死後の世界がない理由が確かにある?その断言はやっぱり変かも

死後の世界があるのか、それともないのか?
誰でも考え込んでしまう。

私が感じたのは、死後の世界がないという意見は、その理由がすごく論理的で科学的だし、確かに客観的に納得のいく説明をしてくれる。

一方、あると主張する人たちの理由は、心霊とかスピリチュアルの話をつなげるような感じで、科学的な根拠などない様に感じることも多い。
けれども臨死体験とか霊感で、死後の世界を見たなどと語る人の“実体験”の中にはすごく生々しいものだってあったりする。

でも、だからといって私は死後の世界がハッキリ存在するなどと言うつもりはない。
けれども、特に「ない」と主張する意見には、どうしても説得力が弱く感じてしまう。

その理由、そして一体この謎をどう考えれば良いのだろうか?

スポンサードリンク

「ない」というより「わからない」が正しい?

死後の世界などない、という理由は、いろいろある。
誰も行ったことがないし、行けたとしてもそれが最後、生きて戻って帰れない。

死後の世界を体験したという人がいたりするけれど、それを証明することもできないし、妄想と言われても仕方がない。
天国
そんな理由の他、科学的に死後の世界はないと説明する人たちは医者や科学者など、すごく論理的に説明していたりする。

でもよく考えてみよう。
元々死後の世界がない、ということを証明ってできるのだろうか?
よく言われるのは「悪魔の証明」という理論で、“元々ないということを証明して、客観的に説明するのはすごく困難だ”という。

あるかどうかは「わからない」というのが一番素直?

証明というのは、実はすごく難しくはないだろうか?
その理由は、客観的に、どんな第三者に対してもその正当性を示せなければならないためだ。

でも科学者にしろ医者にしろ、死んでみて死後の世界があったかなかったか、少なくとも実地に検証したわけではない。
あくまでも実験的、論理的なデータの積み重ねのような結果で「ない」と言ってるだけのはずだ。

ということは妄想にせよ脳の誤作動にせよ、死後の世界を体験したと言う人がいたら、他人に客観的にそれを証明できなくてもその本人が「行ってきた」「あった」と言い張る限りは、その人を説得することは難しいのではないだろうか?

また、そういう人たちの“体験談”を信じる人たちを説得するのもすごく難しくはないだろうか?

それが「ない」と言い張る意見の限界かもしれない。

だから私はよく考えるのだけれど、こういう理由から、死後の世界は「ない」というよりは、あるかないか「わからない」。
こう言う方が正しいのではないだろうか。

「ない」と断言できるのは「科学万能」の視点からだけ?

それに、死後の世界がないという理由付けの内、今現在一番幅をきかせているのはやっぱり
「科学的に死後の世界というのはないと言うことが証明されている」
という理由になる。

言い換えれば、科学と言う物の力を全面的に肯定しなければ、「ない」という意見につながらない。
死後の世界がない、という理由は科学なくしては成り立たないことになる。

スポンサードリンク

そもそもこの世のことってすべて科学でわかるもの?

そしていつも思うのだけれど。

この世のことって、隅から隅まで全部科学的な理論で説明がつくものなのだろうか?

一番身近な、それこそ私たちの結婚相手の出会いも、科学的な理論の組み立ての結果、いつの日かはきっちりと相思相愛の相手に出会えるデータなり、出会い方もできる。
そんな夢みたいなことができるのだろうか?

もちろん今すぐとは言わない。
いずれ科学の力が極限にまで進歩したときが来たなら、で私たちがいつ死ぬのか、その日時まできっちりと分かるのだろうか?

科学や医学も後で学説が覆ることも

こういう考え方、すごくメチャクチャかもしれない。
でも、科学万能ってそもそもこういうことではないだろうか?

そして、こんな話をしてみれば誰でもおわかりかもしれないけれど、
「たとえこの世で科学万能だとしても、今すぐそんな予言とか想定はムリ」
とか、
「遠い将来に、科学がそこまで発達したらやがて分かるはずだ」
みたいに、今の科学の力がまだ“力不足”、進歩の途上だからムリだということで、将来のこととして丸投げしてしまう意見もあるかもしれない。
科学
でも、考えてみれば、そうやって時間の経過とともに科学、そして医学だって日進月歩なのだから、今の科学的、医学的な常識も近いうちにひっくり返されることだってある事は容易に想像できる。

ただ、だからといってすぐ
「死後の世界だってもしかしたら科学的にあるということが証明される日が来るのかもしれない。」
とまでは言わない。

そういう思考から逃れたところに死後の世界という、行ってみれば空想の世界があったりするのかもしれない。
あくまでも、死後の世界など存在しない、という立場に立った上でのぼやきだけれど、それでもいろいろな分野で今の理論が覆されることだってあるだろう。

その可能性だけは無視できないのではないだろうか。

時間がすべてを解決?

いろいろ語ってしまったけれど、私の話は理論的にヘンテコになっていたり、理由が曖昧だったりするポイントだってあるにちがいない。

そして私自身、実はあるのかないのかどっちつかずだ。

とにかく実地に「行って」みるしかない。
秘境探検みたいかもしれないけれど、それが死後の世界があるかないか、一番ハッキリ自分自身で分かる方法になる。

科学的に証明されているから「ない」という人だって、当たり前だけれど本当にあるのかないのか、自分で「行って」確かめるなんてことは絶対にあり得ないはずだ。

でも、科学がどこまで進歩するか、ということもそうだけれど、本当のところ実際に死後の世界がどうなっているのか、あるのかないのか分かるには時間の経過を待つしかない。

誰だって寿命が尽きればあの世に行くことになる。
その時には、誰でもはっきり分かる。

今すぐ焦って正解を出すべき問題でもないし、そんなわけで「わからない」と行っておくのがベストだと思うがいかがだろうか?

櫻井雅子

スポンサードリンク