短気な彼氏でも上手く行く?付き合い方で絶対オススメなツボ!

短気な彼氏にウンザリしている女性は私の周囲にも多い。
そこで何とか、上手い付き合い方はないものか?

それを経験豊富な既婚の知人女性などに聞いたアドバイス、役に立つ情報を活用して、彼氏の短気の上手な乗り切り方、付き合い方をご紹介したい。

実際、付き合い始めは優しかった彼氏。
でも付き合いが長くなってくると、だんだん本性も現れて、今まで気づかなかった短気が彼氏の名物となってしまった。

でも、決して短気なのは貴女の彼氏だけでない。
そして女性は、愛情というものを頼りに、そう言う彼らと付き合い方をいろいろ工夫したり見つけたりしてがんばっているはずだ

実際、既婚者のような経験豊富な女性に聞くと、いろいろに気づかされてはっとなる。

すごく有用なツボを、三つにまとめてお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

《その一》貴女だけが付き合い方で悩んでいるのではない!味方をつくろう!

短気というのは貴女の彼氏だけではない。

多かれ少なかれ、世の中の男性は短気だ。
だからちょっと交際に慣れてくると、そういう相手を持て余してしまい、付き合い方を考えてしまう女性も多い。

男性というのは女性に対して自分のプライドを保とうとするモノだ。
それで多かれ少なかれ短気、上から目線の居丈高になりがちになる。

その典型がよく言う“俺様”タイプの男性。

付き合い始めの人で、いきなり相手の男性がキレてしまうと付き合い方がわからない、と困る女性がいる。
けれど、こういうところは元々男性特有の性格になるから、慣れるしかない。
キレた

相手が女性だと安心してキレる?

ということは、短気を起こす彼とセットになって、必ず貴女という存在がある。

貴女なしでは彼氏も自由に怒ったり怒鳴ったりできない。
相手が女性だと安心してキレる人もいるからだ。

もちろんだからと言って、彼氏が不機嫌になる、短気を起こして怒り狂う、その原因が全部貴女にあるわけではない。
貴女が悪い、などとは絶対に言わない。

でも感情を爆発させやすい相手が貴女であることは間違いない。
相手が女性の貴女だから、キレても安全。
そんな打算みたいなものがあって、安心してキレる彼氏も多いかも知れない。

付き合い方を悩む前に気持ちを軽くする事を考えよう

そしてそれに振り回される結果、困った、弱った、これから先が思いやられる、という貴女が必ずいるわけだ。

だがもっと正確に言えば、貴女のその気持ちこそが悩みの大元。

彼氏の短気をどうにか直したい、というのは多くの女性の悩みだけれど、まず貴女の中の気持ちを軽くすること。

これも絶対に大切になる。

付き合い方を一緒に考える味方をつくろう!

そこでちょっと考えてみよう。

短気な男性といっても、よほど大それた性格でなければ、それでも上手くやっていけている女性は多いかも知れない。

だからまず理解しておきたいけれど、平和裏に二人が仲良くやっていこうとすれば、どうやってそういう彼氏の機嫌を損ねずにすませるか?
「付き合い方や接し方で彼氏の短気をそらしたり、和らげるしかない」
ということはすぐに思い当たることだろう。

そこでまず貴女自身の努力が絶対に関わってくる。
付き合い方を考えて、どう接すればよいのか?

一番オススメなのは、一人で、動揺に身を任せきりにせずに冷静になること。

そのためには同じ悩みを持つ友人女性、知人女性、そして私のように既婚女性の知人などと話し込んで、いろいろアドバイスをもらったり、支えてもらったりするとよい。

つまり、どんどん味方をつくって知恵を積み上げるのだ。

付き合い方を見つける3つの方法

そのためには、貴女自身の動揺、不満や悲しみの程度にもよるけれど、当面として、貴女が今困っているのは、

「短気な彼氏との付き合い方とはどういうモノなのか?」

これのはずだ。

でも、これを旦那を持つある30代半ばの既婚女性と話し込んだとき、それを考える方法を教わったことがあった。

これも3つにまとめられるようだ。
次の通りになる。

  1. 慣れることができるか?
  2. 上手くよけられるか?
  3. 上の2つをクリアして、その後貴女自身と本当に性格が合うか?

最後の3は、その前の1と2が上手く出来た後か、そういう努力をした後で判定するしかない。
喧嘩
けれど、いずれだとしても、こういうコツの背後には絶対に彼氏と上手くやっていこうという努力が必要になる。

だから貴女が相手からいつも幸せや楽しみを与えてもらっているばかりではよくないかも知れない。

こういうコツを考えたとき、逆に貴女から付き合っている男性を満足させて喜ばせたりしてあげようという気持ちや努力が大切になるかだろう。

スポンサードリンク

《その二》どこでキレたり不機嫌になるのか?しっかり観察と「予防」を!

そこでちょっと具体的な方策になるけれど、一つの解決方法としてはじっくり男性を観察すること。

それも
「どういう時彼氏が不機嫌になったりキレたりするのか?」

これをご自身なりに理解し、ツボを押さえておくことだ。

これについてごくごく大雑把に言えば、男性は自分の引け目に感じることをズバリ指摘されると不快になる。
例えば

  • 職場でなかなか昇級しないとか、
  • はしこい同僚や後輩に追い抜かれた、
  • 上司に叱責を受けた、
  • 車の運転でぶつけた、違反で捕まった、

みたいな事で打ちひしがれていそうなとき。

また、仕事が押してストレスがたまってイライラしたようなときにも不機嫌がたまっている。

同様に車の運転する時も、やっぱり神経を使うのでイライラすることが多いから、そんなときに込み入った事柄を話し込むと火に油を注ぐみたいなモノだ。

さらにまた、人間と言うよりは動物の持つ本能として、お腹がすいたり体調がよくないときにも同じことが言えるだろう。

というわけで、こちらも三つにまとめてみた。

《その三》男性というのは基本変わりません!

短気な彼氏に対して、どういう付き合い方をすればよいのか、そしてそのためには貴女にどんな努力が大切になるか?
ここまで貴女が考えて行くべき努力についてお話ししてみた。

でも、逆に彼氏の方をどうやって変えていけるのか?

これについてズバリお答えしてしまうけれど、男性の性格はエスカレーションすることはあったとしても、基本的に変えられない。

何度も言うけれど女性に対しては短気。
自分のそういう本性をむき出してしまいがちなはずだ。

この点については、私などがあらためて指摘する必要はないと思う。
なぜなら、多くの女性はほとんどみんな、ご自身の両親の有り様を見て育っているからだ。

ご自身のお父さんが気が長い方、という人はまれのはず。

私の父だって頑固親父だ。
母も手を焼いている。
むかっ腹立つときは母も怒鳴ってしまうけれど、相手、つまり父の方が絶対に声量が大きいのでいつも怒鳴り負ける。(苦笑)
ましてや娘の私など、何にも言うことが出来ない。

短気が直ることを当てにしてはいけない。男はどんどん意固地に、頑固になっていくモノ!

ということは、こう言い切るしかない。

短気な人というのは付き合い方や接し方でごまかすことは出来たとしても、性格そのものを女の力などでは直しようがない。

こんな真理があるはず!
だからそんな彼氏の性格をどうにかしたい、という気持ちを持つ女性が私の周囲にもいたりしたけれど、みんな失敗しているようだ。

というか、彼女に聞くと(実は既婚女性)、年を追うごとに相手のぶち切れ方には磨きがかかってきたとか語っている。

要するに、どんどんそれが進んで、そこにいわゆる「意固地」「頑(かたく)な」さ加減が加わってしまったとか。

その結果。
旦那に何を言おうと、時と場合によっては全くガン無視されてしまう。
それどころか、「うるさい!」で終わってしまうことも。

数年後には“頑固親父”の烙印が押されるよ、と苦笑いの彼女。

でもこういう傾向、よくよく考えれば私の父もそうだし、他の友人知人の両親だって似たり寄ったり。

結局のところ、性格というものは直らないし、むしろ年齢とともにさらに強まっていくというしかないだろう。

結論!付き合い方をガッチリ工夫

だから、本当にそういう彼氏であっても貴女にとってはやっぱり大切な人だと思ってやまなければ、まずは付き合い方をガッチリ工夫してみていただきたい。

それでまず様子を見て、短気にウンザリしながらも、それでも貴女自身の愛情や思いが変わらないのならば、まずまず将来性があると言えるのではないだろうか?
ハート
どうやったら上手い付き合い方が出来るのかは、上でお伝えしてみたけれど、最後に既婚女性から授かったウンチクを。

男性というのは遅かれ早かれ怒りっぽくなってくる。
だからそういう男性と一番平和に過ごせる付き合い方では、決して彼の機嫌の矢面に立たないこと。
「引く」「逃げる」「よける」「避ける」だよね。

いかがだろうか?笑

増田えりか 

スポンサードリンク