心折れる?恋愛が上手くいかなくて疲れ切ってしまったときに立ち直るためには

心折れる季節、といえば春だろう。
仕事でも多くの人と出会っては別れる。

恋愛もそれを受けて彼氏が年度替わりで遠くに異動。
そうなると結婚どころか二人の関係が何歩も下がってしまう。

もちろん心折れるのは春だけが原因ではない。
様々に恋愛が失敗し、砕けてしまった心を立ち直らせて新しい出会いに向かわなくてはならないのだ。

でも人間の気持ちというのは、言うは易く行うは難し。
なかなかそうそう思い通りになるものではない。

でも逆に、そういう気持ちをしっかりさせる何かのきっかけがあればよい。

スポンサードリンク

心折れる時にはボキッと折れてかまわない!

恋愛に失敗した。振られたり別れたりしてしまった。

そういうことがある度に心折れるのはたしかだ。
私などもつくづく思うのだが、そういう辛い目に遭ってもすぐに自分を取り戻し、新しい恋愛にチャレンジできる人こそが結婚に向いている、実生活でちゃんと旦那や子供たちの世話をできる人だろうな、などと思う。

だけれど当の既婚の友人主婦の女性に聞いてみるとやや違う。
一つには、女は結婚して子供を産むと気が大きく変わるものだ、ということがあるからだ。

子供がいて旦那がいて、自分がちゃんと自分の内でがんばっていなきゃならない。でなければ絶対主婦なんてできないよ、などと彼女。
不思議とそういう話を聞いていると心が安まるのだ。

でもそんな彼女も独り身の時はいくらでも心折れる苦い恋愛体験をしていたらしい。
婚活こそあまり手がけなかったが、片思いの人が実は今のご主人らしく、長々と片思いのままだったようだ。

その波瀾万丈な恋愛ストーリー、聞いてみれば確かにライバルの女性あり、一度二度と告白して振られたことありで、聞いているこちらがため息が出るほどに心折れる経験だったという。

でもそういう時こそぼっきりと心は折れてかまわない。
はっきりと彼女は断言している。

恋愛に失敗して泣いて泣いて、どん底を見て。
その後自分の気持ちにどういうものが残っているか、それを見つめてみればよい。
失恋
そしてしばらくその男性と距離を置き、自分が思い焦がれていたその彼氏、要するに今のご主人にどんな気持ちが残っているのか、それを考えればよい、という。

それができるだけでもう恋愛の弱者は卒業できている、と彼女は自分自身に言い聞かせたようだ。

恋愛は失敗するからこそ強くなれる?中途半端になるよりも将来のために

なまじ気の弱い人になると、そういう失敗で心折れる経験をしたくないものだから、どうしても甘い言葉ばかりささやくような男性、または女性を楽しませてくれることに一見心を砕いて余念がないような男性を求めようとするのかも知れない。

だがそういう恋愛、はたして将来にきちんとつながっているかどうか、その主婦業に邁進している彼女を見ると疑問に思うのだ。

あくまでも偏見があるかも知れないけれど、恋愛で一見中の良さそうなカップルであったとしても、なかなか結婚後、実生活に入ると思い通りにならないことも多い、と彼女も語っている。

交際している時はお互いのよいところばかりを見せ合って、互いに引きつけ合おうという心理が自然に働くからだ。

だが、そういう恋愛の形が発展して同棲生活に入るとがらりと話は変わってくる。
ご存じの方も多いかも知れないけれど、同棲生活の結果二人の関係が上手く続き、結婚に至るのはわずかに2割だ。

それ以前に実際の問題として、実生活のシミュレーションの場であるのが同棲生活の根本になると言って良い
そういう実生活になれば、お互いのアラも欠点もイヤと言うほど見せ合うことになる。

お互い同性前の恋愛中のように、笑顔ばかりを見せ合うだけでは済まされなくなるからだ。
それに嫌気が差して別れ、心折れる。
それが同棲生活の失敗といえるだろう。

でもこういう失敗自体は絶対にムダにはならない、とやはり独断だが私自身そう思っている。
なぜかと言えば大きな収穫を実体験できたからだ。
それは
「恋愛と実生活が異なるということを自分の体で体験した」
ことに他ならない。

スポンサードリンク

心が折れるのは自分が成長した印!大手を振って心を癒すことが大切に

こう考えれば、心折れるのは好むとこの混ざるにかかわらず、自身の人生にとって大きな経験値を残してくれることになる。
そして来る次の出会いに向けて、さらに結婚に近づいた印にもなるだろう。

後はそういう風に折れてしまった心をどうすれば癒すことができるのか?
どういう行動を取れば心折れる状態から速く復帰できるのか?

それを様々に考え、アドバイスをもらえばよい。

私からそういう方たちに遅れるアドバイスとしては、
まず一つ目に思いっきり泣くこと。
二つ目には一人旅に出ることだ。

思いっきり、たっぷり泣くことで心が折れたストレスを解消できる。
また、一人旅によってひなびた地方のひっそりした風景に溶け込むことで、すごく穏やかな気持ちになれるのだ。

私が恋愛に失敗して別れてしまったとき、ある人からアドバイスをもらって一人旅してみたのだが、これがたぶん最強の癒しになる、と今でも思っている。
旅
その時の悲しみのしみこんだ、いつもの日常生活を送って見慣れて触れ続けていた自宅やその風景。

これを全く断ち切って、数日の間見知らぬ土地に行く。
そして合う人たちはこれまた知らない人たちばっかりだ。

つまり辛い思い出のあるものをかなぐり捨てることで、一番気持ちをリフレッシュし、リラックスできるのがそういう一人旅になる。

女は弱いようで強いと思う。
主婦の友人彼女ではないが、なんのかのと言っても時間が経てばそういう気持ちは絶対楽になるものだ。

しっかりと前を向いて、未来に向かって新しい扉を開いていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク