結婚の迫り方 女の方からアクション起こしたいけど難しそう?間違った方法もある!

一までも煮え切らない彼氏に対して、どうやって結婚を迫ればよいのか?
結婚の迫り方にもいろいろあるし、普通は男性の方からするものだと私も思う。
でも女性の方から結婚を切り出して、それで成功したという話も多い。

ただ、結婚の迫り方を失敗すると関係がこじれてしまうことだってある。
特に女性の方からそういう風にせっつくと、男性の方はドン引きしたり、最悪の場合には他に彼女を作ったりするという悲劇だって生まれやすくなるようだ。

そういうことについて具体的に考えてみたい。
そして女の方から何とかして彼氏をその気にさせて結婚に踏み切る、そういう方法を真剣に出すよう努力してみよう。

スポンサードリンク

結婚の迫り方にはダメなもの、NGケースがある?言い方次第で破局にも

女からの結婚の迫り方、というとどうしてもメジャーなプロポーズのケースに見られない。
多くの女性が感じていることだろうし、言われる立場の男性もそれは同様のはずだ。

男性の方が何かにつけて動的であり、女性は静的な活動を好むのがいわば自然の摂理。

でもそんな中でももちろん女性の方から切り出すこともあるし、それで成功しているケースだっていくらでもある。
ただ、そういうメジャーなケースでない分、いろいろと困惑もある。

その中で、やっぱり一番大切なのは、女性の方から怪しげな結婚の迫り方をして、関係がグチャグチャになってしまうようなことを十分避けなくてはならないということだ。

一番ダメなケースはやっぱりしつこいこと。
「結婚しようよ、なぜ結婚してくれないのよ?」などと詰め寄ることだ。
これは私の知人で既婚者の女性も言っているし、またそういう言い方をして別れ話に及んで現在宙ぶらりんの状態になっている友人女性も口をそろえて語っている。

そしてごく単純に普通の常識で考えてみても絶対に避けるべきことなのだ。
相手を窮地に陥らせてうんともすんとも言えないようにしてしまう。
口げんかしているわけではないのに、男性の方ではそうとってしまう場合もあるのだ。
quarrel
取り違えていただきたくないのだが、単に「しつこい」というと、何となく同じように何度も何度も結婚をせまる、そういう行為を繰り返すだけの場合のように聞こえるがそうではない。

1度でもそういう言葉を聞いて相手がうんざりする場合だってある。
特に仕事とか収入の事情などで彼氏が気分的に参っている最中にそういう真剣な話を持ち出すような時は要注意。

「そう言う時にはそういうシビアな話を出来るだけ避けて、慰めてあげることが必要だよねやっぱり」
というのは結婚の迫り方を失敗して今現在、泣きの涙を見ている友人女史のコメントだ。

失敗しない結婚の迫り方!言葉でなく相手のハートを見ること

結婚の迫り方で、女性から言葉をかけてそういう気持ちを伝える。
それはそれで大切なことだろう。

だが女性に限らず人の中には口下手もいれば相手の心がわかりづらい人だっていたりする。

そしてそれ以前に、なぜ彼氏が結婚を長々渋っているのか。
その理由を読み解く必要があるだろう。
はっきりした原因があれば、何とか努力してそれを取り除く、そういう努力も大切だ。

結婚というのはだから、単にいっしょになることを願うだけでは不十分なはずで、このあたり仕事とか家族、そして友人との間に見られるようなきちんとした人間関係があって、それを健全に維持出来ているかどうか。
それも大切なことに違いない。

結婚の迫り方で、よく女性から語る時の言葉の選び方などいろいろといわれていたりするけれども、上に伝えているとおり、男性の気持ちのあり方、そしてこちらの気持ちのあり方も含めて、その中で適切と考える切り出し方をするべきなのだ。

そんな相手の男性側の心情、それがどういうもので、こちらが今の彼に対してどう言えばよいのか。
それは第三者が横から見てもわからないことだってある。

スポンサードリンク

時には自分の本当の気持ちもぶちまけて、相手の反応を見ること

ただ、一言最後に伝えておきたいのだが、だからといってこちらの気持ちを抑えっぱなしで彼氏の都合ばかりを考えているのもよくない。
二人の関係が進展しないことだって心配だし、あり得るからだ。

だから
「最も良くないのは、相手の気持ちをくまず、自分の都合や気持ちのみをぶちまけてそれを言葉に表してしまうこと」
というのはある意味正しいかも知れないけれど、はっきり言ってしまうと

“時にはそれも必要だ”

ということ。
恋愛も結婚生活もギブアンドテイクだし、生身の人間二人が日々顔をつきあわせる行為だ。
片方だけ黙らされていればいずれどこかでほころびが出てくるものだ。

「だからもちろんいつもいつもじゃ相手も参っちゃうけれど、私が旦那と結婚した時はけっこう向こうにずけずけ物を言っていたんだよね。そうしないとこっちもしんどいし、けっこう長い間付き合っていたからお互いの気持ちってわかるじゃない?」
結婚して今は旦那と赤ん坊の子供がいる女性のコメントだ。

確かに、よく私もやってしまうけれど、なかなか関係が進まない二人の場合、相手の機嫌を気にするあまり、男性の意見とか主張にはあまり逆らわない、ヨイショみたいな調子になってしまう。
そして結婚した後もそれを変わらず続けている夫婦がいたりして、旦那が近所や周囲にゆがんだ態度を取っているにもかかわらず、嫁も同じような考え方になっている。

「そういうところを見る度腹が立ってくるのよね。他の近所の奥さんだってみんな苦虫かみつぶしているよ」
同じく彼女のコメント。
実生活の苦労がひしひし伝わってくる 笑。

でもそれはそれとしても、やっぱりどんなに男女が深くなったとしてもきちんとどこかでものを言えるという関係をもつこと。
長い将来を見据えていれば、確かに大切なことだろう。
couple
そんなわけで、いろいろ視点を変えてどういう行為が結婚を迫り方として良いものなのかを考えてみたのだが、私も現在そういう相手探しで日々苦労している最中だ。
ただ幸いなことに私にはそういうわけで、結婚していて良いアドバイスをしてくれている知人などもいるし、聞いていると結婚の実生活の悩みも聞いたりする。

ちょっとまとまりが悪くなって申し訳無い記事になった。
ごめんなさい。
だがそれだけ私自身、身につまされて心が動いている、そのためとお考えいただいたら幸いだ。
ではでは。

増田えりか

スポンサードリンク