傷心旅行で国内なら沖縄がなぜ良いのか?これだけは知っておきたい4つのメリット!

傷心旅行はおすすめだ。
旅は失恋や別れで傷ついた気持ちを癒してくれる。
そして日本の国内だったら私は迷わず沖縄を旅行先におすすめしたい。

彼氏とトラブったり、別れたりした友人などに沖縄に行くことを私もよく勧めているし、私自身時折思い出したように小さな日程で訪れるのがあの日本の最南端だ。

沖縄がどうしてそこまで傷心旅行をしたいと願う女性にとって魅力なのか?
理由がいくつかあるので、それを語ってみたい。

スポンサードリンク

私が傷心旅行で沖縄をおすすめする理由

なぜ私が、数多い傷心旅行のための行き先のうち、沖縄をおすすめするのか?

それにはいろいろ理由がある。

まず一つ目には、女の一人旅という条件なら国内がやっぱり安全だし、沖縄は日本の中でもエキゾチックな風景が多いためだ。

だから国内にいながらにして東南アジアのような亜熱帯地方の風景や心象を満喫できるし、日本の国内のため、治安の良さは周辺のアジア諸国に絶対に劣らない。

女性の一人旅でも決して不安にならないし、外国旅行のようにわざわざパスポートを作ったり、現地の言語や習慣を覚えておく必要もない。

日本にいながらにして、東南アジアのような風情に触れることの出来る場所、それが沖縄なのだ。

二つ目には、そういうふうに外国から比べたら「近い場所」のため、安価で出かけて、短期間でも旅行の計画がたやすく立てられるという点がある。

最近はLCCの発達のため、沖縄地方とりわけ沖縄本島でも過去には安い時でも往復で3万円近くかかった航空券が、今では格安運賃の1万円弱ですむようになっている。
渡航費が安く上がる分、余ったお金をレジャーやツアーに回せたりするというメリットも見逃せない。

最西端の与那国島や波照間島となると、それでも飛行機やフェリーの乗り継ぎなどが生じてしまう場合もあるが、それでも海外よりは遙かに簡単なはずだ。
yonaguni
そういう離島であっても予定の組みようによっては一日で目的地に着くことも可能になる。

三つ目には、そういう国内で同じ日本人が行きやすい観光地となるため、何かと同じ目的で訪れている観光客や、地元の人たちと簡単に会話をできてふれあうことができると言うことも見逃せない。

レジャーや遊びが充実していて、ちょっとしたレジャーやツアーの日程トラブルなども現地で臨機応変に対応してくれることも多い。

また、宿泊先のホテルや旅館などでも、当たり前に日本語で会話がこなせるため、穴場スポットや細かな観光情報なども入手しやすいのだ。

スポンサードリンク

他の国内の場所と比べて気持ちが一番解放される

以上は主に海外旅行と比較した時の沖縄への傷心旅行のメリットだったが、国内の他の場所と比較した場合、沖縄は決して劣るものではない。
劣るどころか、個人的には一番傷心旅行の場所としてふさわしいとまで考えているのだ。

その理由は、何と言っても日本の最南端、最西端のため、一番日差しが輝いていて、明るく開放的だと言うことだ。
要するに、自然環境からして一番気持ちが明るくなれる場所だと言える。
これが沖縄をおすすめする4つめの理由となる。

そういう環境に数日でも身を置けば、失恋などで沈み込んでいた気持ちも必ずリフレッシュできるし、現に私が勧めて傷心旅行に行ってもらった女性も、すごく気分が癒されたと語っている。

もちろん太陽光線の強烈なのは一長一短で、ともすれば紫外線による日焼けを心配しなくてはならなくなってしまうが、一方紫外線は適度に浴びることによってうつ病など精神的な疾患や気持ち改善してくれるという、心の安定を助けてくれる効能もある点もこの機会にぜひ語っておきたいメリットだ。

日焼け対策は十分にしながらも、沖縄に向かう時にはそういう適度な日光浴もぜひ視野に入れていただきたい。

傷心旅行でなくても旅行はおすすめ

そのようなわけで、沖縄への傷心旅行の利点を合計4つほど挙げて語ってみた。

もちろん国内でも沖縄に限らず、傷心旅行を目指す方々にとっておすすめなスポットはいくらでもある。

それはそれで検索、比較していただきたいのだが、客観的なデータを見ても、沖縄は国内に限った場合、傷心旅行におすすめの行き先のトップに毎年ランク入りしている。

だから決して私個人の独断ではない。
沖縄は客観的にもおすすめなのだ。
syuricastle
ただ、別に旅行というのは、そういう彼氏にふられたとか、別れたりして悲しみのどん底にあるような女性に限ってお勧めするだけのものではない。

私も旅行好きだからわかるのだが、旅は日常生活の煩わしさから解放させてくれ、一気にストレスを解消してくれる行動だ。
気持ちもリフレッシュできるし、明日への活力も生まれてくる。

気分を転換してくれるのにこれほど効果的でたやすい方法はない。
だからチャンスが許す限りは旅行に出かけることをおすすめしたいのだ。

ぜひ傷心旅行を思い立った方で、まだ国内ではどこにしようか迷っている方は沖縄を一度訪れてみてはいかがだろうか。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク