35歳独身女性で実家暮らしだったのに入籍成功!奇跡を起こしたその秘密とは

女も独身のまま35歳を迎えると相当結婚から遠のいてしまう。
女性にとっては結婚以前にアラサーから出産能力がガタ落ちしてくるし、35歳以降ともなるといよいよ高齢出産だ。

それでも以前と変わらない実家暮らしを続ける女性も世に多くいるし、中でも気の毒にしか見えないのが彼女といっしょに住んでいる両親。

可愛そうだと情けをかける暇は同じ年代の私たちにはもはや無いといってよいかも知れない。

だがそういう彼女たちでも、少数だがまま結婚に成功し、あまつさえ元気な子供を産むことさえあるのも事実だ。
そしてこの事実がある限り、いわば実家暮らしのアラサー女性であろうと婚活から結婚願望が消えることはないわけになる。

確かに私の身近にもそういう女性はいるから怖い。
私の目から見れば奇跡に近いのだが、いったいどんな婚活や出会いをすればそういう“悪環境”から幸運をつかむことができるのだろうか?

スポンサードリンク

彼女の実行したのは、一番効果の上がる方法!

35歳になるかならないかで彼氏と出会い、そして実家暮らしを続けていながら明くる年には見事自分に対する独身女性のレッテルを自分で剥がすことに成功。
妊娠してちゃんと元気な男の子がちょっと前に生まれるに至っている。

すでに多くの女性に知られていることだが、女も35歳を過ぎると40歳に至るまでに結婚する確率はわずか1%。100人の独身女性のうち、実に99人までが少なくともアラフォーまで売れ残る。

ましてや実家暮らしだったら彼氏ができてもそうそう気軽に夜遅くまでデートなどもできないから、深い仲になるのはムリ。

そして彼女の両親に寄って付き合う男性事に品定めも受けてしまう運命だ。
つまりそのまま放っておけば悪い条件ばかりがそろっている。
それが彼女だった、というのは本人自身が語っていたことだ。

当たり前だが、そういう彼女が推し進めたのは、婚活の中でもいちばん効果的に男性心理をとらえてこちらのトリコにする、結婚したいと心底願うように仕向ける。
そういう努力をしたたまものだ。

確かに年齢的に大方の女性は婚活にどうがんばっても失敗する運命ともいうしかない。それは数値でもはっきりしているのだ。

だがそれでも確かに結婚している女性はいる。
彼女らに学ぶべきところがあればどんどん学ぶべきなのだ。

実家暮らしの独身女性のメリットを最大限に生かす

そういうわけで、彼女がまず自分の「境遇」を冷静に振り返って考えたことは、

“実家暮らしの独身女性であっても、他の人にはないメリットがある。それを最大限生かせばよい”

当然だがこういうことに思い至るわけだ。
cloud
そのうち彼女が目をつけたのは、結局のところ両親のいわば“監視”の元で暮らしているのだから、そういうマイナスを打ち消すようなものを彼女や相手の男性が持っていればよいわけになる。

両親達でも許せる男性と付き合えばよい、という考え方もあるがなかなかどうして、これが一番難しいのは本人自身も分かっているのだ。

同時に、元々そういう「両親と暮らしていない方が都合がよいと考えがちな男性」を排除できるメリットもある。

婚活パーティーなどに行けば分かるとおり、結局のところサクラがいて、そして遊び目的の男性がいるち、女性もそういう目的で来ていたりする場合があったりする。

高いお金を出しながら茶番劇以外の何物でもない、そういうケースがいかにも多いのだ。

両親と一緒に暮らしているとなれば,少なくともそういう遊び目的の男性に踊らされて、下手を打てば一生を台無しにするようなリスクも避けられる。

つまりある程度までだが、自分で出会う男性を選別する手間が一回り省けるのだ。一人暮らしの独身女性にはないメリットがまずここにある。

他にも彼女が最大限生かしたメリットがあるが、そういう風に減点方式ではない、実家暮らしの人たちにあるメリットを最大限生かそうとする気持ちがまず必要だ。

スポンサードリンク

相手の男性が自分の両親に気に入るように仕向ける方法

35歳ながら策士というか、彼女が採った方法というのはユニークで、要するに両親の説得こそ一番手強いハードルだというのは認識していたという。

それを越えるために彼女はいったいどうしたか?
というと、一口で言えば

“人の助けを借りた”
ということ。

つまり彼女がどんなに相手の男性を好きになったとしても、逆にそれだけいっそう警戒し冷静に相手を見つめようとする両親に対してはほぼ無力といってよい。
だから彼女自身、どんなに言葉を尽くして説得しようとしても両親はなかなか納得しないものだ。

ましてや両親にとっては行く先の老後の心配もあったりするし、滅多に彼女を手放さなくなる。

そういう彼女がやった方法がすごいといえばすごい。
それを難しい言葉で言ってしまうと、“二次接近法”と呼ばれるテクニックだ。
要するに自分で直接手を下すのではなく、人に頼んだりしてやってもらう、という方法になる。

娘の彼女が親に対してどんなに説得しても、親の方には全然響いてこない。
ならば他の人、つまり知人とか友人あるいは母校の恩師に頼み込んで彼らに両親を説得してもらうこと。

自分の子供よりも信頼できる第3者からの言葉の方が説得力があるのは世の常だ。

彼女が実行したの方法というのは、卒業した中学校の音楽の先生に頼み込み、わざわざ老齢の先生に足を運んでもらって二人の結婚を許すよう説得してもらったというものだ。

もともと吹奏楽部で中学高校とがんばった彼女は、それなりに在校時代にコンクールなどでも受賞し、その当の音楽の先生には覚えめでたかったそうだ。
そのためもあって中学を卒業して高校に進学した後も、友人と連れだってその音氏の先生のお宅によくお邪魔していたという。

35歳の彼女の年齢からすれば当たり前だが、すでにその先生、学校を定年退職していたそうだが自宅では私塾を開いたりピアノを教えていたりして健在だった。

もちろんこの音氏の先生のことは彼女の両親もよく覚えていて、たまたま実家も近くにあった。
そして中学校時代は彼女が大変世話になったことを感謝していたのだという。

彼女が夜半にその恩師の先生のお宅を訪れて涙目になって結婚したいことを話し、悪いとは重々思いながらもその先生に自宅まで足を運んでもらって両親の説得を願い出たという。
彼女の話によると2度3度と自宅に来てもらっていたらしい。
depression2
教え子とはいえ、今はもう30半ばの独身女性の彼女。
まあ、その先生も世話好きじゃないとここまでできないかも知れなかったに違いないが、でもこういうのを心温まる話、と言っていいのだろうか?笑

人脈を最大限活用することが突破口に

そして結局のところ,彼女と付き合っていた男性も同じ音楽方面の趣味もあって、その恩師の先生にとっても覚えめでたかったようだ。

大体こういう彼女の結婚にまつわるエピソードで感じておられる女性も多いかも知れないが、

“人脈、人とのつながりが結婚の契機になり得る、婚活の成功につながる”

といってよいのではないだろうか?

確かに婚活中の女性の努力を見てみれば、一人で必死に相手探しをしている。
それに対して婚活サイトとか結婚相談所とかも確かに表面上は「親身で」相談に乗ってくれるところも多い。

だが彼らとの間にはビジネス上の取引が厳然とある。
そして誇大宣伝やサクラ、ときには嘘も混じることもあるかも知れない。

これが無くならない限り、やっぱり努力が空回りしていることとなる、といわれてもしょうがない。
それこそ上の彼女のような出会いと成功にはつながらないのではないだろうか?

なので独身女性で実家暮らしの人であっても必ずしも結婚に絶望感を抱く必要はないが、かといって何もせずに手をこまねいていてはやっぱり良くない。

そして何か行動を起こすならば、一番効果的な行動に限るのだ。
それが彼女のケースの場合だったら、そういう古い人脈、そしてその人脈にまつわる信頼を最大限に生かすこととなっている。

だから結論として言えるのは、少なくともそういう損得抜きの関係にある人とのつながりは大切にしておくと良い。

そしてその人の助けが必要だと思ったら、勇気を出して頼み込んでみること。
この勇気(というか図太さかも 笑)があるかどうかが運命の分かれ目になる。

正直な話、35歳にもなって独身のままの女性、世間の本音としてはけなされることだって多い。
私もそういう経験があるからはっきり言うのだけれど、ほめられることは少ないはずなのだ。

ましてや実家で親から面倒を見られ津づけているという事実。
これをぜひ正面から見据えて、一番良い解決策を知恵熱が出るくらいに考え抜く必要があるだろう。

婚活は誰だって孤独なままだ。
たとえ職場の同僚とか学生時代の友人などといっしょに同じ婚活パーティーに出ていようとも、結局お互いに“敵”同士なのだから、やがてそういう孤独につぶされてしまうことだってある。

そういう婚活に、人との温かいつながりを生かすことができるならば、最高ではないだろうか?

長瀬ゆかり

スポンサードリンク