霊感のある人の見分け方が実はある?誰も気づかなかった唯一の方法とは

霊感のある人の見分け方ってあるのだろうか?
そもそも霊感って何だろうか、そこから出発すべきなのかも知れないが、たいていの人は、幽霊を見たり、未来を当てたりする力のことだと思うかも知れない。

外れてはいないし、科学では説明のしようのない現象を感じ取ったりする能力と言うこと、とひとまず言っていいだろう。

そういう霊感を持つ人というのは確かにいるみたいだし、だとすればそういう霊感のある人の見分け方、というのを知っていればいろいろと有益な場合だってあるとは想像付く。

でも実のところ、そういう風に霊感のある人の見分け方、というのが実際にある。
そう言いきってしまうと引いてしまう人もいるかもしれないが、あるものはあるからしょうがないのだ。
正直手前味噌になるが、ここまでなかなか誰も気づかないかも知れない。
一体その方法というのは何だろうか?

スポンサードリンク

 

霊感は実は誰でも持っている?

あくまでもそういう霊とか霊感、心霊現象に詳しい知人(女性)の話として語ってみたいのだが、霊感のある人の見分け方を探す以前に、実のところ霊感というのは人間だったら誰でも持っているそうだ。

ただ、人により個人差があるし、霊感の弱い人は無いに等しいくらいの場合もあったりする。
そういう場合、自分には霊感がないとか、霊感がないから結局そういうものはこの世にあり得ない、幽霊なんてこの世にいない、という思考方法ができあがるという。

なので実際には霊感のある人の見分け方を探すというのはナンセンスなことで、誰もが持っているものなんだから探す必要もないことなのだ。

なのでそういう言い方ではなく、

“霊感の「強い」人の見分け方”

というのが知人女性の言い分だ。

あらためて霊感の「強い」人の見分け方とは?

じゃあ、ということであらためてそういう霊感の「強い」人の見分け方というのがあるということなのか?

ということになるのだが、もちろんある、と彼女は語っている。

それは一体何だろうか?と尋ねると、答えは怖ろしく簡単だ。

『自分自身がその霊感を強めて行くことで、霊感の強い人かどうかを見分けることが出来るようになる』
という。

つまり霊感のある人の見分け方を身につけるには、自分もまた霊感を身につける(というか、元々ある霊感を強くする)ようにすればよい、というわけだ。

霊感のある人(要するに霊感の「強い」人)が同じように霊感のある人を見た場合、やはり直感としてピンと来る、というのが彼女の言い分で、

「そういう人といっしょにいたりすると、すごくこちらと波長が合うというか、体がふわっとする感じがしたり、暖かな気持ちになれたりすることが多いよね」

「それでいて霊感のすごい人といたりすると、こちらの心の底まですくまされるような気持ちになったりすることがあるよ」
inspiration
こう表現するとすごく漠然として、それこそ普通の人には上手く伝えられていないかも知れない。
その点私自身の文章能力の問題でもあったりして申し訳無いのだが、何となくそういうものだとお考え願いたい。

いずれにしても、霊感のある人の見分け方で一番大切なのは、とにかく自分も何らかの方法で霊感を高める努力をし、それが感知できるようにすること。
これしかないとのことだ。

結局医学や科学的説明の付かないものでもあるので、残る方法としては自分の方からそういう“土俵”に上がる努力をしなくてはならない。
これが唯一の方法だ、というのが彼女の力説になっている。

スポンサードリンク

 

霊感の高め方とは

じゃあ、どうやったら霊感というのは高まるのだろうか?
そういう訓練の方法というのがあるのだろうか、と尋ねたところ、確かにあるという彼女のコメントだ。

その方法、いろいろあるらしいのだが、彼女がやはりその筋の人に教えてもらって実践していることは、第一に瞑想することだという。

「静かな場所で腰掛けて、深い呼吸になって気持ちをゆったりさせること。まずこれが基本中の基本になるよね。

「それから、先祖に対して感謝の気持ちを忘れないこと、神仏を敬うこと。

「その上で、裏返したトランプの数を当てたり、さいころの数字を思い通りに出す訓練をしたりする、などの方法があったりするって言うけどね」

だが、とにかく瞑想することが一番大切だそうだ。
深いゆっくりした呼吸をすることで、すごくリラックスできるし、健康にもよいという。
雑念が湧きやすいけれど、それを乗り越えるのも訓練のうちになる。

見分けられるかどうかは保証外?継続が大切

大まかに彼女の言う霊感の高め方、というのは以上の通りなのだが、この訓練をすることで果たして霊感のある人を見分蹴られるようになるかと言えば、それでも確約は出来かねるらしい。

ただ、それでも一つ言えるのは、と彼女が言うのだが、上記のトランプとかさいころの訓練などは別にしても、それ以外の訓練は心身の健康増進にもなるし、霊感は高める努力をしていて決して損はないのだそうだ。

そして大体想像出来ると思うが、こういう訓練、あくまでも継続することが一番大切なことだという。

とにかく何ヶ月とか何年、さらにはそれ以上、いわば一生涯かけるべきものとも言えるのがこうした霊感高める方法だとも語っている。

「そもそも霊感を高めるということは、そういう見えないよい力を感じ取って、役に立てることが出来るし、よく言う背後霊とか守護霊とか、そういうよい霊達にもっと良く守られるようにもなるしね。

信じる、信じないはあくまでもその人の自由だから全然強制もしないんだけれど、よいことだというのは強調しておきたいんだよね」
meditation
瞑想というのは座禅と似たようなものであって、逆に考えれば座禅のようなものが霊感を高める訓練の一つと言えるのかも知れない。
彼女の他にも私の友人知人の中には、幽霊を見たという女性もたまにいたりするし、全く無いとは言えないようだ。

それならそれで、上手くそういう見えない霊と付き合うためには、霊感を高める努力も詰まるところ必要なことではないだろうか。

あくまでも怪しげな宗教とか、霊感商法などにハマるのはぜったい避けるべきだが、
それでもこういう霊感を高める方法で、そういう力のある人を見分ける方法を身につけてみることはオススメだ。

櫻井雅子

スポンサードリンク