遊ばれる女を卒業するためにはどうしたら良い?付き合いベタな人に伝えたいこと!

貴方は遊ばれる女の烙印を彼氏から押されていないだろうか?
周りの友人女子がいくらいさめても、彼氏しか見えない。

そういう付き合いは卒業しておかないと、先々結婚へ向けた関係を二人で作っていく上でいろいろ困ったことになることも多い。

遊ばれる女というのは要するに自主性のない、なかなか依存体質から卒業できない女性。そういう見方もできるだろう。

そこには自分自身の彼氏への想い、そして自分自身に対する不安、そういう心の問題が大きいはずだ。
そういう自分の中にあるものを見つめ直すことから卒業の旅が始まるはずなのだ。

そのためにはいったいどうすれば良いのだろう?

スポンサードリンク

私は遊ばれる女だった?でも考えようによってはそれもアリ?

告白してしまうけれど、こういうたいそうなことを言っている私自身、友人からは「遊ばれる女」体質だ、と指摘されている人間だ。
だから偉そうなことを絶対言えない。

でも、それだけ一層そういう女を卒業したい、と人一倍想っている方かも知れない。

その私自身が言うのだけれど、遊ばれる女というのは要するに

寂しがり屋、
付き合いベタ、
男性を要求する度合いが強い、

という3つの要素がなくてはならないと想う。
そしてさらにはこういう欠点を見据えて卒業しようとしない努力がない。
だから深みにはまってしまうのだ。

ただ、自己弁護ではないけれどこれらの要素、よく考えればどんな女性だって程度の差はあっても持っている。

いや、男性と交際して結婚し、家庭を持つのならばあっても良いような要素ではないだろうか?

付き合いベタだって、考えように寄るけれどあまりスマートすぎる付き合いやこない仕方を男性に対してしてしまえば、遊ばれる女というか、「遊び好きな女」みたいなことになってしまうはずなのだ。
失恋
男性もそうだけれど、女性だってどこかで不器用だからこそ平穏に結婚して家庭生活も営めるもの。
違うだろうか? 苦笑

それを卒業したいと願うのもまた人情。
なぜ卒業したいのか?といえば私は結構騙される方に回ってしまうためだ。

大きな失敗こそ無かったけれど、変にスペックの高そうな男性にあこがれてしまい、そして告白して当初は上手くつきあえたかと想ったら、いつの間にか自然消滅。

というか、男性の方がモテ過ぎていつの間にか他の女性が複数できていたというオチ。

それをとがめて友人女子が語るのが、そういう遊ばれる女を卒業する秘訣、という知恵だ。

それをちょっとご紹介してみたい。

遊ばれる女は自主性が乏しく彼氏に依存?その根源は寂しさから

遊ばれる女が良くない、という理由は、どうしても彼氏ができたときに相手のその男性の考えに前へならえ。

自分の自主性というか、主体性がなくなってしまうのだ。
はっきりとNo!という勇気が無い。
言えば彼氏との関係が悪化して、別れてしまうんじゃないか?
そういう恐怖がいつも隣り合わせになっているからだ。

何でそうまでびくびくするかと言えば、やっぱり彼氏とか恋人同士との交際が長いとか言う以前に、

普段の生活の中であまり人との交流がなかった、
今まで人間関係でとても苦労してしまった経験がある、

などの理由から引っ込み思案、さらには対人関係に臆病になってしまったことが挙げられるんじゃないだろうか?

こういうことをその友人女子は私に問題提起してくる。
これが改善出来なければ遊ばれる女の卒業、結局は絵に描いたモチになるぞ、などと恐怖なことを言ってくるのだ。

慎重とはまた別?臆病な自分を叱咤して出会いを作ることが大切に!

確かに指摘されてみれば私自身、それほどに交友関係は多くないし、むしろこの友人女子を含んでごく少数の友人とだけ密会みたいにして毎度気炎を上げて飲んだりしているに過ぎない。

結局新しく出会いを求めること、それが相手が男性だろうと女性だろうと、なんだか躊躇してしまうのだ。

これってやっぱりどこかで潜在的に人と会うことを嫌っているのかも知れない。
こういう私の自己分析を参考にされて、貴方だったらご自身をどうお感じだろうか?

遊ばれる女に陥る前に出会いがない、ということで私もよく嘆く方だが、その出会いを作るためにはそういう未知の人たちと交流することだって大切になる。

そういうものに新潮である必要が確かにあるにちがいない。
出も一方で、身長とは別の心理、つまり“臆病”という部分は自分なりに卒業する努力が確かに必要なのだ。

そして当然だが、新しい人たちと出会うことで確かにマイナスな感情を持つことだってあり得る。
出もそれを自分の中で一つ一つ解決していかなくてはならない。
そういう努力と経験を乗り越えた先に、遊ばれる女を卒業できるチャンスが見えてくる。

スポンサードリンク

遊ばれる女の特徴を見据えて卒業!その内訳とは

そしてそういう「遊ばれる女」の特徴、貴方自身が今まで引きずっていたかどうかを自分自身や友人たちに判定してもらうこと。
人から判断されることだって勇気がいることだけれど、それをしっかり見据えて直そうと努力することの方がよっぽど大切だ。

よくそういう種類の女性の特徴を一つ一つ挙げて、それで終わりな話になることが多いと思うけれど、実のところそこからが本当の「出発点」。

それを知った後は是正の努力を続けて克服すること。
100%克服できなくとも、それが自分自身の“弱点”だと気づくことだけでも大変大きな収穫のはずなのだ。
なお、どういう人が遊ばれる女となるのか?
その要素は次のようになるだろう。

・恋愛依存、男性依存というか、相手の言いなりにハイハイ従い、そして行動する。怒った顔ができないとか、自分の主張を押し殺してしまう人。
これについては先に挙げたとおりだ。

・ひとりぼっちが苦手で、変に恐怖心が湧いたり、いたたまれなくなってしまう人。
・上の二つの理由から、男性とすぐにカラダの関係へと発展したりする。
または「付き合っている」男性の数が多い。
多くなくとも、たとえば二股をかけていたりと、複数交際相手がいる女性。

良く私も元彼と付き合っていたときには、付き合っていたはずなのに変に孤独感が湧いてきて、携帯で
「私のこと本当に好き?」
とか聞いたときがあった

女性だったら多かれ少なかれそういう気持ちになるものだし、ある程度まではそういう孤独もあって良いのかも知れない。
だがそれはあくまでも、彼氏をきちんとつなぎ止めるという目的。
それを超えてしまったら本当に二人の関係に水を差すようなことにだってなりかねない。
出会い

自分の欠点を知って行動、そしてチェックを

遊ばれる女になるのは嫌。
誰だってそう思いたいし、そういう女になっていると実感しているならば早々に卒業することを考えるべきなのだ。

そのためにはまず何が必要か?

一概には言えないけれど、私の「精神分析」を友人女子が上の様にしてくれた、その内容をぜひご参考にしていただきたい。

そしてその上で、絶対必要になるのがその改善の努力。
これがなければいつまでも卒業できないはずなのだ。

そのためにすべき一番簡単なこと。
なるだけ人と交流する場に出掛けること。
そして人と交流する都度、自身のそういう欠点があらわになっていないか、チェックしてみていくと良い。

もちろん交際する相手を求める以外にも、そういう社交の場に出掛けてみることも大切だ。
あまり気負って探そうという気になっているとなかなか見つからないものだ。

逆にこれも私の経験になるけれど、そういう気負いがなく、何の気なしにのほほんとしていると不思議と出会えることが多いと想う。

ぜひがんばっていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク