり元気であふれているならば、やっぱり南国。
奄美大島や沖縄がベストの選択だ。

要するに冬場は行き先が北と南に大きく別れる。
他の選択しもないわけではないが、ものすごく単純明快なので、私は個人的にこの選び方がオススメだ。

スポンサードリンク

北と南のオススメ場所

なので、北と南、その2つの方向に絞ってオススメの場所をお伝えしてみよう。

まず北だったらやはり北海道。
注意しなくてはならないのは、空の便を中心に交通網が雪で麻痺してしまう危険性だ。

また、道内を陸路で行くにしても鉄道や道路は雪に閉ざされることも多い。
だからあくまでも空の便だけに基本的に頼ること。
そうなるとサッポロを中心に函館や旭川、釧路や稚内など主要な街への旅行に限定される。

そのほか東北地方、そして金沢や富山などの北陸地方など、冬に雪深い土地でも同様のことが言える。

そして南。
何と言っても沖縄だろう。
沖縄
東京と大阪からそれぞれLCCが沖縄本島を結んでいるし、その手前の奄美大島も東京から便がある。

沖縄の先、石垣島や宮古島も魅力だが、LCCの便がない。
だからコスパ的に沖縄本島、そして奄美大島に絞って良いだろう。

冬であっても冬ではない、私も何度も足を運んでいるのが沖縄だが、あの強烈な日差しと色鮮やかな緑は変わらぬ魅力。
ちょっと水は冷たいけれど冬の12月でも水遊びできる。

そして何より日本の国内でありながら海外の南国同然の気分に浸れる。
それでありながら国内のため、本当の南国よりも遙かに治安は良い。
女一人旅でもうってつけなのだ。

冬は予約をいつもよりも早めに取ること

最後に気をつけていただきたいのは、北でも南でも冬は空の便が頼りになる。
そのため多くの人たちも飛行機を利用することになるのだが、そのためどうしても直前に登場の予約を入れてもなかなか空きがなかったり、満席になることも少なくはない。

なのでとにかくなるべく早めに予約はしておくこと。
それは宿でも同じことになる。

女一人旅というのは、数人の女友達と行くのと違って独特ののびのび感があるし、静かに自分と向き合う時間もたくさんある。
そしてもしかしたら旅先で思いもかけない出会いが待っていたりすることだってあるだろう。

海外も良いが国内も広い。
冬だからこそ女一人旅で楽しめる国内をぜひ堪能していただきたい。

櫻井雅子

スポンサードリンク