体を許す意味を浅く考えてしまうと深みにはまる?知らないうちにしてしまうことが重大!

体を許すという行為の意味は、いろいろに考えられる。
けれど、少なくとも私たち30代になった女性にとっては、ほぼそれが結婚を前提のこと、と考えるのがスタンダードだと思う。

だがそういう普通の思考に反して、けっこういろいろ話を聞いてみれば体を許すという、いわば究極の男と女の行為がうっかりありがちになることと鳴る。

ある意味私たち30代にもあながち無関係なハナシではなさそうなのだ。
私自身はそういう経験は無いけれど、聞いて回ってみたりするとそういうショッキングな体験したアラサー女子が少なくない。

この行為の意味を浅くとってしまい、安易に行動に走ってしまうことが今、考え直すべきなのかも知れない。
けっこう私たちの世代にありがちな落とし穴のようなもの、それも含めて追ってみたい。

スポンサードリンク

30代女性は逆に目がくらみやすい男性の誘惑?焦りが生む失敗

もちろん体を許すことに対する意味の取りよう、人によりけりとなるだろう。
あまり抵抗のない女性もいれば、厳格に結婚する後でようやくそういうことをする、それが一番だと主張する女性もいる。

私はどちらかと言えば進歩的な女ではなく、むしろ後者の側に経つ人間だけれど、やっぱり古いのかも知れない。

合コンなどにはよく20代の頃、足繁く通った女性も私の周りにはいたりするけれど、結局はそういう体を許す行為を相手の男性はもちろん、彼女自身も望んでしまっていたところがある。

逆に長い付き合いをうとましく感じて、そういう一夜、刹那の行為をお互いに目指すために利害が一致(?)したところもあったというのだろう。

だが私たちのように30代になれば絶対に喫緊の課題として目の前にそびえるのは結婚の問題。
安易にそういう行為に走っていたツケというか、結局変に男性に依存しているようなところがそういう彼女に見られるようになってきた、というのが実感だ。

結局のところよくあるハナシとして、30代の女性には合コンでも婚活パーティーなどでも男性から声がかかる割合はぐっと減ってくる。

couple
男の浮気は女に理解不可能?

だが正直な話、そういう風に年齢が上がるほどに女性の方は男性を渇望してしまう、そういう生理的な欲求が事実として出て来るのだ。

実際女性が最も強く男性を求めるのは年齢が35歳以上からだと言われているが、もちろんその年齢に至る前からも徐々にそのレベルが上がってくる。

だから自分でも知らないうちに焦りとともに男性への依存度が高まってくると言えるだろう。
そして結果として、その分20代の頃よりも男性からの誘いにこうしきれない場合も出てきてしまうようだ。

もちろん人によりけりだけれど、確かにそういう女性もいたりする。

女性と男性の生理は違う!女は「アノ人だけ」、男は「彼女も自分のもの」?

だがここでそういう体を許すという意味、女性と男性で大きく違ってくる。
何が違ってくるかと言えば、その後お互いに対して持ってしまうことになる思考のちがいだ。

女性の方はいったんそういうことに及んでしまうと、もうその男性しか眼中になくなるものだ。

結局そこまでの行為をした関係なのだから自分にとって特別な、世の中の男性の中で唯一無二の人。
そういう風な思い込み、というか思い詰めた思考になってしまうものだ。

ところが男性の方では、そういうことをした後だからと言って、決してその女性を唯一の女性とは思わない。
この意味の差はあまりにも大きいのではないだろうか?

なぜならこの差があるからこそ、女性は男性が浮気することを信じられないほどに驚き、そして嘆き怒ることになる。

逆に男性側にしたら、生理的にどうしても複数の女性を相手にするよう身体的に構造がなっているため、女性が理解できないような複数の相手を持つことが可能だ。

要するに女性にとってはそういう行為の後は
「私にとってアノ人だけ」。

だが、男性にとってその彼女は
「複数の相手の内の一人」。
あくまでも極端な言い方をしてしまっているかも知れないし、男性には酷な意味になってしまって申し訳ない。

もちろん女性だって浮気に走ることは往々にしてある。
でも多くの結婚を緊急課題としている女性にとっては、一つ間違えば後々大きな傷になる。
そのことが重大になるはずなのだ。

スポンサードリンク

私たちの年代は自分で思っているよりも意外と遊ばれやすい?

なぜかと言えば甘言や手練手管を弄してそういうアラサー世代の女性に目をつけようとする「遊び目的」の男性も少なくないからだ。

というか、むしろ20代女性に対してよりもそういう男性にとって、30代以降の女性の方が“くみしやすい”と考えている場合もあり得る。

その理由の一つは上の様に、結婚を考えて焦ってしまっていること、女性特有の生理的な「願望」が強くなってきて、いわば前後不覚になりやすいと思われるからだ。

もちろん中にはそういう体を許す関係から入り、その後でお互いの関係が上手くいって、最終的には結婚という目的にたどり着ける人もいるだろう。

だが基本的に遊び目的で接しようとしてくる男性は、あまりそういう定着した生活まで眼中に入れていない。

だから言ってみれば、アラサー以降になればこういう「遊ばれてしまう」可能性は小さくないはずなのだ。

合コンなどに行っても30代になるとなかなか相手の男性は振り向いてくれないもの。

だがその意味を逆にとって、あえてそういう私たちにすり寄ってきて、体を許すように口説きまくり、思いを遂げてしまおうとする男性も中に入る。

特に不思議な現象として、年下の20代の男性に多いかも知れない。
というか、年下だという意味を考えればあり得ることだろう。

こちら側としては年下の男性だから社会の経験値が高い自分の方が騙される可能性は低いはず、とか安易に考えるからだ。

女性
こういう人が一番騙され易いかも

でもわずか数年の社会経験の差などは、逆にそういう“焦り”を私たちが持つことで相殺されてしまうかも知れない。
くれぐれも用心に越したことはないだろう。

「結婚してから体を許す」は古いけど正しい?

最後になるけれど、女性の生理的な習性として、どうしても一度体を許す関係になった男性にはほぼ100%の依存をしてしまう。

その意味の重さを考えれば、古風で今の社会の通念にはそぐわないかも知れないけれど、そういうことはあくまでも結婚後した方がベスト。

それでよいのかも知れない。
基本的に、結婚して夫になった男性に完全に依存して何も悪いことはない。
というか、むしろそれが元々夫婦としてあるべき姿になるはずだ。

これは今の世の中でも多くの女性の変わらぬ想いのはずだし、少なくとも結婚という行為自体が元々そういうものとして神聖視されているはず。

そのような結婚という本来的な意味からとらえれば、こうした考えは
「古いけれど正しい」
といえないだろうか?

もちろん結婚してからそういう行為をしたとき、何かしら身体的な不都合があることが分かったりするような、そういうトラブルも起こりうる。
その時には離婚したりすることも視野に入れる必要があるだろう。

だがそういう深刻な手続きが元々必要になる、それが結婚だとも言えるだろう。

結婚前に体を許すことについてはいろいろな意見もあることだろう。
女性の場合、それに加えてその時点での気持ちのありようが大きく影響を落とすことも確かだ。
でも、だからこそそういう時には冷静になって、じっくり将来を思うことが大切になって来る。

いつも甘い言葉をかけられていないと、合コンなどでたまさかにそういう言葉を投げかけられれば心が動くことも多い。

アラサー女の一人として私も経験するし、この辺りはやっぱり悲しいな、と我が身を感じる。
でも同じようなご経験のある方は、ぜひそういう気持ちをしっかりと持って婚活をがんばっていただきたい。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク