愛情表現が苦手な男に振り回されないために、気を配っておくべき3つのこと!

運が良いのか悪いのか、愛情表現が苦手な男と付き合っている女性も少なくない。
特に日本人の男の人は外人と比べても愛情表現は下手で、その分苦手だともよく言われる。

でもそう分かっていたとしても、付き合っていると
「いくら何でもこれってあんまりじゃない?」
みたいにショックな場合もある。

でも、愛情表現が苦手だと自分の彼氏をそういう風にあげつらったとしても、意外と自分が見えていない男の人の苦悩とか、思いやりは見えてくる。
彼氏も自分なりにこちらへ好きという信号は送っているはずなのだ。

要はそういう男の人の心底の愛情を感じていられれば良い。
じゃあ、そうなるためにはいったいどうすれば良いのだろうか?

スポンサードリンク

「相手から先にしてもらう」を忘れよう!

よくあるパターンが、男の人からの愛情表現を「待つ」事に専念してしまう女性が多い。
これも結構日本型の女性、特にそういうことが苦手な人に特徴的かも知れない。

けれどやっぱり男の人から見ればそういう彼女に対してあからさまに好きとか愛しているとか、愛情表現を直球で投げかけてくるのは苦手になるしかない。

私も付き合っている彼氏がいたことがあったけれど、彼氏も結構悩んでいて
「何となくお前(自分)がいろいろ忙しそうだし、そういうおちゃらけみたいなことを俺の方が口走るとかえって変かな、とか思っていたりした」
みたいなホンネを聞かされたことがあった。

だから苦手そうに見えて、ホンネでは男の人だってそれなりに愛情表現はしなきゃいけない、みたいな焦燥感はあるはずだ。
悩み
でも結局はお互いにある意味「疑心暗鬼」。
相手がそう言う直球的な愛情表現が苦手かどうかも分かっていないことだって多い。

だからそういう時には男の人に向かってこちらから先にそういう想いを投げかけると良い。

「向こうから先に好きとか言ってくれるのが先じゃない?」
と思うのはやめて、積極的に女性の方から語りかけてみよう。

確かに男性からそういうことは先にするもの、という固定観念はあるかも知れない。でも実際、草食系の男性も増えて来ているし、女性の方ばかりがイライラしてもよい関係は築けない。

私の友人などにも
「こちらから先に行ったら負け」
みたいなことを言うアラサー女子がいるけれど(笑)、そういう気負いは捨てた方が良い。

スポンサードリンク

気づかず通り過ぎている愛情表現はないだろうか?

自分の彼氏に限ったことでなく、男の人というのはほぼ間違いなく愛情表現は苦手だと思って良いけれど、そういう苦手な中、けっこう苦労して好きな女性のためにいろいろと気を配ってくれている。

男の人ってそういうところがある。
そして相違事というのは、付き合っている女性の目からもなかなかはっきり見えてこない事もある。
これも私が付き合っていた彼氏から言われて気づいたことになる。

デートの時でも彼氏から自分の住んでいるところまで迎えに来てくれる、食事もおごってくれたり、いつも一人で食べに行く場所ではなくワンランク上とか、気を遣ってくれる場合も多かった。

でも、慣れてしまうとそういうことが“当然”と感じてしまい、愛情表現とは切り離してしまっていた自分がいた。

その他にも、特に草食系の男性に多いと思うけれど、ほんの些細な彼女への親切。
レストランで良い席を陣取っていてくれたり、映画の切符の前売りを調べてLINEで知らせてくれたり、などなど。

言ってみれば“事務処理”的な配慮なども男の人にしてみれば愛情表現の一つと意識している場合だってある。

今付き合っている人がいる女性、過去を振り返ってそういうことが何気に積み重なっていないかを考えてみるとよいだろう。
カップル

自分のホンネをぶつける

そしてもう一つ大切なのは、女性の方自信も愛情表現がじつは苦手に陥っていないだろうか?

もともと
「そういうことって男の人から先にしたりするのが普通じゃない?」
と考えている女性は多いし、私も確かにそれは道理にも感じる。

だがその背後には、実は自分の方もやっぱりそういう好きな気持ちを素直に出すのが苦手、ということを隠すための言い訳に使っている場合だって少なくない。
女性の方も、確かに愛情表現が苦手な人も多いのだ。

言ってみればこれも日本の女性の特徴かも知れないけれど、むしろそういう風にして結局のところお互いが膠着状態。
男も女も言いたいこと、したいことは喉元まで出かかっているわけだから、後は口火を切るだけなのだ。

思い切って、自分の不満、ホンネを彼氏にぶつけてみて、自分の辛い気持ちを伝えてみては〃だろうか?
泣いてしまっても良いだろうし、そういう場面では多分彼氏からもある程度ホンネを返してくる様なこともあるだろう。

でもあくまでもそういう小さなトラブルも、お互いの関係をよりよくするためのステップ。
小さなトラブルだからこそ乗り越えられるとも言えるし、後々キズが大きくなってはその分深刻になるはずだ。

男と女の関係、悩みもつきない。
でも、それでいてお互い一番大切だ。

貴方の方で彼氏を変えさせること。
そのためには貴方から動くこと。
どうかがんばっていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク