アラサーなのに彼氏なし!焦りと不安を幸せに逆転する妙案とは

誰でもアラサーになる頃には、周りの女性たちはどんどん結婚している。
それなのに自分ときたら、同じアラサーでもいまだに彼氏なし・・・
焦りが出ないわけはない。

でも、今確かにこういうアラサー女性は多い。
恋愛経験もある人もいれば、生まれてこの方一回も彼氏なし、みたいな女性だって私の周囲にいくらでもいる。

でも、いたずらに焦りたくない、自分が追い込まれるのはイヤだ、と安直に逃げて行き着くのは同じ悩みを持つアラサー女子会。

それじゃもちろん何にも解決にはならない。
そして誰もがそれを分かっている。

でも、彼氏なしのままではいけないと、と焦りまくって様々な手を打つまでは良いけれど、何も努力が実らず、かえって不幸になってしまうかもしれない。

だから、実はもっと大切なことがあるのではないだろうか?
それを語ってみたいけれど、それこそが今、私たちに必要なことではないだろうか?

スポンサードリンク

「幸せかどうかは自分の“心”が決める」

一番大切なのは、アラサーでいまだ彼氏なし、など現実のこととは別に、私たちの心のあり方。
自分の心を焦りから解放して、落ち着けることではないだろうか。

極端なハナシになるけれど、自分が幸せかどうか、というのは心の問題になる。

確かに物質的に恵まれていればそれはそれで幸せの印かも知れない。
けれど、それを受けて幸せだと感じるのはやっぱり自分の心でしかないからだ。
幸せ
アラサーというのは女の年齢の曲がり角。
それなのに、結婚相手もいない、それ以前に彼氏なしの状態だというのは焦りという、マイナスの心を呼ぶものように見える。

でも、考えようによってはアラサーでいまだ彼氏なし、というのはむしろ幸せになる基礎となるかも知れない。
なぜなら上の通り、私たちの心のあり方次第で焦りをなくすことだってできるからだ。

無理やり怪しげな出会いを持つのは不幸の元?

そもそも、世の中は特に私たちアラサーなど、
「結婚していなければおかしいと思われがちな年齢の女性」
が、いまだ未婚のままだと、どうしても不幸せだと言われてしまう。

けれども世の中には結婚していても、不和だったり問題があったりして不幸な家庭はいくらでもある。
あらためて言うまでもないことだろう。

焦りもなく、20代の早いうちから婚活していて、なまじ高額のお金をつぎ込んで精を出しながら、アラサーになってもやっぱりダメ。
いまだ彼氏なしなどという女性だっている。

だからといって、自分のハードルを低くして焦りを消そうと、いわば“誰でも良いから”みたいなやけっぱちな、無理な出会いを求めようとすればそれこそ不幸の元だ。

こういう風に落ち着いて自分の周囲を見れば、確かに出会いもなければ彼氏なしの身分だったとしても、程度の差こそあれそれほど不幸だということにはならないのではないだろうか?

だから、婚活や出会いを考える前に、一番大切なことは、
今の自分が幸せかどうかは、自分の“心”が決めるもの
ということ。

決して今の自分は、女としてキズがあるとか、不幸の塊だ、みたいに思うべきではないということ。

これが今、彼氏なしの状態で苦しんでいるすべての女性に対する「究極の解答」だと思うけれどいかがだろうか?

焦りは周囲の人との比較から?本当の「自分」はどこに?

確かに私たちは恋愛に失敗したり、出会いに消極的だったから、アラサーになった今まで彼氏なしの状態になってしまっている。

結婚というのがどんなに大変な作業かを軽く見ていた、と反省している方もいるにちがいない。
結婚
でも、もう一つ、よけいに焦りを深める理由がありそうだ。

それは結局、世情や他の周囲の女性たちと自分を比較している、ということ。
自分の年齢からして、いまだ彼氏なしというのがそういう周囲の基準から見劣りしている、みたいな競争の気持ちが、よけいに女性たちを婚活や出会いへと駆り立てているはずだ。

でも、そんな気持ちを持ちすぎるほど、周りとの関係は冷たいものになってくるし、たとえ出会いが出来て一時男性と交際できても、ハッピーエンドになることができないのではないだろうか。

その理由は何より、そういう風に焦りを見せている女性というのはすごく暗く見えるし、感情的にきつくなったりする。
私が友人や知人の女性をヒューマンウォッチングしても見えてくる。

同じアラサー女性でも、こうなるとやっぱり男性はなかなか寄り付かないようになってしまうかもしれない。

スポンサードリンク

「等身大」のあなたを見せよう!男性も結婚が厳しいことは知り過ぎるくらい知っている!

だから、もしも本当にしっかりとした出会いを作りたい、と願うなら、まず何よりも自分自身がハッピーな心でいるように努力すること。
けっして被害者意識のような悲観的な気持ちで自分の心を染めておかないこと。

等身大で自然体の自分の心。
婚活や出会いを求める前に、こういう心のありようを作っておくべきではないだろうか。

自分自身の本音で付き合うこともできないし、そうなると男性にとっては彼女の本来の「自分」というのが見えてこない。

本やネットで紹介しているようなマニュアルを求めているのではなく、男性からすれば、彼女の「本当の自分」を見たい、そして付き合いたいはずなのだ。
カップル
だから彼氏なしという“現実的な状態”はしょうがないけれど、それが原因で自分の心に焦りを持って、よけいに掻き立てたりするのは決して良いことではない。
いかがだろうか?

「アラサーでも彼氏なし」で、焦りのまま一直線に出会いを求めるべきではないかも

このブログでも、ライターの長瀬ゆかりさんが記事でじっくり考えるヒントを投稿されている。

「30代女性が独身で彼氏なしって、どうすりゃいいの?解決方法のあれこれを探る!」

いろいろと周囲や世情をみれば、アラサーになってしまうと結婚相手を探すのも、出会いを持つのも難しい。
だから誰でも焦りまくる。

そして現実、婚活やSNSを使って出会いをがんばってもラチがあかない。
結論から言ってしまうとこういうしかない。

だから、ここでよく考えてみる必要がある。

結局のところ異性との交際関係は、20代よりも30代、さらに40代50代と先細りになる。
そんなアラサーになって、彼氏なしだからといって焦りのままに、一直線に出会いを探しても無理ではないだろうか?

一直線に出会いを求めるよりも、まず豊かな人間関係をはぐくむことが妙案に

それよりも、そういう出会いを作ってくれる人、媒介になってくれる人やサークル、団体から接触することを始めてみたらいかがだろうか?
その方が人間関係も広がるし、視野も広がる。

結局出会いというのは多くの人間関係のうち、一つの頂点のようなもの。
人間関係が広く、豊かになるにつれて、出会いだって増えてくる。

遠回りだけれど、一番確実な方法になるにちがいない。
そして結論になるけれど、そういう人間関係を広く、大事にしようとするなら、やっぱり焦りは禁物。

アラサーになったら、仕事に余裕ができたときにでも、ぜひそういう自分自身のまわりにある人間関係、それを見直してみていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク