できちゃった婚を狙うことには賛否両論あり?悪いという意見に耳を傾ける必要も

できちゃった婚を狙うことで、一気に二人の結婚に否定的だった双方の両親を納得させよう、という考えを持つ女性が友人にいたりする。

できちゃった婚,つまり婚前交渉で先に子供を妊娠し、それを口実に結婚を許してもらう、また二人がお互いに結婚する意思を持つことを狙う、というパターンだ。

結婚というと確かにお互いの両親や家族を筆頭に、何かと家柄とか年収、仕事などについて厳格になってしまいがちで、中にはそういう点を突いて反対されることだって珍しくはない。

できちゃった婚は、そういう周囲の不協和音を一気に黙らせる方法としてわざと狙うこともあるかもしれないし、実際賛成する声だって多い。

だが否定的な意見も多いし、もしも現実に実行しようとするならば、あらかじめそういう意見に耳を傾けて見て、一息置いてはどうだろうか?
そういう否定的な意見を、賛成派の意見と並べて考えてみよう。

スポンサードリンク

 

現実的で簡単な結婚の方法?子供が二人を結ぶきっかけに

まず賛成派の意見として、できちゃった婚を狙う理由はいろいろだ。

一番見られるのは、やっぱり結婚まですんなりこぎ着けやすいということがあげられる。

今の世の中は男も女も経済的に不安定で、しかも恋愛するといってもお互いに婚活中ならば複数の異性と交際していることだってあり得る。
そのためそれだけ出会えてもすぐに別れることだって多くなる。

婚前交渉ということに結果的になるけれど、付き合って早々と妊娠し、できちゃった婚に持ち込めればそういうややこしい生活上の背景とか、婚活を切り上げてしまうことだってできるわけだ。
pregnant
そしてとりわけ子供が好きで早く持ちたいという願望も叶えてくれる。

結婚してもなかなか仕事が安定しないとお互い子供を持つことに躊躇してしまい、その後長らく子宝に恵まれない、という悲劇もまま聞くことだ。
そのような取り越し苦労のような心配をする手間を省いてくれる。

そして一番のメリットとして、それまで反対していた周囲の親族とか両親を黙らせ、逆に結婚に賛成してくれる方向に変えられることすら出来る場合が多い。
そういう身内同士のもめ事を一気に解決できることを期待できるのだ。

できちゃった婚はやっぱりNG?反対派の意見もかなりの説得力が

ただ、大体できちゃった婚を賛成するのは、今現在それを狙うか、または現実にできちゃった婚した人達が主流ではないだろうか。

そうでなく、あくまでも第三者の立場から公平に見る人もいるかもしれないが、実際してみて確かにメリットが大きかった、という意見はやっぱり説得力があるものだ。

だが逆にそういう結婚のパターンではない、要するにふつうの仕方で結婚した人とか、中には未婚で独身の人たちの中には

『もってのほか!』

という意見が渦巻いているようだ。

その理由を端的に表せば、『無計画、自制心ナシ、避妊知識の欠如』。
こういうことになるだろう。

避妊知識がゼロとまでは行かないが、狙うでもなくうっかり妊娠した、だから結婚を決めた、というのでは自分の体の管理もできないことが明らかだ。

そういう女性、見かけは大人のようでも中身は子供の思考そのままだといわれても仕方がない。

中にはできちゃった婚を狙うことで、そのメリットに期待して二人の結婚をスムーズに進ませる、周囲に認めさせるというもくろみを持つカップルだって少なくない。
だがこれは要するに子供をダシにして何とやら、というわけだし、周囲の繁多帯や異論に正面切って説得したわけではない。

「既成事実」を前面に押し出して、だから認めろ、というカップルに周囲から信頼が置けるだろうか?

しかもさらによくないこととして、できちゃった婚を美化したような別称で呼ぶことが今流行ってきている。
ダブルハッピー婚とか、おめでた婚、授かり婚とかいわれているのがそれだ。

スポンサードリンク

 

面白いことに海の向こうの米国などでは、できちゃった婚に該当する言葉として“ショットガンマリッジ(shotgun marriage)”という。
聞くからに物騒な表現だ。

要するに、妊娠が発覚した娘の父親が、怒り狂って相手の男性に向かって猟銃(shotgun)を突きつけ、無理矢理二人を結婚させたことから来ている言い回しだ。

つまり欧米でも少なくとも基本的な考え方は同じで、これはあるべき本来の結婚の姿ではないということ。

子供ができたので結婚するのは仕方がないにせよ、祝福するなどとんでもない、という考えが伝統的に根強いのはどこでも同じと言えるだろう。
だからこういう英語の言い回しが残っているにちがいない。

個人的な見解-日本というTPOをとらえれば柔軟な思考を

ただ、欧米でも近年はそうでもないらしく、かなりおおらかな考え方だとも伝えられている。
特にロシアなどではお国柄のせいなのか、できちゃった婚はかなり市民権を得てきているようだ。

だからそういうグローバルスタンダードな思考方法から考えれば、できちゃった婚というのはそれほどに責められるべき結婚のパターンとも言えなさそうだ。

ただ、欧米のように猟銃つまりショットガンを突きつけられる可能性がほぼゼロの日本では、できちゃった婚を狙うのもアリかも知れないが、逆にそういう平和そうな国家である反面、社会的な隣人、家族などのつながりが殊更に重視されるものだ。

狭い島国社会の中で比較的多くの人と接する行き方が定着している分、周囲の迷惑とか思惑を他の国よりも大きくとらえて慎むという日本特有の社会。

そういう中にあっては、ただできちゃった婚を狙うことで強引に周囲の声を黙らせる、なびかせるというのは時として余計に火の手をあげたりする場合があったりする。
depressed
米国などでは中絶が選挙の争点にされるなど、ものすごくデリケートな問題であるのに、日本ではそれが何のためらいもなく行われている。
それを見るに付け、周囲の圧力に負けて産むことをためらってしまうケースが日本では多いと言えるだろう。

だからこういう考え方もアリだと思うのだが、たんに一番たやすいから、すぐに子供が持てるから、などの安直な気持ちではなくもっと深刻なケースに追い詰められた場合、いわば二人が一命をかけるくらいの状況が出たような時に限って選択してはどうか。

この考え方の背景には、第一にそういう結婚のパターンで生まれてきた子供のことを考えてのことだ。

自分ができちゃった婚で生まれてきた子供だった、ということを知った時にはどういう思いでいるだろうか?
子供ながら、やっぱり両親がきちんとした結婚を経て生まれた子供でありたかった、そう思うのではないだろうか?

古いかも知れないが、少なくとも私が子供の立場だったらそう思うだろう。

別にできちゃった婚をやめるよう説得しようとしているわけではない。
が、あえてオススメしているわけでもない。
否定的な意見をしのぐ持論、そして決意が二人の間にあればそれでよい。

あくまでも個人的な意見だが、参考になれば幸いだ。

長瀬ゆかり

スポンサードリンク