手繋ぎデートを男性がしたがるのにはワケがあった?自分にとっての特別な人をつなぎとめておくために

男性によってはデートのときに手を繋ぎたがる、いわゆる手繋ぎデートをしようとする人がある。

もちろん交際が進めば肩や腰に手を回してくる男性もいたりするわけだし、手繋ぎデートはそういうルートからすれば、男性にとっては好きな女性に対する最初の「体へのアプローチ」ということもあるだろう。

手繋ぎデートは男性のそういう欲望の表れということもできるけれど、一方で男性の方も女性のことを真剣に考えているからこそそういう行為に出る場合もあるし、また単に遊び目的のときもある。

ようは、どういうときに拒んで行くべきか、応じていくべきなのか?
女性にとってはその判断こそが必要になるに違いない。

スポンサードリンク

手繋ぎデートは女性への「交際アプローチ」

手繋ぎデート、最近では若い男女だけでなく、中年や初老の男性、女性の間でも見られる行為だ。

だから考えてみればそれほどに大げさに考える必要が無いかもしれないけれど、特に付き合い始めて間もないころは、大変重い意味を持つことも多い。

なぜかというとまずデートの前には多かれ少なかれお互いに親しくなっていく期間やステップがあるわけだが、その際にはまだ本当に仲の良い知人、友達同士。
男女の関係などではないわけだ。

その延長として、複数のうちの二人としての付き合いがあるわけだが、そこから発展して、男女の関係が芽生え、’さらにでーとができるような間柄になってくる。

手繋ぎデートは要するに、そういう男女の関係へと発展する中で、男性が女性へと自分の存在を「パートナー」としてはっきりとアピールする、そういうステップの一つになってくる。
デート
だからもちろん単にデートしたときから、そういう男女の関係の芽生えはあるけれども、手繋ぎデートはそれをより大きく進展させようとする男性からのアプローチとなる。

女性にとっては、そういう男性の目的を捉えて応じるのか拒否するのか、それが二人の関係を進めるために問われているといえるだろう。

ちなみに、手繋ぎデートではなく、単に二人で食事したりお茶を飲んで楽しんだりしただけでは、まだそこまでの決め手はない。
要するにまだ単に「仲の良い二人」なのだ。

だから手繋ぎデートというのは、男性が女性に暗黙の「決断」を迫っていると言ってよい。

「ぎこちない」「こちらが教えてやる」くらいの人の方が長続きする相手として望ましい

もちろん手繋ぎデート男性は男性にとっても勇気と決断がいることだし、特に恋愛や交際経験が少ない男性にとってはそれこそアプローチや手繋ぎデートの申込みの仕方自体もすごくぎこちないことが多かったりする。

だが、女性にも色々目的があるけれど、その男性を遊び目的などではなく、はっきりとしっかりしたパートナーとして考えていきたいと思うなら、むしろそういう男性こそが好ましいといえるのではないだろうか。

スポンサードリンク

 

そういうある意味奥手で草食系の男性に対してよくありがちな
「何もしてくれない」
「デートしてもつまらない」
という批判があるのは私も承知している。

だが、そのあたりは女性の方がイニシアチブを取ることだって頭に入れておくべきだろう。

あまり目立って男性をリードしすぎると、かえって女性の方が“遊んでいる女”みたいに思われてしまうから、そのあたりは節度を持つことも大切になる。

たとえばだが、手繋ぎデートを男性の方で迷っているフシが見られたら、女性の方が手繋ぎデートでは右側に来ることなど、ちょっと男性の耳に入れるくらいのことはおすすめだ。

遊び目的?手慣れた男性の見分け方とは

これとは逆に、男性の中には確かにそういう女性の扱いに慣れている、遊び相手として複数の女性と付き合ったことがあるような男性もいたりする。

そういう男性にもいろいろだが、はっきりと自分の女慣れを露わにしているよりも、なるべく控えめにして女性を釣ろうとする男性の方が多いようだ。

そういう場合、同じように手繋ぎデートを男性の方から仕掛けるにしろ、目的は単に遊びになるし、楽しめればそれで良いみたいなところがあったりする。

だから非常にスマートなところも多かったりするわけだが、そういう男性にはそういう分確かに引っかかり易かったりするわけだ。

そういう男性の見分け方というのは上のとおりで、要するに女性を引っ掛けるのに無駄がない、そつがない。
そして当たり障りのないような会話や女性を喜ばせる言葉を並べるのが上手でもある。
むしろそういうそつのなさが見分けるポイントといえるだろう。
カップル
最後になるけれど、逆に奥手男性と付き合っても、一向に何も仕掛けてこないような場合、女性の方で脈なしと思いこんでしまうことも多いことは上でもお伝えしてみた。

けれど、少なくともそういう男性にとっては手繋ぎデート以前に、デートをしたという事実そのものが画期的な出来事でありさえする。
だから場合によるけれど、男性にとってはそれだけでも十分満足であったりさえあるものだ。

あなたがそういう男性を本当に理解できるのか、そしてその上でしっかりと背中を押してあげることができるのか、あるいは別なタイプの男性を考えてみたいのか。
いずれにしても性急になるべきではないにちがいない。

アラサーや30代という年齢のこともあるし、将来を誓い合う相手として長い目でしっかりと付き合っていく必要もあるのではないだろうか。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク