彼女持ちなのに思わせぶり!お泊まりの誘いまでエスカレートしたときのしっかりした対応とは

本当に彼女持ちの男性に目をつけられるとやっかいだ。
女慣れしているから、思わせぶりも上手だし、お泊まりデートの誘いをほのめかす場合だってある。

それでいて彼女持ちの場合、彼女がいるくらいだから、それなりにルックスもイケメンコンセプト。
実際、こちらの方も前から惹かれている様な場合だってあったりする。
思わせぶりにお泊まりなどを求められてしまうと、彼女持ちと分かっていても女性の方では目がくらむし、態度を決められないことだってあるのだ。

正直すごく判断が難しい。
でもこういう場合、ある一つの視点から考えることが一番良い。
しっかりした勇気と対応が求められるはずだ。

スポンサードリンク

思わせぶりな態度の心理は二通り?

彼女持ちの男性がわざわざお泊まりデートに誘うと言うことは普通に考えて、完全に浮気狙い、で良いはずだ。

少なくともお泊まりデートまで誘ってくる時点で、思わせぶりな態度というのは明らかにこちらの勘違い、思い込みなどではないからだ。

そしてまた、遊び目的にしろ真剣交際にしろ、今いる彼女を裏切る行為に他ならない。
だから「彼女持ちなのになんて不誠実な!」と多くの女性は怒りに震えるかも知れない。

だが一方、その彼女持ち男性と貴方が前から見知っていた場合、貴方の方でも少なからずそういう思慕が頭をもたげていたこともあるかも知れないだろう。

そしてまた、男性の方もそういう身でありながらあえて貴方の方にお泊まりなどしかけてくるというのは、本気で今の彼女と別れるつもりもあるのかも知れない。

そう考えてしまうと思わせぶりな態度がどこまで本気なのか、いろいろと頭の中で錯綜してしまうこととなる。

だからこういう場合、はっきりと二つの場合に分けて考え、その一つに当てはまったらゴーサインもある、そういうとらえ方をすると良いのではないかと思う。

当然ながら一つはあくまでも彼女持ちのする“つまみ食い”、つまり浮気目的、あるいは二股目的だ。

もう一つは、今いる彼女と本気で別れたい、もしくは本気で貴方のことが好きでそういう“お泊まり”アプローチを仕掛けてきているということ。 
ベッド
当然だが、もしも貴方がその男性に対してそれなりの想いがあることを前提としてだが、彼を受け入れてもよい場合があるとすればもちろん上のうち二番目がそれに当たるだろう。

女慣れした男性の言葉に要注意!不誠実さがあることに釘を刺すこと!

だが、これで終わりではない。

その彼女持ちの男性がそのままでは、今の彼女に対して不誠実である、裏切り行為を働いていることは明らかだからだ。

もしも貴方が本気で彼氏と付き合いたいのならば、そもそも今の彼女と別れることをしっかりと面と向かって要求することが一番良い。

女慣れしている男性というのは、言葉のやりとりに大変長けていて、浮気するときなどもいわば
「あっち(女性、つまり貴方)の方から誘われた、彼女の方から好きだと言われてしまって渋々そういう行為をしてしまった」
などという“逃げ道”つくっているものだ。

結局はそういう自分から妙な思わせぶりを仕掛けてみてもそういう男性、絶対自分の口から「好きだ」などとは言わない。

そういう言葉を女性の方から発するよう、手練手管で下準備をする。

その一つが思わせぶりな態度、ということになる。

言葉としてはっきり要求するのではなく貴方ことがたまらなく好きだ、などという気持ちを決して言葉では言わない。
“言外にほのめかす”のだ。

もの凄く手の込んだ、責任逃れのやり方と言えるだろう。

スポンサードリンク

その男性がここまで思考を巡らしているかどうかは分からないが、それでも一絡げにして思わせぶりな態度でお泊まりデートまで(暗黙にでも)要求して来るような
彼女持ちの男性。
絶対に鼻持ちならないはずなのだ。

だからまず、お泊まりなどに誘われたとき、
「今の彼女とはっきり別れているの?そうでもないうちからいきなりこんなことはやめてね」
「別れたかどうか、彼女本人に確認したいんだけれど連絡とらせてくれない?」
と、はっきり彼氏本人に確認をとるべきだろう。

それがたとえこちらの勘違いだったとしてもかまわない。
できれば友人女性のような目撃者、第三者のいるようなところで行うと良い。

男性の方は当然渋面になったり、場合によっては貴方が傷つくような言葉を吐き返したりするのかも知れない。
それをどうか勇気を持って、感情的にならずできるだけ冷静に受け止めていただきたいのだ。

そういう“被害”を被った中で一つだけ言えるのは、それではっきりと男性側の本性が見えた、ということ。
そういう男性には絶対に近づかない方が良いということ。

これは何よりの教訓、収穫ではないだろうかと思うのだ。

たとえ添い遂げても必ず繰り返す?思わせぶりな態度を示す男性に欠けるものとは

そんなわけで、彼女持ちのはずなのにわざわざ他の女性に思わせぶり 名態度で接してきたり、お泊まりデートのような誘いをするようなケースをピックアップして持論をお伝えしてみた。

大学時代、確かにこういう男性がいたし、決まって複数の彼女がいたりした記憶もある。
だが、こういう男性にはっきりしているのは、必ず同じことを繰り返す、ということだ。

たとえ貴方のことを好きになってそういう思わせぶりな態度で気を惹き、元の彼女を捨てて一緒になったとしても、必ず後で飽きてしまい、他の女性にまた目移りするものだ。

彼女持ちでありながらそういう行為に及ぶのは、そこそこ自身のモテ具合に自信があったり、それなりに周囲からイケメン扱いされている男性に多いものだが、そういう男性に一貫して欠けている、と言えるのが「誠実さ」。

少なくとも女性に対しては欲望のままにそういう思わせぶりな態度を示して一時は良い顔をするものの、その後はポイ捨ての憂き目に遭うとも限らない。

だからはっきり言ってしまうけれど、そういう思わせぶりな態度をとる男性について上の様に二通りの場合分けをしてみたが、一番無難なのはやっぱり両方のケースとも避けた方が良い、ということ。

とにかくはまず常識的に考えればお分かりの通り、彼女持ちだったらそういう関係を責任を持って精算しておくことが一つのけじめになる。

成り行きのようにしてお泊まりの既成事実を貴方に作らせるようなことは、後々本当に問題になるはずなのだ。

そういう男性、たいていは一見素敵なので目のくらむ女性もあるかも知れない。
だがそこをアラサー、30代女性ならではの勇気とウンチクで決して振り回されず乗り切っていきたい。

しっかりとした将来、結婚相手をぜひ思い描いてぶれないことをお祈りしてやまない。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク