B型男性の脈あり行動はわかりやすくて間違いにくい?付き合う時に一番大切なこととは

B型男性は付き合いづらい、自己中だという問題視発言をよく耳にしたりするが、一方でそういう性格の人はとても純粋な気持ちの持ち主。

だからそういうタイプの好きな女性は、ちょっと縁があって交流したりするチャンスがあったりしたら、ぜひ脈あり行動を彼が発するまでがんばって付き合ってみてはどうだろうか。

駆け引きの苦手な人にとって、一種B型男性というのはそういう女性のオアシスのような存在に違いない。
あくまでも相性が上手く合えばという条件になるけれども、脈あり行動はB型男性の場合、とても素直で見分けやすい。

ただ、それだけに返って注意しなくてはならないことだってある。
それを考えながら付き合う上で一番大切なことは何なのか、それを見ていこう。

スポンサードリンク

 

B型男性の性格は単純そうに見えて深い!ものすごく感情が豊か

B型男性の性格は私が改めて言うまでもないかも知れないが、よく言われるのは単純で、猪突猛進型。
そして策略とか綿密な駆け引きなどは全然苦手で、まるで子供のように感情をもろにしてくる、ということ。

これは別に女性との交際だけでなく、生活のぜんぱんでそうだということだ。
だからあくまでも大人として実務的な難しさを求めるような仕事には不向き、クリエイティブで芸術的、繊細な神経を要求されることに向いているというものだ。

なのでその脈あり行動も自ずから単純なものになる。
単純という言い方がよくなければ、素朴と置き換えてもよいだろう。

だがそういう見かけ上のB型男性の性格は、大変喜怒哀楽に富んでいて、たとえば人を好きになるととことんそういうアクションをしてくる。
LINEでも携帯でも、自分の気が向けばしょっちゅう連絡をよこしてくる、というパターンだ。

そして人を憎むとなれば文字通り7代先まで祟ってやる、見たいな執念の塊のような側面だって持ち合わせている。

そしてそのくせものすごく情にもろい、涙もろいのだ。

そういうタイプの男性だけに、相性が悪ければとことん悪くなることも多いし、逆に変に悪態をつかれたりしたことがあっても相性がよければ磁石に引きつけられるような不思議な魅力を持つ。

それがB型男性だと言える。
なかなかどうして、奥が深いのだ。

上手く彼を操縦出来る女性こそ、B型男性の彼女に最適

そういう男性となると、ただ単に機転の利く、頭のよい女性と言うだけではなかなか御しにくい。

こちらのアラが彼に悟られてもダメ、子供のようだからと言って母親のように上から目線でしかりつけるようたしなめてもダメな時すらある。

たとえばLINEなどで彼の方から繁く連絡を入れてくるのをうざったいからと言って、頭ごなしにやめてと言うと、関係がそれっきりで終わってしまうことだってある。
要するにシャレが通じないのだ。
mobile
わずかな行き違いを針小棒大にとらえ、まるで不倶戴天のように考えてしまうことがB型男性の場合には少なくない。

そうなると、相性の悪い女性にとっては打つ手がないわけで、結局こちらが好意を持っていたとしてもばっさり交際を断られることも往々にしてあるわけだ。

じゃあ一体そういう男性、どのような女性だったら上手く付き合っていけるのだろうか?
究極の疑問がこれになるだろう。

その答えは、あくまでもそれでも天の恵みか絶妙の相性の良さで別れることなくやっていける女性。
そういう女性こそが彼にとってふさわしいと言うしかない。

B型の男性というのはわずかなこちらの気持ちの態度さえ見逃さないことがある。
そしてそれを半永久的に根に持ったり、必ず記憶して忘れないのだ。

脈ありの行動がそんな彼からどのくらい現れていたとしても、いったんそういう“事件”が勃発すればそれで万事関係は終わる。

いくら泣いても取り返しが付かなくなる。
それがB型男性だと言えるだろうか。

スポンサードリンク

 

情の深さは天下一品のB型男性?

ここまで言い切ってしまうと、B型男性と付き合うのはもちろん、出会うことさえ怖くなる女性が至って不思議ではないかも知れない。

だがB型男性には実のところ、こういうデメリットを補ってあまりある長所もある。
それをどうか忘れないでいただきたいのだが、それは最初の方にもお伝えしたとおり、非常に情が深く、涙もろい。心から親身になっていっしょに悲しんだり哀れんでくれたりする。

場合によってはそれこそ自分の利益すら無視して、相手に尽くすようなこともする。

抽象的な説明でしかできないが、野放図で後先見ないというところはB型男性の特徴で、周囲から批判も受けることも多くあるが、それを実行する動機はあくまでも同情。
深い情けの部分からだ。

それが愛情に変わり、あなたへの恋心となるのも自然な流れに十分なり得るわけだ。

B型男性の性格は“泣いている”男の子

だからB型男性の性格を改めて例えて言えば、確かに根っからの子供、男の子とは言える。
ただの男の子ではない。
泣いているのだ。
crying
何が理由で泣いているのか?と聞かれれば、これしかない。
“寂しくて、寂しすぎて泣いている男の子”。

普通本当の子供でもこんなことで泣くことはないけれど、

『何とかして人に、そして君に認めてもらいたい。
だけど自分は口ベタ、自己表現がヘタ。

どんなにがんばっても相手に通じない。
わかってもらえない。
だから寂しいといつも心で泣いている。』

私も以前B型男性と出会い、暫くおつきあいしたことがあったけれど、その彼からこんな詩とも愚痴ともわからないメールをもらったことがあった。

実はこれを読んで私ももらい泣きしてしまった。
一見クサイけれど、そういう評価自体彼には通じないのだ。
B型男性は本当に奥が深い、と思い返すとつくづく思う。

最後になるけれど。
脈あり行動はB型男性の時にはわかりやすい、ということを繰り返しておきたいが、そういう行動、他の男性とはある意味重さも違ってくる。

そういう男性から発してくる何らかのサインは、自分の中の何かを彼という男性を通じて試されているのだ、という思いがしきりに湧いてくる。
おそらく同じ体験をしている女性も多いかも知れない。

もしも相手の男性がそんな純粋の塊のようだったらどうするだろうか。
母親のような感じで接するように、ともよく耳にするが、そのときはぜひ彼と同じ目線に立った母親。
そういう気持ちがきっと必要にちがいない。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク