彼氏が浮気する夢を見るのはなぜ?本当にそうなってしまうかもと不安になる人のために!

彼氏が浮気する夢を見る、というのはやっぱり一番不快な夢の一つだ。
現実につきあっている彼がいる時など、私も見たことがあったが目が覚めたとき何とも言えないいやな分になって涙が出た。

彼氏が浮気する夢を見る、という恐怖に似た心配は今現在、そういう彼氏がいる人に特有の夢と言ってよいけれど、本当に現実に今の彼氏が他の女性と浮気しているのかどうか?
一番心配になるのはこのことだろう。

夢占いにもいろいろあるけれど、こういう夢がどんな意味を持つのか、そしてそういう夢を見た時にはいったいどう考えていけばよいのだろうか?

スポンサードリンク

彼氏が浮気する夢を見ると本当にそうなってしまうの?

まず一番心配になることとして、今つきあっている彼氏が浮気する夢を見る、というのは、その彼氏に対する秘めた願望が夢となって表れることになる。

だから、もしもそういう夢を見たときには逆に考えるようにするのが基本だ。
彼氏が浮気する夢を見る、そして自分との関係が険悪なものになってしまうかも知れない、というのは今現実には幸せすぎる、という気持ちがあなたの心にある証拠と言える。
丘の道
普通の心の状態よりも幸せになっているわけなので、それがいつか崩れてしまうのではないか、そういう心の奥底にある心配が夢になって表れてしまうのだ。

だからそういう浮気の夢を見たからといって本当に彼氏が浮気するということなどあり得ないし、むしろそういう過度の心配性をあらためて、彼氏との関係を大切にしていくと良い。

不快な夢を見たら忘れること

そしてそういう思考の仕方と並んで大切なのは、そういう不快な夢を見たときには忘れる努力をすることだ。

人によっては、等位より私などもそうなのだだが、浮気される夢を見たときには目が覚めてもドキドキしてしまい、少なくともその日の午前中はずっと気持ちにもやもやが走ってしまった。

だがそういうことをいつまで思っていても全然建設的でもないし、心の健康にも良くはない。
だからあくまでも私のやり方だが、そういう不快な夢を見たときには友人と語らったりして洗いざらい不愉快なことをぶちまけてストレス解消してしまうのも手だ。

同じ女性だったらおわかりの通り、おしゃべりは女にとって何より心の安定をくれるのだ。

夢占いを過度に信用しない方が吉

ただ、どうしても夢占いなどでは見た夢の内容で現実に出会いとか今の彼氏との関係を予言していくことになる。

でも占いはあくまで占い。
当たるも当たらないこともある。

当たる場合が多いこともあるかも知れないけれど、そういう場合、もともと見る夢の“原理”を押さえているからこそ当たったりするわけで、言ってみれば精神分析に近いものがある、と言うのが私個人の感想だ。

スポンサードリンク

 

私も夢占いは好きなので、見た夢ごとにそれがどんな意味を持ってくるのか、やっぱり心配になるときもあるのだが、そういうことを一時期マニアックに追っていったときにはたと気づいてみたことがある。
それが上のような感想だ。

だから一見ミステリアスな魅力もあるのが夢占いなのだが、はっきり言ってしまえば自分の心を満足させるための道具という意味が強い。
喧嘩
むしろ大切なのは、そういう彼氏が浮気する夢を見ることになった場合、自分の子機の持ちようがどういう風にあるべきか?
そのことにつきるのではないだろうか。

現実につらいときにはよい夢、ハッピーなときには悪い夢がふつう

そしてそういう夢の実態をさらにひもといてみれば、彼氏が浮気する夢を見る、別れるなどするような不愉快な夢を見るときにはむしろ現実的に幸せ満面の時が多く、逆に別れてうちひしがれたようなときには心地の良い、ハッピーな夢が多いのではないだろうか。

というか、私はそういう風に考えている。
心というのは結構現実の流れと反対に動きやすい、と考えているためだ。

でもたとえそうではなかったとしても、話は戻るけれど、悪い夢を見たときにはストレスがたまっていることの表れでもある。
そういう時には友人とおしゃべりしたり飲み仲間と連れだったりして忘れる努力をすること。

小旅行しても良いかも知れないし、そう考えればむしろそういう夢を見たときには、
「あ、ストレスたまってきてるな、思い切って出かけちゃえ!」
と軽く考えて良いと信じている。

ストレスも知らないところでいつの間にかたまっているものだ。
今つきあっている彼氏とうまくいっているとしても、そういう関係作りを自分で無意識レベルでセットアップしている、そのために深いところでストレスがわいているかも知れない。

自分の気持ちに忠実になること。
そしてあくまでも将来や二人の関係にとって、よかれと思うつきあい方の改善などがあれば積極的に取り入れてみる。
そういう現実の努力をぜひ進めていっていただきたい。

増田えりか

スポンサードリンク