一生独身を覚悟する年齢にさしかかってきて「もう無理かも?」と思う時に大切なこととは

もしかすると私は一生独身。
その覚悟をする年齢、人それぞれかも知れないけれど、早い人は30半ばくらいかと思う。

アラサーなど、今の晩婚社会ならまだ一生独身を覚悟する年齢など必要ない、そういうことを語る人も多い。
だが婚活をがんばってその厳しさを肌で知っている自分としては、どうがんばってもおぼつかない。

実際問題、30代前半で婚活の限界だといわれているし、20代の女性だって相手探しに苦しんでいる現状がある。

社会を恨むべきなのか、それとも全然モテない自分を恨めば良いのか、そういう堂々巡りがある中、大切なこと、考え方も確かにあるようだ。

スポンサードリンク

一生独身を覚悟するのは自分の場合、自業自得だった?

20代の頃から婚活を始める人は多い。

だが20代の頃は、けっこう引く手あまたな身分というか年齢のため、いわば自分で特別な努力をしなくとも男性が寄ってくることが多い。
だから一生独身などという発想など湧くことも無かった。

そしてそういうチヤホヤに自分がほろ酔いして、いろいろと好き勝手に相手の男性に条件をつけていた。
それが私の婚活の失敗ではないかと思う。

相手の男性をそういう好(高?)条件で品定めをしていながらズルズル時は過ぎ、気づいたらアラサー。
マズイ、と思って方向転換ならぬハードル下げをしてみたものの、たとえ20代でも29とかになるとほとんど30代。

その現実をしばらく見ようとしないようにしたのだが、その間刻々と時間は過ぎ、結局自分の「旬」は過ぎていた。

他の婚活女性も大方こういうルートでアラサー独身となるのではないかともうけれど、私の場合生まれついての天然が一番悪く災いしたのかも知れない。
猫
はっきり自分自身でけなしてしまうけれど、自業自得だ。

年齢や婚活の実態で覚悟する必要はない?

だが、幸いというかそういうあきらめの棺桶に片足を突っ込みかけている私のような女にも、それなりに諭してくれるような人がいたりする。

その人が言うには
一生独身を覚悟することも年齢も、結局のところ自分の心が決めるに過ぎない
ということだ。

私たちは様々な統計や婚活の実態を見て、自分がこの先一生独身で過ごす覚悟を決めたり、そういう年齢設定をする。

だがあくまでもそれは数値でしかない。
こういう確率が出たから現実的にいくらこの先婚活をがんばっても結婚なんてできない、と今の状況で未来を推測することとなる。

だが、だからと言って結婚したいという気持ちをあきらめる必要はどこにも無い。
現実や未来と気持ち、希望や願望は異なるからだ。

どんな年齢でも一生独身を覚悟する必要は無い

だから、そういう現実とか予測などに心を縛られる必要、どこにもない。

確かにそういう現実の数値とか可能性、厳しいものだ、くらいに記憶にとめておく必要がある。
問題はそれで自分の心まで自分で折ってしまうのはいけない、ということだ。

そもそも、幸せというのはあくまでも人間の持つ心次第で決まるもの。
現実にお金がいくらあっても、裕福に暮らすことができてもそれこそ不幸な人はやっぱり不幸だ。

付け加えれば、いくら経済力がある人でも早死にする人はたくさんいる。
それどころか、贅沢な暮らしで年齢がまだそこそこだというのに、飽食や偏食、そして不規則な生活やり放題で大病し、命を落とす人などはいくらでもいるだろう。

一生独身の覚悟が、その当人にとって一番「幸せ」だと思えればそれを目指せば良い。

逆にそれは絶対イヤ。
子供もほしいし、老齢になって孫の顔だって見たい。
そういう気持ちがわき上がるのならば最後の最後までしぶとくあきらめないこと。

スポンサードリンク

年齢で一生独身を覚悟する人というのはまだまだ可能性がある?

女性も30代くらいになると、自分でもそういう風にひとまずは婚活や出会いで相手を探す努力に精が出る。

確かに20代の頃よりは厳しくなるとは言え、それでもまだ血縁の人たちからもそういう見合いと縁談の持ち込まれるケースも多い。

余談になるが、今の世の中、こういう風に横のつながりが血縁の人たちも含めてずいぶん薄くなってしまっている。

これがもしかすると、昔のように人との交流がきっかけで出会いがなくなってきた表れではないだろうか。

ただ、ある年齢以上になれば、そういう声もかからなくなってくるのは昔も今もほぼ同じことだろう。

だが、一生独身というのは覚悟しておくべきことかも知れないけれど、あくまでも「あきらめ」の気持ちからとらえるべきではない。
なぜならあきらめてしまうという行為は二つの意味があるからだ。

一つには、後で絶対後悔する、そういう余地を心の中に作ってしまうこととなる。

もう一つは、あきらめるというのは自分の願望、欲望を無理矢理抑えつけてフタをしてしまうことだからだ。
要するに、自分に素直な心ではない。
そのため私の経験でいえば、どこかで必ずフラストレーションが出て来る。
飲みつぶれる女
一生独身など、がんばって出会いを求め続けていた結果、最後になっての現実で決定すれば良いこと。
自分で決め込むものではない。

婚活女性でお互いの異性の適齢期の身内を紹介し合うのはどうか?

以上が私にウンチクををたれてくれたある既婚女性からの伝言だ。

いろいろ賛否の意見もあるに違いないけれど、どこかで気持ちが楽になったところも有るのでは無いだろうか?
確かに私も一生独身かも、などと自分を見つめ直すともの凄く暗い気持ちにしかならない。

でも考えてみたら、何もこの悪循環を自分で作ることはないはずなのだ。

要するに、自分から私は一生独身だ、そういう覚悟をすることは、少なくとも心の部分では何の必要も無い、ということ。
年齢が上がればその年齢なりにまた出会いもある、と気楽にしている気持ちも必要だ。

婚活は20代の女性だって失敗するし、逆に30代の女性だって全く成功しないわけではない。
ましてやあらたまった婚活の場を離れた出会いなどではなおさらではないだろうか?そういう気持ちにすらなれるかも知れない。

30代、アラサーの未婚女性が婚活を一生懸命がんばっているのはみんな同じ。

いっそのこと、そういう婚活中の女性「同士」で交流し、情報交換したり、お互いの異性の身内の中に適齢期の人があったら紹介し合ったらどうかな、などと思ってしまうのだがいかがだろうか?(笑)

でも、そういう連帯感をみんなで共有し合うことで、何か良いきっかけを作れるかも知れない。

最後になってちょっと横道になってしまったけれど、そういうわけで私と同じ年齢、あるいはそれ以上の婚活奮闘中の女性の方たち、ぜひがんばっていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク