奥手な彼氏の心理を暴いて迫りたい!難しそうだがわかるとすごくカンタンだった!

男性も奥手なタイプが増加している。
そういうタイプの彼氏の気を引きたいけど、心理状態をどう考えて押さえていけば良いか?
すごくわかりづらいし、なんとなく滑りそう、という心配は尽きないはずだ。

でも、奥手な彼氏というのは、あくまでも「仮面」の場合が多いものだ。
心理的に奥手の彼氏を焚きつけるように頑張れば、そういう成果も期待できる。

けれども確かにノウハウがある。
それは知っておくべきだ。

スポンサードリンク

奥手な彼氏の心理は「待ち」に徹している?

奥手な彼氏といっても色々ある。
でも心理的に本当に女性に興味がないのはごく少数のはずだ。

多くは奥手男性によくある“自信喪失”。
私はそうみて良いと考えている。

どんなに彼氏からのアプローチを期待してもなかなか芽が出ないような時だからといって、
「この人は私に全然興味がないのかしら?」
と半分諦めてしまうのは早計だということだ。

それというのも、そういう男性はあえて自分からアプローチする勇気がなく、女性から接近してくるのを待つような「失敗恐怖型」が多い。
言い換えれば、「待ち」に徹していると言えるのだ。

女性に普通の男性並みに興味があるかどうか、その彼氏の心理を確かめたいのならば、普段の会話の中で、それとなくカマをかけた内容を語りかけてみたりすると良い。

「私も本当に寂しいというときがあるとすぐ泣いてしまうタチなのよね」
「一人で居たいと思う?それとも私が居たりすると邪魔かな?」

ストレートではなく、こういうふうに間接的に、それとなく自分が彼氏と一緒にいたい、ある意味自分もまた奥手だということを彼氏にアピールしてみるのも良いだろう。

そういう風にして、要するに自分から男性に向かってある種の“隙”をほのめかしてみたりするのだ。

本当に奥手な男性でない限り、なんらかの心理的な反応はあるに違いないし、そのときどういうリアクションを男性の方でしてくるのか?
付き合っている男性を一番間近で観ているあなただったらある程度の予想もつくのではないだろうか?
カップル

奥手とは違う「鈍感」な男性もいるから注意

ただ、そういう奥手な彼氏だったら女性の方から多少とも無防備さをアピールすること。
それでなんらかの心理的な動揺を見せてくる、リアクションも期待できるかもしれない。

けれど、世の中は広いというか、似ているようで違うタイプの男性もいる。

つまり、奥手の彼氏と同じく男性として心理的にはちゃんと女性への欲求もないわけではないが、女性があえてそういうアプローチをしているにもかかわらず、テンとして気づかない場合というのもあったりする。

それが鈍感、といういわばまた違った男性のタイプだ。
実のところ、このタイプの男性が奥手男性よりもひと回り厄介になる。

いささか男性を卑下するような表現になってしまって申し訳ないけれど、鈍感となると、女性の方が彼を好きだということ自体を気づかない場合すらあるからだ。

だからそういう時には、とにかくあなたという女性が彼氏に注目しているということ、そして男性として関心を持っているのだということ。

そういう理解も促していかなくてはならないから、もっと積極的に事を進めていくようなことも必要になると言えるだろう。

スポンサードリンク

ただ、経験上から言ってしまうと、奥手なことと鈍感なこととは紙一重であることが多いはずだ。

それというのも、結局その根底にあるのは自分に自信がないばかりにそういう内にこもった性格や態度となるという一点で、両者は同じはずなのだ。

自分の欲求を内に隠しているが、密かに女性への憧れは無くなっていない。
だが結局自信がないために奥手となるし、またいつの間にかなっていながら自分で気づかないことだって多い。

そして魅力的な女性がいたとしても、それを本心から“素通り”してしまう。

私が勤め人だった頃、社内のある男性に目をつけた同僚女性、思い切ってある日、その男性の好きそうな髪型や服装、そして化粧などをバッチリ決めて目を引こうとしたことがある。

ところが知ってか知らいでか、そういう彼女の姿に一瞬どきっとしたかのように見えながら、それ以上のリアクションをすることがなかった。
彼女ががっかりしたことはいうまでもない。

彼氏の本質、結局こういう鈍感だということだったと思う。

世話焼きな女性が相手に向いている?

だから、心理的に言えば鈍感よりは奥手の方が一つ手間が省けてカンタンなようだとも言えるし、もともとそうなるのは、女性に対して自信がない表れでもある。

そしてそういう彼氏というパターンに良くあることとして、女性との会話とか交際の仕方、ノウハウについては場合によっては白紙状態とも言えるほどに知識も経験もないことが多いのだ。

そういう男性の心理状態は、ほぼ間違いなくコンプレックスが渦巻いている。
そうみて間違いない。

だからなぜ奥手になってしまったのか?
そういう男性のデリケートな心理状態はきちんと察してあげること。

そして男性の至らない部分は、しっかりと背中を支えて押してあげること。
そういうキメの細かさがやっぱり必要になると言えるだろう。
影
そうなるとだいたいそういう彼氏に対しては、一つの相性のポイントになると思うのだが、なるだけそういう男性に対する配慮、世話焼きが苦にならない人。

例えば、男性に自分の求めるものばかりを主張するのではない、あなたの方から男性にそういう世話や配慮、ひいては母親のような愛情を示せる人こそが一番ふさわしい女性ではないかと考えるのだ。

恋愛は男女が直接にぶつかり合うものだし、その時点で男と女という、体も性格も別々な二人の人間が織りなすもの。

でも、その全く違う二人が、まるで組み木細工のようにお互いの隙間、必要なところを埋めていくことを目指していくものでもあるはずだ。

奥手な彼氏は、ダジャレになってしまうけれど本当に「奥が深い」。
その深い心理にあなたがどれくらい入っていくことができるのか?

その愛情の深さをどれくらい持てるかによってあなたたち二人の関係が決まるに違いない。

増田えりか

スポンサードリンク