お持ち帰り女子でその後も大人の魅力?年齢から訳アリと思われないためには!

お持ち帰りの経験を期待する歳ではなくなった、というのが30代女子の実感ではないだろうか?

飲み会があっても、その後お持ち帰りの誘いも消え、アラサー女子として年相応な婚活を黙々続ける、ふつうだったらそういう日常と思うかもしれない。

だが実は、合コンでも飲み会野跡でも、その後お泊まりなどのコースに行ける場合というのは、案外に私たちの年齢でも不可能ではない。

ただ、そういうことを希望して、さらにそこから将来のパートナー探しに結びつけるためにはいくつか心がけておかなくてはならないこともありそうだ。

チャンスを最大限に生かしながら、それを将来につなげるためには、何が一体求められるのだろうか?

スポンサードリンク

お持ち帰り女子になれるのは20代女子の専売特許ではない?ある一つのことに注意!

アラサー世代の女子たちが合コンの誘いを受けることはなかなか無い。
これは確かにそうかも知れない。

だが、それでも実はそういう場所に行ってもおかしくはないということ、そしてもちろん出会いのチャンスも、その後のお泊まりも十分ある、ということ。
まずこれを主張してみたい。

確かに合コンなどと言うと、20代にはそれこそ毎週末出掛けていったような方もいるにちがいない。
それがアラサー世代、30代になるにつれて声もかからなくなってきたと同時に、
「私はもうそんな歳じゃないから」
と諦めてしまうのだ。

実際、合コンや街コンなどと言えば中心は20代の男性や女性。
その中にぽつねんと30代女子が参加しても、お持ち帰りどころか、中には冷やかし半分な扱いも受けるかも知れない。その後の夜もひとりぼっちになる、というケースも想像できる。

だがはっきり言って、これらのお持ち帰りに対する考え方は、既成概念とか思い込み、そして実のところそういう指向から来る引っ込み思案からもたらされていることも多いのだ。
女性
実際、30代女子はヘンな話、20男性にはモテる。
はっきり言ってしまうけれど嘘偽りではない。
その裏付けになると思うけれど、同じ会社の同僚の年下男性に誘われて、30代の年上女性が一緒に合コンに誘われる、などという話まである。

そういう男性に言わせると、
「年下や同い年の女の子たちはなんとなく敷居が高い。付き合い方とかすごく慎重になってしまって、それこそ機嫌をとるのに四苦八苦する」

「けれど、年上の女性は優しそう。その後付き合ったりしたとき、ちょっと失敗しても笑って済ませてくれるような暖かさが好きだ」
これは私がOL時代、同僚の後輩男性社員から聞いた情報になる。
そしてよくよくいろいろ探ってみれば同じような情報、いくらでもネットや週刊誌にないだろうか?

はっきり言って、そういういわば女性と一緒にいて気持ちが安らぐ、そういう女性を求めている男性特に年下男性に多いと思うのだが、そういう相手であればむしろ私たち30代というのはその年齢、決してマイナスポイントばかりではない。
それどころか、確かに大きなメリットがあるはずなのだ。

要はそのメリットをどれだけ生かし切れるか?
その一点につきるだろう。

一番警戒すべき「訳アリ女子」疑惑!くれぐれもガツガツムードは厳禁!

もちろん街コンや合コンでも、その出会いの場というのはくどいようだが基本的に若い人たちの社交の場、出会いのチャンスの場でもある。
そこに入って行くわけだから、多少の覚悟も必要だ。

特に20代女子のやっかみや冷やかし。
言葉には出していなかったとしても、そして20代の彼女らがすべてそういう悪意を持たないとはいっても、けっこうぐさっときてしまうシチュエーションが出て来る場合もある。

でもそこはそれこそ大人の思考でぐっとこらえていくこと。
これは別に20代30代、という年齢による区分けではなく、社会経験で積み上げた機転を利かすことが大切にもなる瞬間だ。

そういう姿、もちろん20代の男性もいるわけだし、中には30代もいるだろうけれど、そのような貴方を見た男性陣はやっぱり若い女性以上に何かの魅力を感じることもあるはずだ。
そしてアプローチも出て来ることになるにちがいない。

だが注意しなくてはならないのは、ここで決して血気にはやらないこと。
要するに、男性をつなぎ止めようとして必死な姿を見せすぎないことだ。

スポンサードリンク

 

その一番の理由。
結局話を戻せば、30差異を超えたアラサー女子、今の今まで結婚していないまま、そういう合コンの場所に足を運ぶ姿は、ふつうの女性よりもちょっと引いてみてしまうのが一般的な男性の印象のはず。

だからあまりにガツガツしている様子とか、その後のお持ち帰りを期待して、それらしいモーションをかけたりハナシを持って行ってしまうような愚はくれぐれも慎んだ方が良い。

実際アラサー以上の女性はそういう男性に対する願望がひときわ強くなってくる年齢で、それこそ自分の知らないうちにもお持ち帰りや夜のことなど、20代女子よりもあけすけに語ってしまうことがあったりする。

同じアラサー女子の方だったらなんとなくおわかりかも知れないが、
「20代の頃は恥ずかしくってできやしなかったけれど、今は平気で後輩の○○君と腕組んで飲み屋でカラオケ一緒に歌ったりしちゃうしね。やっぱりおばちゃんになったのかな?」
というアラサー世代のOL同僚が、元いたオフィスでもがんばっていた。

そうやって女は確かにロコツになっていくわけだ。笑
その後、二人はどういう関係になったか知らないが。

アラサーがお持ち帰り女子になるために!魅力と欲望のバランス次第でゴールインも?

そういうわけで、アラサー世代がお持ち帰り女子になれる秘訣、それをほぼ相手の男性が年下に絞ってお伝えしてみた。

だがもちろんそれだけに限らず、年齢を経るほど分別がある、社会経験が豊富で何事にも落ち着いた対応をしてくれる、そういう30代女性は現在、社会の中核にもなっているわけだし、年上の男性にとっても必ず魅力となるものになる。
着物
要は上の様な魅力を最大限活用すること。
そして上手い具合に合コンや飲み会などで、意気投合した男性と出会えたら、その後はしっかりと焦る気持ちを抑えることが大切になる。

私たちが年齢を考えればどうしても結婚がちらつくし、その分お持ち帰りの幸運によくすることができたら、すぐに「着手」!とばかりはやってしまえばそこで男性の方がどん引きするリスクが増大してしまうのだ。

お持ち帰りになることは、あくまでも最初のステップであり、その後のもって行き方では単なる“遊び相手”、“都合のよい女”のような憂き目だってある。
この点20代女性の場合と何ら変わりない。
どころか、年齢が上になって将来への考慮が深刻になっている分だけ揺り返しも大きいはずだ。

リスクと将来への扉のチャンス。
それをどうか最大限にハッピーエンドに持って行けるようがんばっていただきたい。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク