生涯未婚率は推移も将来も死にすぎ?何か真剣に考えるべきではないのか探ってみた!

50歳まで結婚が未経験を示す「生涯未婚率」。
あまり聞きたくない言葉だ。
その推移を見ると婚活女性は絶望に駆られたり、将来がさらに悲観的になるかも知れないからだ。

でも現実は現実。その生涯未婚率の推移について新たに公式発表されている。
2015年の生涯未婚率、男性が23.4%、女性が14.1%
将来も変わらないと見てよい。
本当に統計が死にすぎている。

80年代まで男女両方とも5%以下の横ばいだった生涯未婚率の推移。
90年代からは急上昇。
それが今に至っている。
どう考えても将来を考えれば不安になるばかりだ。

もしも今、真剣に婚活をして結婚を目指しているのならば、既成の考え方とは違う方法も必要なのではないだろうか?

スポンサードリンク

生涯未婚率の推移から改めて見直すべきことは何か

なぜかというと、結局これだけ生涯未婚率が急上昇を続けている背後には、今の婚活が全く無力。

つまり将来も出会いがないような探し方をしている。
そういうしかないからだ。

こういう生涯未婚率の推移とその将来を考えると、どうしても婚活業者をつなげてしまう。
婚活業者のことをあまり悪く言いたくはないけれど、彼らはあくまでも“業者”。
二人の将来を保証してくれるものでもないはずだ。

はっきり言えばお客である結婚希望者からお金もらって人を紹介して、それで終わり。
結婚相手の人品骨柄を保証し、将来まで見届けてあげるような昔の「仲人」とは違う。
ごくごく単純に言ってそういうものでしかない。

他人事ではない、私も独身で婚活中の30代女性の端くれとして、この推移には悲しくなるばかりだ。
でも、きまじめな男性や女性に限ってどうしてもそういうものに頼り切ってしまう、といえるのかも知れない。

これだけに集中してがんばれば良いだろう、みたいな、いわば受験勉強のようなノリ。結局今の婚活への努力で“自己満足”してしまっている。

あくまでも私の独断だが、その自己満足がイコールで将来への約束になってしまっている、という状態になってしまっているように感じることがある。
結婚

恋愛結婚の増加が生涯未婚率を増加させた?

で少子化だとか生涯未婚率の増加、そして離婚率の急上昇などなど、将来を悲観的にさせる推移と予測は他にもいくらでもある。
暗い話になるけれど、それでもやっぱり現実的に将来をしっかり見据える必要もある。

なぜこういう風に生涯未婚率が急上昇を続けているのだろうか?
一つには非正規雇用が増えて安定した収入が得られなくなったことから、安心して結婚したり家庭を営んでいけるような社会ではなくなってきたこと。

二つ目には生活が便利になるに連れ、一人暮らしでもそこそこ不自由ない生活になってきていること。

それから、三つ目として恋愛結婚が主流になっていること、恋愛することをメディアや世間ももてはやす風潮になっていることが、結局結婚数をどんどん減らしているように思えてならないのだ。

なぜかと言えば、多くの人たちは
「自分は恋愛に向いていない」
と思うから。

今、普通にコミュニケーションすることすら苦手な人たちが増えている。
元々日本人には恋愛は向いていない、という事も良くいわれることだ。

テレビの恋愛ドラマなどで映し出される美女とイケメン男性の恋愛劇、どう見ても普通の人に当てはまるようなルックスでもストーリーでもない。

だが視聴者はそういうことができる人だけを恋愛に向いている、と考えるものでもある。
そういう役者や演じている生活ぶりを見る人たちは、自分の身を置き換えて感情移入などはできても、
「自分なんか出来るわけない」
と考えてしまうものだ。

そして恋愛結婚は離婚率が大変多いこともよく知られていることだ。
婚活業界では恋愛結婚の離婚率は実に40%といわれている。
要するにぶっちゃけて言うと、
「好きでくっついたのだから、将来嫌いになったら別れる」
のだ。
もちろんこの推移も年々上昇していて、将来的にも不安な結婚の形になる。

お見合い結婚は10%というから、4倍の差がある。
こうした事実に世間の人たちは気づいていないわけがない。

昔々、テレビの普及でそういう恋愛ドラマなどに魅せられて、恋愛結婚したまではよかった。
私の母の世代くらいまで、そういう風潮があったようだ。

だが離婚危機の大きい現状に気づき始めてきてしまい、どん引きしてその結果今の結婚の主流となる恋愛自体を手控える人たちが増えている。
そういう意味もあるだろう。

スポンサードリンク

将来的に有望なのは恋愛結婚ではない?

あと、生涯未婚率の推移を見て個人的にも思うのだが、恋愛結婚はどうしても夫婦のつながりが浅くなる傾向があると思う。

一つには恋愛結婚は、結婚の前にする恋愛交際の中で、はたしてお見合い結婚以上に双方の「奥深い内情」まで分かりきれるものだろうか?という疑問があるからだ。
恋愛している最中はどうしてもお互いの良い面しか見せ合わない。

悪い部分はかくして付き合っているものだが、結婚するとイヤでもそういう部分を見て暮らすから、場合によっては「100年の恋も一瞬で冷める」。
そういう場合、結局は自分たちが独りよがりのようにして相手を見ようとしなかった、そう言われても仕方がない部分もあるのではないだろうか?
破局
そういうことを考えた場合、昔のお見合い結婚に回帰するかどうかは分からないけれど、将来的に今の生涯未婚率の推移を食い止める一番良い方法があるとすれば、
「結婚する当事者が正しい目を持ってお互いを認識し合っている」
という状況を何とかして作り上げていくこと。

もう一つは、
「それが往々にして無理になるのが恋愛結婚だから、結局のところ当事者よりももっと賢明な判断の出来る第三者を間に立たせること」
ではないだろうか?

生涯未婚率の推移を好転させるヒント?今の婚活の歯車に乗るだけでは不足か

思うに、なぜこんなにも生涯未婚率が激増の一途をたどっているのか?

それはやっぱり、適齢期の人たちも含めて世間がそれだけ“賢い”からではないかと思う。
変な言い方だが、なまじ恋愛結婚で失敗して離婚したら、元の木阿弥「未満」の結末を迎えてしまうことだってありかねない。

男性にすれば離婚の慰謝料や子供の養育費、女性にしてみれば片親になって子供につらい思いをさせることとなる。
これでさらにお互い経済的に困窮することとなる。

そしてなにより、子供にとっては「困った親を自分は持ってしまった」と、自分には何の罪もないにかかわらず一生を後悔する可能性も大きいのだ。

こういう悲しい現実を多くのケース、それこそ有名人や芸能人たちや、あるいは職場や知人、身近な血縁の人たちを場合を見ながら世間一般の人たちは考えてきているはずだ。

だから最後になるけれど、このままの状態で生涯未婚率が推移すれば、将来いくらでもまだ数値は跳ね上がってくる。
冗談抜きで女性も男性も生涯一度も結婚しない人が全体の半数を超える、などと言うこともあり得るだろう。

でも、そういう推移に危機感を抱くことがやっぱり将来をしっかり考える基本となると思うしかない。
その危機感から今の婚活を見直して、改良したり他の別な婚活方法を模索する、というのも必要ではないだろうか?
今、そういう思考を持つべき岐路に来ている。
早めの対策を考えれば、そう言って良いにちがいない。

増田えりか

スポンサードリンク